質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

今日の睡眠不足は今日のうちに精算してしまう

投稿日:2016年3月12日 更新日:

睡眠不足

睡眠不足

夜更かしで足りない睡眠不足は負債と考える

どんなにたくさん寝ても「寝貯め」ができません。休みの日にまとまった睡眠をとって、日ごろの睡眠不足が解消できたらどんなにいいでしょう。実際、寝過ぎは体調を悪化させてしまいます。質のいい睡眠という点からは逆効果になってしまうのです。
睡眠がどの程度不足しているかどうかというのは自覚がない人のほうが多いと思います。次の計算式を使うとどの程度不足しているかが一目瞭然です。

休日の睡眠時間-平日の睡眠時間=足りない睡眠時聞

これがあなた自身の「睡眠負債」です。負債とは、疲労物質とも言えます。昼寝などで負債分を返済していかないと、脳や体にどんどん老廃物や不要物がたまり、健康な細胞を破壊してしまいます。
睡眠負債は、1週間単位で解消するのがポイントです。あらかじめたっぷり寝ておくと、それまでの睡眠負債をゼロにして、仕事もフレッシュな状態で取り組むことができます。集中力もアップするので仕事は効率があがり、集中力もあがるでしょう。
休日に寝だめしても睡眠リズムは崩れるだけなので、上手な仮眠法があります。

昼食後の1時間の仮眠(昼寝)で夜の睡眠不足を補える

夜、十分な睡眠時間が確保できない人には「睡眠の補填」をおすすめします。午後に昼寝をして、その夜の睡眠を補填するというものです。

通常は、昼寝するなら夜の睡眠に影響を与えない「30分以内」というのが原則ですが、この場合「その夜の睡眠不足の補充」なので、1時間ほど寝てもリズムを崩すことはありません。1時間の睡眠時間を確保するにはかなり工夫しないと大変です。
また、同じように仮眠をとるにしても、午前中であれば前夜の寝不足をすぐに返済することになるからです。「午前中の返済」は通勤時の朝の電車やバスの中がおすすめです。

睡眠不足が習慣化しているのは、現代のストレス「時間を読むとまさにその通りだとわかります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …

目覚まし時計

目覚まし時計なしで起床する

目覚まし時計 自己暗示で自然に目が覚める 目覚まし時計の音が朝の一番のストレスだと感じている人は多いものです。誰でも自然に目が覚めるのが、もっとも心地よい目覚め方です。 人間には起きたい時刻に起きるこ …

睡眠は量より質

質をより高くする熟眠感

睡眠は量より質 睡眠は時間より質重視、眠りの集中力をアップ 忙しい現代人がやりたいことややらなければいけないことを優先しなければいけないときは、削るのは睡眠時間になてしまいます。 あと10分でも5分で …

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …

電車の中でのうたた寝

帰宅途中の電車の中でのうたた寝はNG

電車の中でのうたた寝 電車の中でのうたた寝も時間帯に注意 通勤、通学の電車の中でのうたた寝が毎日の習慣になっている人も多いはずです。 電車の揺れる心地よいリズムに誘われて眠ってしまう人も多いと思います …