質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

不安で眠れないときは「寝逃げ」

投稿日:2016年3月26日 更新日:

不安

不安

不安で眠れない時の対処法

寝ようとして床についても、さまざまなことが気になってなかなか眠れないことがあります。寝つきが悪い人は、悩みがちな傾向にあります。
どしたらいいだろう?、うまくいかなかったら?、不安の原因になる考えごとが次から次へと浮かび、考えすぎてかえって眠れなくなってしまうのです。

誰にでも「こころの解放区」があります。悩みもない、仕事のノルマもない、嫌な人も入れない。それが「睡眠」です。悩みがあるときこそ、思い切って睡眠の世界に逃げこんでしまうのもひとつの方法です。

ストレスのない夢のような睡眠の世界に「寝逃げ」するのは決して悪いことではありません。朝、起きたらあんなに不安で困っていたのに忘れてしまう…ということがあります。

脳はレム睡眠中、起きていた時間にストックした情報の中から、自分に重要なものだけを引き出し、再処理しています。とくに頭を悩ませたときほど、この情報処理は強力におこなわれます。

たとえば、「前日に解決しなくて困っていた問題が、次の日にはあっさり解決してしまった」なんてことがあるはずです。
これも睡眠の効果のひとつです。

上手に「寝逃げ」をするポイントは2つです。まずひとつめが「眠りにあまり執着しない」こと。眠れないときに、眠らなければと考えると余計に眠れなくなります。そんなときは気分を変えて、1本映画を見てもいいでしょう。

2つめが「翌日の予定をしっかり頭の中で整理すること」。就寝前に明日の予定をもう一度確認することです。「自分が明日やるべきこと」が明確になって、頭の中で悶々と考えすぎて眠れなくなるのを防ぎます。
やることが明確になると不安は解消されることが多いのです。

そして気分を変えるにはやっぱり音楽がいいでしょう。
快眠のための音楽(オルゴールCD おすすめ)
オルゴール音なら副交感神経を優位にするのでおすすめです。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

睡眠中

入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる

睡眠中 眠りはじめの3時間が深い眠りの時間帯 朝、心身共にすっきり爽快に目覚めるのは、どんなときでしょうか?よく眠れたときや疲れがとれて体が軽く感じるときではないでしょうか? 「よく眠れた!」という満 …

たまねぎ

快眠効果のある食材は刻んだたまねぎ

たまねぎの香りに驚くべき効果 自宅以外の床で寝る際に自分の枕じゃないと眠れないという人がいますが、使い慣れた枕で安眠できるのは、高さや硬さなどの形状以上に、「自分の匂い」にほっとするからだといいます。 …

腹式呼吸

腹式呼吸

眠気を誘う自律神経コントロール 布団に入ってもすぐに眠れないのは、神経がまだ緊張状態で、自律神経リラックスモードである副交感神経に切り替えられていないためです。 毎日の生活の中で、つねに自律神経にコン …

夜型から朝型にかえる

夜型→朝型に変えることで快眠体質に

夜型から朝型にかえる 夜型と朝型タイプ 世の中には本当は夜型なのに、朝型生活を強いられている人もたくさんいます。当然、逆もあります。しかし、無理なく朝型に生活習慣を変えることができるのでそのポイントで …

睡眠は量より質

質をより高くする熟眠感

睡眠は量より質 睡眠は時間より質重視、眠りの集中力をアップ 忙しい現代人がやりたいことややらなければいけないことを優先しなければいけないときは、削るのは睡眠時間になてしまいます。 あと10分でも5分で …