質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

徹夜で疲労が強く眠れない場合

投稿日:2016年4月9日 更新日:

徹夜をしたり、夜遅くに仕事をすれば目はさえてしまうのが普通です。それが正常です。

目がさえてしまうのが体の正常な作用、部屋をできるだけ暗くする

徹夜で勉強や仕事をすると、疲労物質が大量にたまり、体は疲労でぐったりしてしまいます。体は非常に疲れているのに、なぜか頭はさえてしまって眠れない状況です。
これが徹夜の特徴です。眠れない理由のひとつに「光」が脳に与える影響大です。体内時計は光に反応するので、朝日を浴びると交感神経が優位になり1日の活動の準備をはじめる「セロトニン」が分泌されます。

明るいと体も脳も覚醒し、なかなか眠れなくなってしまうのです。対策は、カーテンを引いて部屋を暗くし、「夜と同じような環境をつくる」こと。
もうひとつは、眠くなくても、「とりあえす横になって、眠気がやってくるのを待つ」ことです。早く眠らなければ、と焦る必要はありません。眠気は24時間のうちに2 回大きな波がありますが、じつは日中にも1~2時間周期でごく小さな波が訪れます。横になって静かにしているうちに、いずれこの眠気の波がやってきて、自然に眠りにつくことができるでしょう。

徹夜は心身への負担大、できるだけ避けるようにする

徹夜しても、質のいい仕事や勉強ができるわけではありません。徹夜をすると脳の機能が低下し、怒りつぼくなったり、妄想や幻覚症状が出てくることもわかっています。

とはいえ、徹夜が避けられないときもあります。では、徹夜をしたらどのようにリカバリーすればいいでしょう。基本的には、翌日にいつもより少し長めの睡眠をとれば、すぐに元の生活リズムに戻ることができます。
それは、私たちの体にもともとある優れた適応力によるものです。寝不足がつづいて「睡眠不足」がたまれば、「睡眠の質」が高まるようにできているのです。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。 眠れないのに布団の中にいると、むしろ寝つ …

不安

不安で眠れないときは「寝逃げ」

不安 不安で眠れない時の対処法 寝ようとして床についても、さまざまなことが気になってなかなか眠れないことがあります。寝つきが悪い人は、悩みがちな傾向にあります。 どしたらいいだろう?、うまくいかなかっ …

お腹がいっぱいとのきは、快眠できない!

夕飯は就寝前の3時間前にすませておくのが理想 現代人の生活習慣は、日増しに夜型になっていますが、それに合わせて夕食の時間も遅くなっています。就寝3時間前までに夕食を終えると翌朝の目覚めが断然よくないの …

腹式呼吸

腹式呼吸

眠気を誘う自律神経コントロール 布団に入ってもすぐに眠れないのは、神経がまだ緊張状態で、自律神経リラックスモードである副交感神経に切り替えられていないためです。 毎日の生活の中で、つねに自律神経にコン …

専門医

最終的にどうしても眠れないのなら専門医を受診する 睡眠薬の前に大麦発酵酵素「セロトアルファ」も試してみよう!

睡眠薬はドラッグストアーでも手軽に手にはいるけれどまずは専門医を受診 テレビCMでもおなじみの日本初の睡眠改善薬「ドリエル」が発売と同時に話題となったのももう10年以上前になります。当時は、またたくま …