質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

牛乳には安眠物質がダブルで含まれる

投稿日:2016年2月25日 更新日:

牛乳

牛乳


日本人はどうしてもカルシウム不足に陥りがちです。ビタミン剤にもカルシウムをブレンドしたものが増えています。カルシウムには骨の衰えを防ぐ効果とともに鎮静作用があります。

そのあたりがストレスの多い現代社会に生きる人々に必要とされている理由でしょう。いうまでもなく、ストレスは安眠の敵です。だから鎮静作用のあるカルシウムをたくさん摂取すれば安眠につながりやすいということです。

そこでカルシウムをたくさん含んだ食べ物を探してみると、卵、牛乳、小魚、ゴマ、トロロコンブと、案外身近な食べ物が多いのに気がつきます。

安眠効果の高いのは牛乳です。牛乳なら調理の手間もかかりませんし、いつでもどこでも手軽に飲めます。牛乳がおすすめなのは、牛乳にはカルシウムだけでなくトリプトファンが含まれているからです。

トリプトファンはアミノ酸の一種で、体内でセロトニンという睡眠物質に変わります。つまり牛乳にはカルシウムとトリプトファンという、安眠快眠のためのダブル効果が備わっているわけです。

イライラしてどうも眠れそうにないと思ったときには、ぜひホットミルクをおためしください。ホットミルクは空腹感の解消にも役立ちますし、体もあたためてくれます。心も体もホッとさせてくれる牛乳を、もっともっと活用してはいかがでしょうか。

カルシウムの主な働きはカルシウムで丈夫な骨をつくり、イライラを防ぐです。

-快眠の条件
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

勤務シフト

生活が不規則になる人はそれに対応した生活習慣を身につける

仕事によっては、不規則な勤務体系や時間外が多く睡眠についても苦労されている人がいるでしょう。こんな方法で快眠につながるかもしれません。 体への負担をできる限り減らした勤務 医師や看護師、介護職、24時 …

たまねぎ

快眠効果のある食材は刻んだたまねぎ

たまねぎの香りに驚くべき効果 自宅以外の床で寝る際に自分の枕じゃないと眠れないという人がいますが、使い慣れた枕で安眠できるのは、高さや硬さなどの形状以上に、「自分の匂い」にほっとするからだといいます。 …

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …

不安

不安で眠れないときは「寝逃げ」

不安 不安で眠れない時の対処法 寝ようとして床についても、さまざまなことが気になってなかなか眠れないことがあります。寝つきが悪い人は、悩みがちな傾向にあります。 どしたらいいだろう?、うまくいかなかっ …

ストレッチ

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでしょう。 血行 …