女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

ふたつの女性ホルモン

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン

投稿日:

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン は注意が必要です。実際のところ、 女性ホルモン はいつ頃から低下し、それにどうやって気づくものなのでしょうか。

基本的に、 女性ホルモン は30代後半から減りはじめますが、その頃から明らかな問題を感じている方は少なく、 ホルモンの減少 を疑っておられる方は多く、40代後半から急増します。

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン

閉経に向けて生理周期が乱れてくるので、「これは更年期障害かもしれない」と、ご自分で気づかれるようです。みなさんが訴えられる症状でもっとも多いのが、

  • 気力が出ない
  • 疲れやすい
  • よく眠れない
  • 不安感がある
  • イライラする

といった うつ的 なものです。更年期といえば、「のぼせ」や「ホットフラッシュ」が有名ですが、そうした症状を最初に訴えられる方はあまりいません。そのため、精神科や心療内科を受診してしばらく治療をしてみたけれどどうも良くならなかった、という方が多いのです。

うつなどの精神症状の要因としては、女性ホルモンの減少だけでなく、副腎の疲労や甲状腺ホルモンが低下している可能性などがありますが、ホルモン値を調べてみると、 プロゲステロン が足りない方が7 〜8 割にのぼります。中には、 エストロゲン も プロゲステロン もともに低過ぎるという方もいらっしやいます。

ですから、40代の方で、「最近、どうもやる気が出ない」「気持ちが落ち着かない」と感じる方は、女性ホルモンが低下している可能性は大きいと思います。

また、40歳前半で「性欲が落ちはじめた」と感じる方も同様です。女性の性機能障害は、日本では大きく扱われることはまだ少ないですが、アメリカでは一般の女性の間でも非常に関心が高く、積極的に改善・治療が進められています。

プロゲステロン が不足すると性欲は落ちますし、 エストロゲン が不足すると、膣の潤いがなくなり、セックス時に痛みなどが出るため、さらに性欲がなくなるという悪循環に陥ってしまいます。パートナーと良好な関係を保ち、生き生きとした生活を送るためにも、ご自身の性欲に関心を払ってみてください。

-ふたつの女性ホルモン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

妊娠経験のない人は、より注意が必要

妊娠経験のない人は、より注意が必要 ということはどういうことでしょうか?最近は、生涯、妊娠・出産を経験しない女性も決して少なくありません。 よく、「出産していない女性は、している女性に比べて、婦人科系 …

更年期障害が若年化 30歳からはじまってしまう人も

最近は、更年期障害が若年化 しています。どういったことが原因でしょうか?30歳代で婦人科を受診する人が急増しています。 更年期障害が若年化 女性が人生のうちに、必ず通ることになる 更年期 。これは、避 …

骨粗鬆症 はカルシウム不足よりホルモンの影響大

骨粗鬆症 はカルシウム不足よりホルモンの影響大 です。いつも背筋がピンと伸びた美しい姿勢でいる人や、足腰が強く身のこなしがしっかりしている人は、それだけで若々しく見えるものです。お年寄りでも腰がまがっ …

穏やかで優しい女性も元気ないきいき女性もホルモンが関係 している

穏やかで優しい女性も元気ないきき女性もホルモンが関係 していることはご存じでしょうか? 「あの人、いつまでも若々しくて素敵だね」と言われる人とそうでない人の違いは、なにも見た目だけではないでしょう。 …

エストロゲン優位の状態が 女性特有の病気 を招く

若い頃は、誰しも病気とはあまり稼がないものです。しかし、40歳を過ぎると、男性も女性も、病院を訪れる人が急に増えはじめます。 特に女性の場合、それまであまり経験がなかった婦人科系の病気になることが増え …