質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

二度寝のススメ?

投稿日:

二度寝

二度寝

二度寝 効果

二度寝の気持ちよさは、習慣化するとやめられなくなります。実際、二度寝は半数の人がしているという報告もあります。
約半数の人が朝、二度寝をしているのです。「二度寝はよくない」という罪悪感がどうしてもつきまといますが、じつは二度寝にはメリットもたくさんあります。

なぜ、二度寝はいいのでしょうか? 夜、体内ではストレスに対抗するホルモン「コルチゾール」が目覚める1~2 時間前から増えはじめます。
これは「幸せホルモン」ともいわれる脳内物質です。
脳はストレスに勝つホルモンを朝方シャワーのように浴びて1日の活動の準備を開始します。二度寝しているときもこの「残存効果」が継続していると考えられます。

二度寝のまどろみがとても心地よく、幸せな気分に包まれるのはこのコルチゾールのおかげともいえるのです。さらに、二度寝でウトウトしている浅い眠りのときには、リラックスしたときに出るアルファ波が脳から出るのと同時に、「エンドルフィン」も分泌していると考えられています。

エンドルフィンは脳内麻薬ともいわれ、好きな音楽や小川のせせらぎ、波の音を聞いたときにも出るホルモンで、心身をリラックスさせ、ストレス解消効果があるものです。

自然音と穏やかな音楽のCDアルバム(一覧)はこちら。

就寝前に聴くと快眠できるのはこのためです。オルゴールなどのCDでも同様の効果があります。

ちなみに3度寝、4度寝はNGです。スッキリと目覚めるためのルールは、「二度寝は1 回だけ」「時間は5~10分」です。10分以上寝てしまうと深い眠りに落ちてしまい、寝坊する原因となります。

目覚めたら目覚まし時計を10分後にセットし、5分程度の二度寝を楽しみます。たった5分でも「寝たなあ」という充足感を味わうことができるでしょう。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

起きたときに体が痛くない寝具を選ぶ

熟睡できる寝具 起きたときに首や背中、腰が痛くない寝具がベストで自分に合っていものといえるでしょう。布団を選ぶ条件は、寝返りが打ちやすいことが第一条件です。通常、仰向けで寝るのが一般的ですから大事な条 …

ブルーマンデー

日曜日の休みの後の月曜日が憂鬱になる

ブルーマンデー 月曜日の憂鬱「ブルーマンデー」について 日曜日の夜、夕飯を食べながらサザエさんを見ていると、「明日は仕事かぁ」と考えて憂鬱にり、会社に行きたくないなと思ったりします。気分も沈みがちです …

牛乳

牛乳には安眠物質がダブルで含まれる

牛乳 日本人はどうしてもカルシウム不足に陥りがちです。ビタミン剤にもカルシウムをブレンドしたものが増えています。カルシウムには骨の衰えを防ぐ効果とともに鎮静作用があります。 そのあたりがストレスの多い …

テンピュール オンブラシオピロー

枕が快眠枕でない場合の診断方法 おすすめ枕はテンピュール オンブラシオピロー

人間は進化の過程で大脳が発達し、その重みをバランスよく支えるため、頸椎部分が直線ではなくS字状にカーブをえがいています。 理想の眠りの姿勢は、立ったままの姿勢で横になれることです。枕は、この立ったまま …

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …