トラブル

網膜剥離の自覚症状と進み方

投稿日:

なんらかの原因で網膜に裂け目ができてしまうと、視野に黒い虫のような影がちらつく「飛蚊症」があらわれます。
飛蚊症についてはこちら
これはほかの目の病気でもみられる症状ですが、網膜剥離が原因である場合、はっきりと黒かったり、塁を流したような影が「ある日突然」視野にあらわれ、ちらつき始めるという特徴があります。

この状態を放置していると、網膜がはがれていくのにともない、視野が隅のほうから欠け、しだいに見えない範囲が広がる「視野欠損」が起こります。困ったことに視野が欠けてくると、ちらつく影がしだいに少なくなり、飛蚊症が治ったかのように勘違いすることもあるので注意しなければなりません。

また、暗いところや目を閉じた状態で、視野の隅に光が走る「光視症」は網膜と硝子体膜に癒着があると起こるため、網膜裂孔の前段階といえます。もしこれらの症状に気づいたら、一度眼科を受診したほうがいいでしょう。

もし、網膜裂孔が発見されたら早い段階で治療を行わないと、やがて網膜がはがれ落ち、重い視力障害や失明につながります。視力の低下は、初めのうちはあまり目立ちませんが、ものを見るのに重要なはたらきをする網膜の中心部「黄斑部」がはがれると急激に悪化します。
視力を失うという最悪の事態を防ぐためには、網膜の裂け目やはがれを一刻も早く発見し、治療に人らなくてはなりません。そのためには視野の異常に少しでも早く気づくことが大切です。

-トラブル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

疲れ目から起こるトラブル

疲れ目を軽くみてはいけない 集中しているときは、時間も忘れて手元の細かい作業をしたりパソコン操作に没頭したあとなどに、よく目の疲れを感じます。しかしこの疲れには運動後、筋肉が疲労したときに出る「筋肉痛 …

ピントがぼやける「屈折異常」

屈折異常で起きる「近視・遠視・乱視」 たくさんの目に関連するトラブルのなかでも、「近視」や「乱視」は誰にも起こりうる身近なものです。これらは、角膜や水晶体という「レンズ」の光を曲げる力が狂って、網膜に …

「精神的ストレス」疲れ目から起こるトラブル

眼精疲労の原因を4タイプに大別しましたが、精神的ストレスもがんこな眼精疲労を引き起こす原因になります。 ストレス社会とよばれる現代では、だれでも多少なりとも「ストレス」を感じているはずです。では、この …

高血圧、動脈硬化にも注意

2次性高血圧によって起きる目の異常 高血圧も目に悪影響を与える生活習慣病ですが、その種類によって異常のあらわれ方が異なります。高血圧とひとくちにいっても2つのタイプがあり、それぞれ目の病気と密接に関連 …

糖尿病による目の病気

中途失明の1位は糖尿病網膜症 生活習慣病のひとつである糖尿病は、全身のさまざまな部位に合併症を引き起こすやっかいな病気です。目も例外ではなく、「糖尿病網膜症」は、この病気による失明者が急増しているため …