トラブル

ピントがぼやける「屈折異常」

投稿日:

屈折異常で起きる「近視・遠視・乱視」

たくさんの目に関連するトラブルのなかでも、「近視」や「乱視」は誰にも起こりうる身近なものです。これらは、角膜や水晶体という「レンズ」の光を曲げる力が狂って、網膜にピントの合った像を結べなくなる異常です。

このとき目のなかでは、いったい何が起きているのでしょうか。近くのものは比較的よく見えるのに、遠くのものがはっきりと見えない近視は、レンズが光を曲げる力が強すぎて、網膜の手前でピントの合った像を結んでしまう状態です。

また間違って解釈されている人もも多いのですが、「遠視」は近くはよく見えないが「遠くがよく見える」という状態ではありません。
遠視の目では光がなかなか曲がらず、像が網膜よりも奥で結ばれてしまうため、近くも遠くも見えにくい状態になってしまいます。

近視や遠視は、角膜の表面のカーブがきつすぎたりゆるすぎたりすることが原因となるほか、目の奥行き(眼軸)が長すぎたり短すぎるために、網膜にピントが合わなくなっていることもあります。一方の乱視は主に角膜に歪みが生じて、目のなかを光が進む方向がそろわないために、どこにもピントの合った像を結ぶことができない状態です。

こうした異常のことを「屈折異常」といい、改善するには眼鏡やコンタクトレンズといった人工のレンズを加えて光を曲げ、網膜にピントを合わせることが必要になります。

-トラブル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

網膜剥離の自覚症状と進み方

なんらかの原因で網膜に裂け目ができてしまうと、視野に黒い虫のような影がちらつく「飛蚊症」があらわれます。飛蚊症についてはこちら。これはほかの目の病気でもみられる症状ですが、網膜剥離が原因である場合、は …

ものがゆがんで見える「加齢性黄斑変性症」

中高年に急増 最近、急増している目の病気に「加齢性黄斑変性症」があります。これは放置しておくと失明の危険性もある病気で、女性より男性に起きやすいという特徴がある目の病気です。 年齢的には50代前半から …

視野に黒い物体が飛ぶ「網膜剥離」

深刻な視力障害の原因になる網膜剥離 網膜剥離」とは、眼球内で映像を映し出す「フィルム」の役割をはたしている網膜がはがいちじるれて、視力の著しい低下や失明を引き起こす病気です。 けがや糖尿病などが原因で …

高血圧、動脈硬化にも注意

2次性高血圧によって起きる目の異常 高血圧も目に悪影響を与える生活習慣病ですが、その種類によって異常のあらわれ方が異なります。高血圧とひとくちにいっても2つのタイプがあり、それぞれ目の病気と密接に関連 …

避けて通れない「老眼」

私たちの目には、近くのものを見るときには水晶体を厚く、逆に遠くのものを見るときには薄くして、つねに網膜上にピントが合うように自動詞節する機能があります。 しかし、年齢とともにこの「調節機能」は衰え、だ …