女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

副腎と甲状腺

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因

投稿日:

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因 日本人の 5 人に 1 人は悩んでいるという 睡眠障害。特に、 40 代半ば頃から、

  • 疲れているのに夜眠れない
  • 寝てもすぐ目が覚める
  • 眠りが浅くて朝が辛い

といった症状を訴える女性が急増えします。よく眠ることで疲労を解消しない限り、人はどうしても心身ともに老いていってしまいます。

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因

眠りが浅い 起床時に疲れがとれない 副腎 が原因

睡眠障害 には、いろいろな要素が複合的に重なっていることが多いのですが、実は 副腎 の状態が関係しています。 副腎 から分泌される コルチゾール は、人の生体リズムに大きな影響を及ぼしている ホルモン なのです。

コルチゾール の分泌量は、基本的に、早朝から増えはじめ、だいたい朝 8 時頃にピークを迎えます。その後、夜に向けて下がっていき、人が眠っている夜中から早朝にかけてもっとも低くなります。

つまり、 コルチゾール が出ている間、人は活動的になり、コルチゾールが減っている間に休息するのです。

そういう意味で、 コルチゾール と反対の働きをしているのが、脳の松果体から分泌されるホルモンである、メラトニンです。健康な人の場合、昼間はコルチゾールの分泌が多く、夜になるとメラトニンが増えてくることで眠気を感じ、しっかり眠れるようになります。

ところが、副腎が疲れていると、コルチゾールが日中しっかり出ない上に、夜になってもだらだらと出続け、ホルモン分泌のリズムを乱します。その結果、メラトニンの分泌が減り、夜はよく眠れず、朝はなかなか起きられない、あるいは朝早く目覚めてしまう、そして、 1 日中なんとなく眠い、といった状態に陥ってしまうわけです。

ちなみに、メラトニンは、抗酸化作用が非常に高いスーパーホルモンとして、近年、特に注目を集めています。「抗酸化作用」とは、私たちのからだをサビさせ、老化や病気の原因となる酸化物質を撃退する作用のことです。このためメラトニン には、疲労を回復させる、気分を向上させる、

  • がん
  • 動脈硬化
  • 骨粗鬆症
  • 認知症

を予防するといった報告が、学会で相次いで発表されています。いまや、 副腎 の元気を保ち、 メラトニン の分泌を促すことは、若さと健康を維持するための、新常識になりつつあるのです。

なお、 40 代後半以降の女性の多くが、「よく眠れなくなった」と悩まれていますが、 プロゲステロン が不足していることがよくあります。その場合、 プロゲステロン が増えれば改善します。 プロゲステロン には眠りの質を良くする効果もあるのです。

西洋ニンジンボク(チェストツリー)配合

  • 西洋ニンジンボクは、南ヨーロッパから中央アジアを原産とするクマツヅラ科の植物です。
  • チェストツリーにビタミンB6、カルシウムを配合した健康維持商品です。
表示成分 :4粒(1,200mg)中
  • チェストツリーエキスパウダー 2.86mg
  • ビタミンB6 3mg
  • カルシウム 50mg

召し上がり方食品として1日4粒を目安に水又はお湯とともにお召し上がりください。
注意:妊婦又は妊娠していると思われる方はご利用をお控えください。

-副腎と甲状腺
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

副腎疲労が原因で太ってきたの?

副腎疲労が原因で太ってきたの? 30代半ば頃から、「若い頃に比べて太りやすくなってきた」と悩んでいる女性は多いと思います。 ずっとスリムだった方も例外ではありません。30代に入って筋肉や基礎代謝が落ち …

女性が男性より 認知症 が多い理由

女性が男性より  認知症 が多い理由 とはどいうったところにあるのでしょうか?年齢を重ねると気になってくるのが、記憶力の低下です。 40歳を過ぎた頃から、人の名前がなかなか出てこなかったり、新しい仕事 …

腸漏れ症候群 副腎疲労 の人に多い

腸漏れ症候群 副腎疲労 の人に多い のは近年、副腎疲労とも深い関係があるとして医学界で注目されている問題に、「リーキーガット ( Leaky Gut ) 症候群」があります。日本では 腸管壁浸漏症候群 …

副腎疲労 最近よく耳にする症状

副腎疲労 は、最近よく耳にする症状です。 「 更年期障害 」 に比べると、 「 副腎疲労 」 という言葉には、まだ馴染みがないかもしれません。 副腎疲労 とは、文字通り、副腎が疲れている、という意味で …

甲状腺 労るなら ストレス対策

甲状腺 労るなら ストレス対策 がとても重要です。体温を維持し、健康な皮膚や爪、髪を守るために欠かせない、甲状腺ホルモン。 その主なものは、 T4 と T3  ですが、このうち、より大切なのは T3 …