女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

副腎と甲状腺

女性が男性より 認知症 が多い理由

投稿日:

女性が男性より  認知症 が多い理由 とはどいうったところにあるのでしょうか?年齢を重ねると気になってくるのが、記憶力の低下です。

40歳を過ぎた頃から、人の名前がなかなか出てこなかったり、新しい仕事がなかなか覚えられなかったりして、イライラしたり、がっくりきてしまうことは増えてくるものです。

記憶力や集中力というと、単純に脳の問題かと思われがちですが、実はそこにも副腎や甲状腺が出すホルモンが密接に関係しています。

実際、甲状腺機能が低下すると、記憶力が落ちますし、副腎疲労が進行すると、「ブレイン・フォグ」といって、まるで脳に霧がかかったように頭がぼんやりしてしまう状態に陥ってしまうこともあります。

ブレイン・フォグの症状とは具体的には、

  • 頭が冴えない
  • 焦点を合わせたり集中したりすることができない
  • 物事を覚えたり記憶したりすることに支障がある
  • 考えるのが遅い
  • 言語あるいは言葉を見つけるのに苦労する

などです。

そして、うつ状態はさらに認知機能を低下させます。 DHEA には認知機能を高める作用があるので、副腎が元気を取り戻し、 DHEA のレベルが上がってくると、記憶力や集中力も上がってきます。

もともと DHEA の値は女性は男性に比べると低いので、女性の場合、記憶力が落ちてきたなと感じたら、男性以上に副腎をいたわることを考えていただきたいと思います。

また、認知症の原因として知られるアルツハイマー病は、男性よりも女性のほうが多いことが知られています。この病気の原因はまだ明確には解明されていませんが、実は、男性ホルモンのテストステロンの量がその発症に関係していると考えられています。

テストステロンは女性にとってもとても重要なホルモンで、肌のハリや性欲、仕事をバリバリこなすバイタリティーを保つためには欠かせません。このテストステロンは DHEA を原料に作られているので、副腎が疲れてくると、どうしても減ってしまうのです。

なお、エストロゲンの減少が認知症と関係しているという説もあり、認知症については、さまざまな要因が唱えられています。いずれにせよ女性は、ある程度の年齢になったら、副腎や甲状腺の健康を保ち、できるだけホルモンを減らさない工夫をすることが、認知症予防につながると考えられるのです。

 

たまねぎに血液浄化力は強力で夏に多発する血栓を防止し、脳梗塞やボケを遠ざける

-副腎と甲状腺

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性ホルモンと深い関係性の 『 副腎 』 『 甲状腺 』

女性ホルモンと深い関係性の 『 副腎 』 『 甲状腺 』 とはどういうことでしょうか?女性の若さと健康を守るためには、エストロゲン と プロゲステロン というふたつの女性ホルモン のバランスがもっとも …

冷え性 肌荒れ 薄毛 体重増加 は、甲状腺ホルモンの問題かも

多くの女性の悩みである、 冷え性 肌荒れ 薄毛 体重増加 は、甲状腺ホルモンの問題かも しれません。 これらは一見、 女性ホルモン の低下による 更年期障害 の諸症状のように見えます。確かに エストロ …

甲状腺 労るなら ストレス対策

甲状腺 労るなら ストレス対策 がとても重要です。体温を維持し、健康な皮膚や爪、髪を守るために欠かせない、甲状腺ホルモン。 その主なものは、 T4 と T3  ですが、このうち、より大切なのは T3 …

女性は男性よりも 副腎 と 甲状腺 が 疲れやすい

女性は男性よりも 副腎 と 甲状腺 が 疲れやすい 体質にあります。言うまでもなく、卵巣や子宮は女性にしかないものですが、 副腎 と 甲状腺 は、男性にも等しく備わっている内分泌器官です。 ですから、 …

腸漏れ症候群 副腎疲労 の人に多い

腸漏れ症候群 副腎疲労 の人に多い のは近年、副腎疲労とも深い関係があるとして医学界で注目されている問題に、「リーキーガット ( Leaky Gut ) 症候群」があります。日本では 腸管壁浸漏症候群 …