質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

牛乳には安眠物質がダブルで含まれる

投稿日:2016年2月25日 更新日:

牛乳

牛乳


日本人はどうしてもカルシウム不足に陥りがちです。ビタミン剤にもカルシウムをブレンドしたものが増えています。カルシウムには骨の衰えを防ぐ効果とともに鎮静作用があります。

そのあたりがストレスの多い現代社会に生きる人々に必要とされている理由でしょう。いうまでもなく、ストレスは安眠の敵です。だから鎮静作用のあるカルシウムをたくさん摂取すれば安眠につながりやすいということです。

そこでカルシウムをたくさん含んだ食べ物を探してみると、卵、牛乳、小魚、ゴマ、トロロコンブと、案外身近な食べ物が多いのに気がつきます。

安眠効果の高いのは牛乳です。牛乳なら調理の手間もかかりませんし、いつでもどこでも手軽に飲めます。牛乳がおすすめなのは、牛乳にはカルシウムだけでなくトリプトファンが含まれているからです。

トリプトファンはアミノ酸の一種で、体内でセロトニンという睡眠物質に変わります。つまり牛乳にはカルシウムとトリプトファンという、安眠快眠のためのダブル効果が備わっているわけです。

イライラしてどうも眠れそうにないと思ったときには、ぜひホットミルクをおためしください。ホットミルクは空腹感の解消にも役立ちますし、体もあたためてくれます。心も体もホッとさせてくれる牛乳を、もっともっと活用してはいかがでしょうか。

カルシウムの主な働きはカルシウムで丈夫な骨をつくり、イライラを防ぐです。

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

専門医

最終的にどうしても眠れないのなら専門医を受診する

専門医 睡眠薬はドラッグストアーでも手軽に手にはいるけれどまずは専門医を受診 テレビCMでもおなじみの日本初の睡眠改善薬「ドリエル」が発売と同時に話題となったのももう10年以上前になります。当時は、ま …

お腹がいっぱいとのきは、快眠できない!

夕飯は就寝前の3時間前にすませておくのが理想 現代人の生活習慣は、日増しに夜型になっていますが、それに合わせて夕食の時間も遅くなっています。就寝3時間前までに夕食を終えると翌朝の目覚めが断然よくないの …

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …

いびきをかいている、悪夢を見ている時は不眠のサイン

いびきは放っておくと危険なこともある いびきは、本人以外非常に不快でストレスですが、じつは本人も熟睡できていないサインなのです。最近では、いびきと睡眠障害とメタボ(内臓脂肪症侯群)との密関連性が明らか …

二度寝

二度寝のススメ?

二度寝 二度寝 効果 二度寝の気持ちよさは、習慣化するとやめられなくなります。実際、二度寝は半数の人がしているという報告もあります。 約半数の人が朝、二度寝をしているのです。「二度寝はよくない」という …