女性の老化防止の習慣 > women_aging の記事

副腎 食事 で労るならランチは刺身か焼き魚定食がおすすめ

副腎 食事

副腎 食事 で労るならランチは刺身か焼き魚定食がおすすめです。仕事をしている女性の場合でも、ほとんどがランチは外食という人が多いと思いますが、副腎を労る食事を意識するなら刺身か焼き魚定食がおすすめです。

副腎 食事 で労るなら魚のメニューがおすすめ

毎日仕事で忙しい女性の場合、ランチはどうしても外食になってしまう人も少なくないのではないでしょうか。からだのことを考えたら、栄養のバランスを考えた手作りのお弁当をお勧めしたいところです。

でも、なかなかそういうわけにもいかないという方のために、副腎を元気にしてホルモンの分泌を促してくれる理想的なランチメニューの例を挙げておきましょう。栄養のバランスを考えると、いろいろな食材が使われている定食スタイルのものが良いでしょう。

中でも、青魚を使った刺身定食や焼魚定食などはお勧めです。特に注目すべき成分は、副腎に良い良質な脂質。良質な抽の代表が、オメガ3系の油です。オメガ3系の袖には、α・リノレン酸を多く含んだ亜麻仁抽やえごま油のほか、青魚で有名なエいコタペンタエン酸( E P A ) や、ドコサヘキサエン酸( D HA) などがあります。

 

これらの油には、強い抗炎症作用があるため、結果的に副腎をいたわる役割を果たしてくれるのです。また、悪玉エストロゲンの代謝を促進し、無毒化して体外へ排泄させる効果も期待できます。

魚の種類と量にもよるので一概には言えませんが、焼き魚の場合、加熱すると一部のEPAとD HA が流れ出てしまうので、どちらかといえば刺身のほうがよりお勧めです。

 

ただし、E P AとDH Aは大変酸化しやすいので、新鮮な青魚を提供してくれるお店を選びましょう。小鉢や付け合わせ、味檜汁などに、野菜がたっぷり含まれていることも大切です。パプリカ、ゴーヤー、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、カボチャなど、ビタミンCをたくさんとれる野菜が入っているとベストです。

ご飯は、白米より玄米か雑穀米のほうが食物繊維が豊富で、炭水化物のとり過ぎや血糖の上昇防止にもなります。ただし、理想的なランチが見つかっても、毎日そればかり食べていては栄養が偏ってしまいます。あくまでも一例として、参考にしてみてください。

食習慣

過剰 エストロゲン 排出 には食物繊維

エストロゲン 排出

過剰 エストロゲン 排出 には食物繊維がおすすめです。中高年女性の体内で増え過ぎた場合、何かと悪い作用を引き起こすのは、有害ミネラル以外にもいろいろあるのですが、ひとつ、どうしても忘れてはならないものがあります。それは、女性ホルモンのエストロゲンです。

エストロゲン 排出 には食物繊維がおすすめ

中高年女性の体内で増え過ぎた場合、何かと悪い作用を引き起こすのは、有害ミネラル以外にもいろいろあるのですが、ひとつ、どうしても忘れてはならないものがあります。

それは、女性ホルモンのエストロゲンです。閉経が近づいてくると、プロゲステロンは何もしなければほぼゼロになってしまいますが、エストロゲンは脂肪細胞などで作られ続けます。

その上、エストロゲンに似た働きをする環境ホルモンが日々生活する中でどんどん体内に入ってきますから、エストロゲンはどうしても過剰になりやすいのです。そんな過剰なエストロゲンに対してデトックスに効果を発揮してくれるのが、食物維です。

普通は、体内で役目を終えたエストロゲンは、血流に乗って肝臓へたどりつき、そこでもう働かない不活性のエストロゲンになります。この不活性のエストロゲンは胆汁に混ざって腸に送られます。

そして、腸内細菌によって不活性エストロゲンは活性エストロゲンに変換され、また血流に乗って再利用されています。このとき、腸内に食物繊維がたっぷりあると、不活性エストロゲンや活性エストロゲンを吸着して、便として体外へ排出してくれます。

つまり、食物繊維をしっかりとっていると、エストロゲンの排出が促され、その増加を防止できるわけです。食物繊維は、豆類やキノコ類、海藻類、玄米などに豊富です。

食物繊維は、有害ミネラルをはじめとしたほかの有毒物質のデトツクスにも有効ですし、血糖値の上昇をゆるやかにする働きや、便秘改善など、からだに良い効果をたくさん持っています。いくつになつても元気ではつらつとしている女性は、きっとこれらの食材を毎日たくさん食べているのは間違いありません。

食習慣