女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

ふたつの女性ホルモン

血管系の深刻な病気にも悪影響

投稿日:

血管系の深刻な病気にも悪影響 とはどういったことでしょうか?女性の中には、年をとって女性ホルモンが低下して、多少見かけが老けたり、体力が落ちたりしても、まあ、仕方がない と、あまり気にしない方もいらっしやるかもしれません。

血管系の深刻な病気にも悪影響

血管系の深刻な病気にも悪影響

しかし、脅かすわけではないのですが、 女性ホルモン の低下が、生命に危機を及ぼす 心筋梗塞 や 脳卒中 などの一因になるということは、ぜひとも知っておいていただきたいと思います。

心筋梗塞 や 脳卒中 などは、一般に男性の方が多いと思われています。しかし実際は、閉経後の女性に限ると、発生頻度に大きな差はなくなるのです。

この事実からも、 女性ホルモン がいかに女性の健康に大きな役割を果たしているか、おわかりいただけるでしょう。

ここでも特に注目すべきは、 プロゲステロン の作用です。血管の質を良くする、血栓ができにくくする、血液の流れを良くするといった働きがあり、血管から全身の健康を守ってくれています。

これに対して エストロゲン には、血管の質を落としたり、血栓をできやすくする作用があります。ですから、 プロゲステロン が減り、 エストロゲン 優勢状態が続くと、 心筋梗塞 や 脳卒中 のリスクがぐんと上がってしまうのです。

実は、 エストロゲン には血液中のコレステロール値を下げる作用があり、かつて、エストロゲンを補充すると心臓病や脳卒中が減ると考えられていました。しかし、その後の研究でエストロゲンを補充すると、反対に血栓症が増えるということがわかってきたため、世界的に、 エストロゲン の補充は慎重に行われるようになってきました。

日本でも、平成25年、低用量ピルが原因と考えられる静脈血栓症による死亡例が3例報告され、投与に関して注意喚起がなされています。

一般に「ピル」と呼ばれている薬剤は、合成エストロゲンなどを含む人工のホルモン剤です。血管への悪影響が強く疑われているので、安全のため、使わないにこしたことはありません。

血管はもっと若返る

-ふたつの女性ホルモン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本の ホルモン治療 はNGだった?

日本の ホルモン治療 はNGだった? 40歳を過ぎて なんだか、気分が冴えない 体調が優れない と感じた女性が婦人科などの病院を受診すると、 更年期障害 の諸症状を緩和するために、 ホルモン治療 を勧 …

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン は注意が必要です。実際のところ、 女性ホルモン はいつ頃から低下し、それにどうやって気づくものなのでしょうか。 基本的に、 女性ホルモン は30代後半から減り …

生理があっても排卵していない プレ更年期 に注意

生理があっても排卵していない プレ更年期 とはどういことでしょうか? 更年期 を迎える前の10年位の期間、30代後半~40代前半に 更年期 障害と同じような症状が現れる場合があり、これを プレ更年期 …

片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因

女性に比較的多い 片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因 があるものがあります。 エストロゲン優勢によって引き起こされる症状は多岐にわたりますが、一見、婦人科とはまるで関係がなさそうなものも少 …

大事なのは エストロゲンとプロゲステロンのバランス にある

エストロゲン プロゲステロン については紹介しましたが、女性ホルモンといえば、 エストロゲン をイメージする人が大半です。 プロゲステロン は知らない方でも、 エストロゲン という言葉を聞いたことがな …