女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

副腎と甲状腺

副腎 に ストレス 続くととうつになりやすい

投稿日:

副腎 に ストレス 続くととうつになりやすい 副腎 をいたわるには、ストレス対策 が重要でも紹介していますが、副腎にはストレスをかけないことがとても大切です。そしてそのストレスが続くと うつ になりやすいのです。

40代半ば以降から50代半ばくらいの、ちょうど 更年期 の頃になると、以前は朗らかだったのに、急にうつっぽくなったり、怒りっぽくなったりして、人が変わったようになってしまう人がいます。

こうした変化が激しい場合、それは 更年期障害 ではなく、 副腎疲労 からくるうつ状態の可能性が高いでしょう。

20代、30代と、仕事に出産に子育てにと働き続けてきた女性たちは、多くの方が長年ストレスに耐え続けて生活しています。若いうちは体力もあり、疲れても回復するものですが、40代に入る噴から、さすがに無理がきかなくなってきます。しかも、その頃になると責任ある仕事を任されたり、子どもの教育や受験なども重なってきて、ストレスは増す一方です。

その上、本格的に女性ホルモンの低下がはじまって、全身のホルモンバランスが崩れやすくなっています。こうした日々の中で、ストレスに対抗するために副腎からコルチゾールが出続けると、それが脳の偏桃体に直接影響を及ぼし、悲しみや不安感が助長され、結果的にうつ状態になってしまうことがあるのです。

こうした副腎疲労からくるうつ病は、決して珍しいものではありません。近年、心療内科に通っている人の半分くらいは、更年期や副腎疲労が主な原因だろうといわれているほどです。

更年期や副腎疲労が原因でうつ状態に陥っている場合は、精神科の薬を飲んでいるだけでは根本的には治りません。それよりも、副腎のホルモンである DHEA を補充することで回復することが少なくないのです。うつ病の薬で治療中の方で、一向によくならないという方は、そんな可能性も考えてみる必要があると思います。

うつ病で通院していても、一向によくならないので困っていると言われて検査を行ってみると、女性ホルモンとともに、 DHEA が低下していることがとても多いのです。そういう場合、精神科の薬を減らしながら、DHEA やプロゲステロンを補充していくと、順調に回復していかれる方が多くみられます。

長年精神科の薬を飲み続けていた方の場合は時間がかかりますが、軽症の方だと、2〜3か月ですっかり良くなってしまう方もいらっしやいます。

そこまで深刻な状態でなくても、40歳を過ぎて、「最近、気持ちが落ち込みがちで、やる気が出ないな」と感じている方は、副腎や甲状腺が疲れはじめている可能性があります。まずは日常生活の中にリラックスする時間を作ることを心がけてみてください。

-副腎と甲状腺
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プレ更年期 や 更年期 に 副腎疲労 が原因 の場合も

プレ更年期 や 更年期 に 副腎疲労 が原因 の場合もあります。30代後半以降の女性が疲れやすくなったり、急な肌の衰えを感じたりすると、まず、多くの方が、 プレ更年期 や 更年期 を疑います。 確かに …

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因 日本人の 5 人に 1 人は悩んでいるという 睡眠障害。特に、 40 代半ば頃から、 疲れているのに夜眠れない 寝てもすぐ目が覚める 眠りが浅くて朝が …

副腎疲労 最近よく耳にする症状

副腎疲労 は、最近よく耳にする症状です。 「 更年期障害 」 に比べると、 「 副腎疲労 」 という言葉には、まだ馴染みがないかもしれません。 副腎疲労 とは、文字通り、副腎が疲れている、という意味で …

副腎疲労が原因で太ってきたの?

副腎疲労が原因で太ってきたの? 30代半ば頃から、「若い頃に比べて太りやすくなってきた」と悩んでいる女性は多いと思います。 ずっとスリムだった方も例外ではありません。30代に入って筋肉や基礎代謝が落ち …

甲状腺 労るなら ストレス対策

甲状腺 労るなら ストレス対策 がとても重要です。体温を維持し、健康な皮膚や爪、髪を守るために欠かせない、甲状腺ホルモン。 その主なものは、 T4 と T3  ですが、このうち、より大切なのは T3 …