トラブル

避けて通れない「老眼」

投稿日:

私たちの目には、近くのものを見るときには水晶体を厚く、逆に遠くのものを見るときには薄くして、つねに網膜上にピントが合うように自動詞節する機能があります。

しかし、年齢とともにこの「調節機能」は衰え、だんだん近くを見るときに、水晶体を必要なだけ厚くすることができなくなってきます。
これが近くが見にくい「老眼」の状態です。老人のものというイメージがあるかもしれませんが、この異常の原因となる「水晶体の老化」は30代のなかばには始まっており、65歳くらいで進行が止まるまでゆっくりと進行していきます。

水晶体は、子どものころは弾力性に富んでいて、非常にすぐれた調節機能をもっています。厚さも自在に変えられますから、たとえば目から5cmという至近距離の文字もしっかり読むことができます。しかし、老化の始まる30代なかばを過ぎると、目に近づけて文字を読もうとしても20cm程度は離さなければはっきり見えなくなります。

これは、子どもの目と比べて水晶体が硬くなり、調節機能が衰えてきていることを示します。さらに40代なかばになると、たいていの人は老眼の症状を感じ、あとは進行が止まるまで、はっきり見える範囲も遠のく一方です。

目の老化は徐々に進むため、「ここから老眼」というはっきりとした境目があるわけではありませんが、いちおう目から330cmのところで新聞が読めるかどうかがひとつの目安になるでしょう。読めないようであれば、老眼鏡で調節力を補ってやることが必要です。

-トラブル

執筆者:


  1. […] 」と言われます。「老眼鏡が必要になってから腰痛を患うようになった」というのは、決して偶然ではありません。 老眼だけは誰でもさけることができません。 避けて通れない「老眼」 […]

  2. […] 漢方では「目の衰えと下半身の衰えは比例する」と言われます。「老眼鏡が必要になってから腰痛を患うようになった」というのは、決して偶然ではありません。 老眼だけは誰でもさけることができません。 避けて通れない「老眼」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

疲れ目から起こるトラブル

疲れ目を軽くみてはいけない 集中しているときは、時間も忘れて手元の細かい作業をしたりパソコン操作に没頭したあとなどに、よく目の疲れを感じます。しかしこの疲れには運動後、筋肉が疲労したときに出る「筋肉痛 …

高血圧、動脈硬化にも注意

2次性高血圧によって起きる目の異常 高血圧も目に悪影響を与える生活習慣病ですが、その種類によって異常のあらわれ方が異なります。高血圧とひとくちにいっても2つのタイプがあり、それぞれ目の病気と密接に関連 …

視野に黒い物体が飛ぶ「網膜剥離」

深刻な視力障害の原因になる網膜剥離 網膜剥離」とは、眼球内で映像を映し出す「フィルム」の役割をはたしている網膜がはがいちじるれて、視力の著しい低下や失明を引き起こす病気です。 けがや糖尿病などが原因で …

松の木エキスの効果

松の木エキスの目に対する作用 多くの研究と臨床試験の結果からも、松の木エキスの目に対するさまざまな働きが明くかになっています。 松の木エキスの主な働き 毛細血管の機能を回復させる 強力な抗酸化力(酸化 …

網膜剥離の自覚症状と進み方

なんらかの原因で網膜に裂け目ができてしまうと、視野に黒い虫のような影がちらつく「飛蚊症」があらわれます。飛蚊症についてはこちら。これはほかの目の病気でもみられる症状ですが、網膜剥離が原因である場合、は …