女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

副腎と甲状腺

甲状腺 労るなら ストレス対策

投稿日:

甲状腺 労るなら ストレス対策 がとても重要です。体温を維持し、健康な皮膚や爪、髪を守るために欠かせない、甲状腺ホルモン。

その主なものは、 T4 と T3  ですが、このうち、より大切なのは T3 です。もともと、甲状腺で作られている主なホルモンは T4 です。この T4 の約 8 割が、肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれ、そこで、とある酵素の影響を受けることで活性型のホルモンである T3 に変化します。

ですから、代謝を促すなどの力を発揮するのは、T 4ではなく、T3。つまり、→ 4がいくらあっても T3 が十分になければ、体調に悪影響が出てしまうのです。

実際、 T4 が十分にあっても T3 に変換されず、甲状腺ホルモンに問題が起こることがあります。その間題を引き起こす最大の原因が、やはり ストレス です。

ストレス が多いと、ビタミン類や、ミネラルが消費されてしまうため、 T4 から T3 への変換に欠かせない酵素が働かなくなってしまうのです。

すると、 T4 は活性型の  T3 になれず、  rT3 という非活性型のホルモンになってしまいます。

しかも、ホルモンというものは、それを受け止める側のカギ穴にすっぽりとはまることではじめてそのパワーを発揮します。このカギ穴をレセプターと呼ぶのですが、 rT3 がたくさんできると、本来 T3 が入るはずのレセプターが非活性型の rT3 に奪われてしまい、わずかに作られていた T3 も力を発揮できなくなつてしまいます。

こうなると、甲状腺の機能は低下の一途をたどり、悪循環に陥ります。日本では、検査を受けても T4 が十分にあれば、「問題なし」と判断されてしまうことがあるので、注意が必要です。とにかく、 ストレス が副腎と甲状腺のホルモンを減らす大敵であることは、間違いぁりません。ストレスを減らすことは、若さと健康のための大事な第一歩なのです。

副腎 をいたわるには、ストレス対策

-副腎と甲状腺

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

副腎疲労 最近よく耳にする症状

副腎疲労 は、最近よく耳にする症状です。 「 更年期障害 」 に比べると、 「 副腎疲労 」 という言葉には、まだ馴染みがないかもしれません。 副腎疲労 とは、文字通り、副腎が疲れている、という意味で …

副腎 をいたわるには、ストレス対策 が重要

副腎 をいたわるには、ストレス対策 が重要 というのは「最近、ちょっと疲れているかもしれないけれど、なんとか仕事も家事もできているし、大したことはないかな」と感じている方もいらっしゃるでしょう。それほ …

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因 日本人の 5 人に 1 人は悩んでいるという 睡眠障害。特に、 40 代半ば頃から、 疲れているのに夜眠れない 寝てもすぐ目が覚める 眠りが浅くて朝が …

冷え性 肌荒れ 薄毛 体重増加 は、甲状腺ホルモンの問題かも

多くの女性の悩みである、 冷え性 肌荒れ 薄毛 体重増加 は、甲状腺ホルモンの問題かも しれません。 これらは一見、 女性ホルモン の低下による 更年期障害 の諸症状のように見えます。確かに エストロ …

女性が男性より 認知症 が多い理由

女性が男性より  認知症 が多い理由 とはどいうったところにあるのでしょうか?年齢を重ねると気になってくるのが、記憶力の低下です。 40歳を過ぎた頃から、人の名前がなかなか出てこなかったり、新しい仕事 …