質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

1分間、目をつぶるだけの仮眠方法

投稿日:

目を閉じる

目を閉じる

眠気のコントロール

睡魔が強く、気がついたら無意識のうちに目をつぶっていたという経験は誰にでもあるでしょう。 時間にして数秒、長くても10秒。
じつはこの短時間でも脳を休めたり、メンテナンスしたり、睡眠物質を取りのぞくことができます。
目から入ってくる視覚情報は、脳にとって大きな負担です。
そこで「1分仮眠法」有効です。
たった160秒間、目をつぶるだけで、強烈な眠気に支配されていた人でも、自ら眠気をコントロールできるようになりますからおすすめです。やり方は次の通り簡単です。

  • 椅子にゆったり深く腰掛け、全身の力を抜いてリラックス
  • 軽く目を閉じ外からの情報を1分間見ないようにする

さらに「l分仮眠法」をとる際には3つのポイントがあります。

  1. 自分で意識する
    無意識に眠っている状態ではなく、自分の意思で「脳を休ませよう」と強く思います。
  2. こまめに
    日々の生活の中で複数回、目をつぶるようにします。睡眠不足になると、感情や記憶をつかさどる脳の奥にある「扁桃体」の機能が低下して、感情がうまくコントロールできなくなるので、イライラしてきたらこまめに目をつぶります。これだけでも脳細胞や大脳皮質が休まります。
  3. 早い段階で
    眠気が襲ってくる前に目をつぶります。攻めの姿勢で眠りを先取りするのです。電車で1駅分だけ目を閉じるのもいいでしょう。混んでいる電車の中で立ったままでも有効です。l分間目を閉じるだけで脳に入ってくる多くの情報がシャットアウトされ、脳が疲労回復モードに切り替わります。
https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …

勤務シフト

生活が不規則になる人はそれに対応した生活習慣を身につける

勤務シフト 体への負担をできる限り減らした勤務 医師や看護師、介護職、24時間営業のサービス業、3交代制の工場での仕事など、徹夜を含めたシフト制の職場で働いている人は、勤務時間が日によって大きく異なる …

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …

お腹がいっぱいとのきは、快眠できない!

夕飯は就寝前の3時間前にすませておくのが理想 現代人の生活習慣は、日増しに夜型になっていますが、それに合わせて夕食の時間も遅くなっています。就寝3時間前までに夕食を終えると翌朝の目覚めが断然よくないの …

二度寝

二度寝のススメ?

二度寝 二度寝 効果 二度寝の気持ちよさは、習慣化するとやめられなくなります。実際、二度寝は半数の人がしているという報告もあります。 約半数の人が朝、二度寝をしているのです。「二度寝はよくない」という …