女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

ふたつの女性ホルモン

妊娠経験のない人は、より注意が必要

投稿日:

妊娠経験のない人は、より注意が必要 ということはどういうことでしょうか?最近は、生涯、妊娠・出産を経験しない女性も決して少なくありません。

よく、「出産していない女性は、している女性に比べて、婦人科系の がん など、病気になりやすい」といわれていますが、それは、なぜなのでしょう。

妊娠経験のない人は、より注意が必要

妊娠経験のない人は、より注意が必要

理由はやはり、 エストロゲン優勢状態 にあります。 プロゲステロン は、妊娠と出産において非常に重要な役割を果たすホルモンであり、子宮内膜を維持する働きをしています。

毎月、排卵があっても妊娠しない場合、一度上がっていた プロゲステロン の分泌が急激に下がることで、子宮内膜が体外に排出されます。これが生理です。ですから、卵子が受精し、着床すると、子宮内膜が排出されないように、プロゲステロン はその後も分泌され続けることになります。

さらに、胎盤ができると、そこで プロゲステロン が作られ、以降は出産日に向けて、その生産量は桁違いに増えていきます。そして出産後、 プロゲステロン の量は急激に下がり、元の分泌量に戻るのです。

つまり、妊娠している間は、 プロゲステロン が高い値が続くので、妊娠・出産の回数が多いほど、一生のうち、体内のプロゲステロン高値の期間が長くなります。

反対に、妊娠・出産の経験がなければ、 エストロゲン優勢状態 にさらされている時間は長くなつてしまいます。 エストロゲン には細胞の増殖を促す力があり、 プロゲステロン にはそれを抑える力があります。ですから、 エストロゲン優勢状態 である時間が長ければ長いほど、どうしても 乳がん や 子宮がん のリスクは上がってしまうのです。

実際に、出産している人に 乳がん 子宮がん が少ないのは、そのためです。ただし、妊娠経験がなくても がん にならない人は大勢います。あまり神経質になる必要はありませんが、がん検診などはしっかり受けておくと安心だと思います。

乳がんの教科書

-ふたつの女性ホルモン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エストロゲン優位の状態が 女性特有の病気 を招く

若い頃は、誰しも病気とはあまり稼がないものです。しかし、40歳を過ぎると、男性も女性も、病院を訪れる人が急に増えはじめます。 特に女性の場合、それまであまり経験がなかった婦人科系の病気になることが増え …

片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因

女性に比較的多い 片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因 があるものがあります。 エストロゲン優勢によって引き起こされる症状は多岐にわたりますが、一見、婦人科とはまるで関係がなさそうなものも少 …

見た目や体に大きな影響を与える 2つの女性ホルモン エストロゲン プロゲステロン

2つの女性ホルモン エストロゲン や プロゲステロン という ホルモン の名前は聞いたことがあると思います。でも、それらが体内でどんな働きをしているかは、案外ご存じないのではないでしょうか。 2つの女 …

日本の ホルモン治療 はNGだった?

日本の ホルモン治療 はNGだった? 40歳を過ぎて なんだか、気分が冴えない 体調が優れない と感じた女性が婦人科などの病院を受診すると、 更年期障害 の諸症状を緩和するために、 ホルモン治療 を勧 …

大事なのは エストロゲンとプロゲステロンのバランス にある

エストロゲン プロゲステロン については紹介しましたが、女性ホルモンといえば、 エストロゲン をイメージする人が大半です。 プロゲステロン は知らない方でも、 エストロゲン という言葉を聞いたことがな …