トラブル

ものがゆがんで見える「加齢性黄斑変性症」

投稿日:

中高年に急増

最近、急増している目の病気に「加齢性黄斑変性症」があります。これは放置しておくと失明の危険性もある病気で、女性より男性に起きやすいという特徴がある目の病気です。

年齢的には50代前半から、60~70代の患者さんがもっとも多くなります。この病気が起こる最大の原因は目の老化にあります。、いわゆる目の老化によって、網膜の中心にある「黄斑部」のはたらきが悪くなる病気です。

網膜はものを映し出す「フィルム」のような組織ですが、なかでも解像力にすぐれ、中心的役割をはたす部位が「黄斑部」です。ここには、ものを見るのに必要な視細胞がぎつしりと並び、つねに光や色をキャッチするためにはたらいています。も目の組織が老化し始めると、この黄斑部では視細胞に栄養を与える「網膜色素上皮」が縮んだり、網膜の外側の組織「脈絡膜」にできた「新生血管」という血管が網膜に入り込むなどという変化が起こり、視細胞の「ものを見るはたらき」を妨げます。どちらの変化も加齢性黄斑変性症を引き起こしますが、原因の大部分を占め、特に問題となっているのが新生血管の影響によるものです。

ではこのタイプについての原因と症状です。

新生血管のできる仕組みと症状

新生血管が原因となる加齢性黄斑変性症は、次のようなメカ:ズムで進行します。ものを映し出す網膜は、視神経が並ぶ透明な「神経上皮」と、底の部分で脈絡膜と接する「網膜色素上皮」という2 種類の組織が何層にも重なってできています。
このうち網膜色素上皮が老化し始めると、網膜内に古くなった細胞がかすとなってたまるようになります。

するとこのかすを吸収するために、脈絡膜を走る毛細血管からの血管が伸びてくることがあるのです。これが「新生血管」です。この血管はつくりがとても弱いため、やがて破れてしまうと網膜内に血液やさまざまな滲出物がたまり、網膜を押し上げるようになります。この変化が黄斑部で起き、視細胞の「ものを見る」はたらきが妨げられるようになると、さまぎまな症状があらわれるのです。

網膜にきれいな映像を結べなくなりますから、硯野の中心部がぼやけたり、黒く見えたりするよぅになります。また、ものが歪んで見えるのもこの病気の特徴です。
そして新生血管が破れて出血を繰り返すうちに、視力は著しく下がっていきます。1.0以上あった視力が0.1ぐらいにまで落ちることも珍しくありません。放置しておくと失明する可能性もある病気なので、できるだけ早い時期に異常を発見したいところです。しかし両目でものを見ていると、なかなか視野の変化には覇つけないもので、治療が遅れがちになるようです。ではその治療はどのように行われるのでしょうか。

加齢性黄斑変性症はこう治療する

最大の原因である老化は、治療で止めたりもとにもどしたりすることができません。治療の目的は、放っておくとどんどん増えて出血を繰り返す新生血管を取り除くことになります。
しかし、これはそんなにたやすいことではありません。もし治療の際に新生血管を除ききれないと、さらに血管が増殖して網膜を侵し、見えない部分が広がってしまうのです。
このため治療の前には、精密検査で新生血管が伸びている範囲を正確に把握することが重要になります。そのうえでレーザー治療や手術、薬物治療、放射線治療などの治療法からどの方法をとるか、新生血管のできている位置によって決めることになります。

治療法のなかでも、現在効果が高いとされ、主流になっているのはレーザー治療です。これは網膜に起きるほかの疾患と同様、網膜にレーザーをあてて患部を固める「光凝固」とよばれる方法で、この病気の場合は、直接の原因となる新生血管を焼き固めてしまうのです。治療は簡単にすみ、外来で受けることができます。この方法は、新生血管の発生した病巣部が黄斑部から比較的離れていて、それほど大きくない初期には、たいへん効果的です。

ただし、すべての患者さんに行えるわけではありません。新生血管が黄斑部に接近していると、レーザー光線で網膜を傷めてしまい、かえって視力低下を引き起こす危険もあるのです。レーザー以外の治療法はいまだ不確実であるため、視野にあらわれる症状に注意し、異常を早期に発見することが何よりも大切です。

発病を防ぐためには

最後に、加齢性黄斑変性症を発症させない方法についてがとても大切です。この病気の原因である新生血管は老化現象のひとつですが、老化が始まっている人すべてにあらわれるわけではありません。少しでも病気を遠ざけるためには、左のような点に注意して生活してください。

特に病気が増え始める50歳以上の人は徹底しましょう。また視野に異常はないか、毎日チェックするようにしましょう。特徴的な症状である「硯野の歪み」は方眼紙のようにます目状になっているものを見ればわかります。片目ずつ試してみて、線が歪んで見えるようなら病院に直行です。
普段からルテインなどを摂る習慣も高い効果があります。

-トラブル

執筆者:


  1. […] る非常に重要な部分のため、悪化すると視力の低下だけでなく、視界が欠ける、視界の中心が暗くなる、ものがゆがんで見えるなどの症状が現れます。 加齢黄斑変性についてはこちら。 […]

  2. […] じる病気)が出て、視力は0.3まで低下。物がゆがんで見えていました。 ものがゆがんで見える「加齢性黄斑変性症」についてはこちら。糖尿病の合併症だけでなく加齢が原因になること […]

  3. […] ています。カロチノイド系ファイトケミカルには黄斑変性症を予防する効果があるため、緑黄色野菜などカロチノイドの豊富な食品を多く摂るようにしましょう。 黄斑変性症はこちら。 […]

  4. […] ります。 65歳以上の人が失明する原因としてもっとも多いのが、老化による黄斑変性、つまり網膜中央部の黄斑が破壊されてしまうというものです。 加齢性黄斑変性症の詳細はこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

避けて通れない「老眼」

私たちの目には、近くのものを見るときには水晶体を厚く、逆に遠くのものを見るときには薄くして、つねに網膜上にピントが合うように自動詞節する機能があります。 しかし、年齢とともにこの「調節機能」は衰え、だ …

視野に黒い物体が飛ぶ「網膜剥離」

深刻な視力障害の原因になる網膜剥離 網膜剥離」とは、眼球内で映像を映し出す「フィルム」の役割をはたしている網膜がはがいちじるれて、視力の著しい低下や失明を引き起こす病気です。 けがや糖尿病などが原因で …

ピントがぼやける「屈折異常」

屈折異常で起きる「近視・遠視・乱視」 たくさんの目に関連するトラブルのなかでも、「近視」や「乱視」は誰にも起こりうる身近なものです。これらは、角膜や水晶体という「レンズ」の光を曲げる力が狂って、網膜に …

疲れ目から起こるトラブル

疲れ目を軽くみてはいけない 集中しているときは、時間も忘れて手元の細かい作業をしたりパソコン操作に没頭したあとなどに、よく目の疲れを感じます。しかしこの疲れには運動後、筋肉が疲労したときに出る「筋肉痛 …

糖尿病による目の病気

中途失明の1位は糖尿病網膜症 生活習慣病のひとつである糖尿病は、全身のさまざまな部位に合併症を引き起こすやっかいな病気です。目も例外ではなく、「糖尿病網膜症」は、この病気による失明者が急増しているため …