質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

1分間、目をつぶるだけの仮眠方法

投稿日:

目を閉じる

目を閉じる

眠気のコントロール

睡魔が強く、気がついたら無意識のうちに目をつぶっていたという経験は誰にでもあるでしょう。 時間にして数秒、長くても10秒。
じつはこの短時間でも脳を休めたり、メンテナンスしたり、睡眠物質を取りのぞくことができます。
目から入ってくる視覚情報は、脳にとって大きな負担です。
そこで「1分仮眠法」有効です。
たった160秒間、目をつぶるだけで、強烈な眠気に支配されていた人でも、自ら眠気をコントロールできるようになりますからおすすめです。やり方は次の通り簡単です。

  • 椅子にゆったり深く腰掛け、全身の力を抜いてリラックス
  • 軽く目を閉じ外からの情報を1分間見ないようにする

さらに「l分仮眠法」をとる際には3つのポイントがあります。

  1. 自分で意識する
    無意識に眠っている状態ではなく、自分の意思で「脳を休ませよう」と強く思います。
  2. こまめに
    日々の生活の中で複数回、目をつぶるようにします。睡眠不足になると、感情や記憶をつかさどる脳の奥にある「扁桃体」の機能が低下して、感情がうまくコントロールできなくなるので、イライラしてきたらこまめに目をつぶります。これだけでも脳細胞や大脳皮質が休まります。
  3. 早い段階で
    眠気が襲ってくる前に目をつぶります。攻めの姿勢で眠りを先取りするのです。電車で1駅分だけ目を閉じるのもいいでしょう。混んでいる電車の中で立ったままでも有効です。l分間目を閉じるだけで脳に入ってくる多くの情報がシャットアウトされ、脳が疲労回復モードに切り替わります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …

起きたときに体が痛くない寝具を選ぶ

熟睡できる寝具 起きたときに首や背中、腰が痛くない寝具がベストで自分に合っていものといえるでしょう。布団を選ぶ条件は、寝返りが打ちやすいことが第一条件です。通常、仰向けで寝るのが一般的ですから大事な条 …

ストレッチ

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

ストレッチ 肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでし …

腹式呼吸

腹式呼吸

腹式呼吸 眠気を誘う自律神経コントロール もすぐに眠れないのは、神経がまだ緊張状態で、自律神経リラックスモードである副交感神経に切り替えられていないためです。毎日の生活の中で、つねに自律神経にコントロ …

睡眠は量より質

質をより高くする熟眠感

睡眠は量より質 睡眠は時間より質重視、眠りの集中力をアップ 忙しい現代人がやりたいことややらなければいけないことを優先しなければいけないときは、削るのは睡眠時間になてしまいます。 あと10分でも5分で …