基礎知識

目に悪影響を及ぼす生活習慣9つを改善する

投稿日:

毎日の生活習慣を見直す

糖尿病高血圧による視力の低下を防ぐには、目にばかり注意するよりもまず原因となる生活習慣病を治療しなくてはなりません。
生活習慣病はその名のとおり、悪い生活習慣を続けていると発病します。ではどのようなことに気をつけて暮らしていけばいいのでしょうか。左図に生活習慣病を防ぐために気をつけたいポイントを9つあげてみました。

  1. 食事は決まった時間に3回とる
  2. 甘いお菓子などの間食は控える
  3. 夜遅い時間帯の飲食を避ける
  4. よく噛んで腹八分目に
  5. よく噛んで食べることが減塩につながる「日経新聞」より | 減塩食にチャレンジ – 高血圧を改善する方法にもあるとおりよく噛むことは高血圧にも効果があるという。

  6. お酒はほどほどに
  7. 糖尿病の人はアルコールを飲むなら「泡盛」

  8. 適量のたんぱく質、糖質をとる
  9. 脂肪を控えた薄味料理
  10. 適度な運動(1日1万歩)
  11. ストレスを解消

適度な運動で肥満を防ぎ、老化を遅らせる

生活習慣病の予防には、適度な運動も重要なポイントとなります。運動には生活習慣病の大きな要因である肥満を防ぐと同時に、身体の老化を遅らせる効果があるのです。ただしここでいう運動とは、激しいスポーツではなく、どんな年齢の人でも手軽に実践できるウォーキングや水中歩行に代表される「有酸素運動」とよばれるものです。有酸素運動は、からだに余分にたまってしまった脂肪を効率よく消費できるうえに、筋肉や呼吸器、循環器の機能を高めるのに最適です。

-基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

痛みやかゆみなどの視野にあらわれる異常サイン

ごろごろとした異物感をともなう痛みがある 目のなかがごろごろして痛いというのは、よくある症状です。目のなかに異物が入ったために起きる痛みは、異物さえ取り除けばおさまります。 しかし、異物を取り除いても …

病院での検査内容

目に起きたトラブルの原因を調べるには眼科を受診して検査が必要 さて、自分の目が発する危険信号の原因に、どんなトラブルがあるのか考えていただけたでしょうか。きっといくつかの可能性があったことでしょう。 …

目玉ぐるぐる運動で脳の疲れをとる

頭が疲れたぁは、眼精疲労と筋肉のこわばり 夢を見ながら目玉がくるくるとよく動くレム催眠中に、記憶の整理や取捨選択が行われることは、よく知られています。目と脳は直結しているから、起きている時も目玉を上下 …

充血や腫れなどの視野にあらわれる異常サイン

目が充血する 目が赤くなる「充血」の症状には2タイプがあります。まず1つめは結膜の毛細血管が広がって赤くなるもので、さらにくわしくみると、まぶたの裏側や白目の広い部分を覆っている結膜が赤くなるものと、 …

視野にあらわれる異常サイン

ものがぽやけたりかすんだりする この症状はパソコンを長時間使ったあとや、手元の細かい作業をし続けたあとなどにあらわれやすく、原因の多くは近くを見続け、毛様体の筋肉を酷使したために起こる「疲れ目」です。 …