女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

ふたつの女性ホルモン

見た目や体に大きな影響を与える 2つの女性ホルモン エストロゲン プロゲステロン

投稿日:

2つの女性ホルモン エストロゲン や プロゲステロン という ホルモン の名前は聞いたことがあると思います。でも、それらが体内でどんな働きをしているかは、案外ご存じないのではないでしょうか。

2つの女性ホルモン

2つの女性ホルモン

ここで、 エストロゲン と プロゲステロン というふたつの 女性ホルモン の基本的な働きについて、簡単に説明しておきましょう。

女性の若さと健康は ホルモン が握っている と説明しましたが、 エストロゲン は、主に卵巣で作られていて、思春期に女性らしいからだの特徴を作り出したり、月経周期をコントロールする役割などを果たしています。

一方、 プロゲステロン は、受精卵が着床しやすいように働いたり、月経周期をコントロールする役割などを果たしています。

そのほかにも、このふたつのホルモンは、女性の健康と若さを守るさまざまな効果を持っています。

一例を挙げると、 エストロゲン には、胸を大きくする、膣の乾燥や粘膜の萎縮を予防する、ほてりや発汗をやわらげる、尿道のトラブルを改善するなどの効果が、 プロゲステロン には、不安を鎮める、性欲を保つ、血管の質を良くする、脂肪の代謝を助ける、睡眠障害を改善する、血糖値を正常に保つのを助けるなど、たくさんの効果があります。

たとえば、 エストロゲン の効果で膣の潤いが保たれれば健やかな性生活が送れますし、膀胱炎などの炎症にもかかりにくくなります。

プロゲステロン の効果で血管の質が良くなり血流が促されれば、全身の細胞が元気になり、肌の色・ツヤも良くなるでしょう。

脂肪を代謝する力が高ければ余分な脂肪がからだにつく可能性も低くなりますし、睡眠の質が高まったり不安が鎮まったりすれば精神状態が安定するはずです。

つまり 女性ホルモン の効果で全身のさまざまな臓器の健康が保たれていれば、表情や顔色は輝いてきますし、気力も体力も、日々の活動量も、そう簡単に衰えることはありません。 女性ホルモン とは、それほど強力な影響力を持ったものなのです。

-ふたつの女性ホルモン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

更年期障害が若年化 30歳からはじまってしまう人も

最近は、更年期障害が若年化 しています。どういったことが原因でしょうか?30歳代で婦人科を受診する人が急増しています。 更年期障害が若年化 女性が人生のうちに、必ず通ることになる 更年期 。これは、避 …

穏やかで優しい女性も元気ないきいき女性もホルモンが関係 している

穏やかで優しい女性も元気ないきき女性もホルモンが関係 していることはご存じでしょうか? 「あの人、いつまでも若々しくて素敵だね」と言われる人とそうでない人の違いは、なにも見た目だけではないでしょう。 …

PMS 更年期 も ホルモンバランス の乱れが原因

女性ホルモン は、女性を守ってくれるだけでなく、辛い症状を引き起こす PMS 更年期 の原因にもなってしまう エストロゲン 。 エストロゲン が女性のからだにマイナスに働くこともあることも忘れてはいけ …

片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因

女性に比較的多い 片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因 があるものがあります。 エストロゲン優勢によって引き起こされる症状は多岐にわたりますが、一見、婦人科とはまるで関係がなさそうなものも少 …

生理があっても排卵していない プレ更年期 に注意

生理があっても排卵していない プレ更年期 とはどういことでしょうか? 更年期 を迎える前の10年位の期間、30代後半~40代前半に 更年期 障害と同じような症状が現れる場合があり、これを プレ更年期 …