質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

投稿日:2016年3月29日 更新日:

肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る

ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでしょう。
血行が悪いと手足からの熱放出がうまくできず、深部体温を下げることができないので、血行を改善します。
そのために最適なのがストレッチ。
ストレッチは「伸ばす・広げる・伸張する」という意味でスポーツの分野だけではなく、リハビリなど医療の分野でも広く活用されています。
ストレッチは、入眠スイッチだけでなく、血行を促進して冷え性を改善するなど、さまざまな効果があります。

  • 緊張をほぐし快眠につなげる
  • 血行をよくし熱放出を促進して寝やすくする
  • 筋肉と関節の柔軟性を高める
  • 神経機能向上

身体の固くなった筋肉を、ストレッチによってゆっくり伸ばすと血管が収縮します。すると、筋肉内に蓄えられていた血液が一気に流れ出して血行がよくなります。

血行が改善すれば、体中の細胞に必要な栄養素や酸素が届けられ、細胞活発になり、眠りの質も向上するのです。
ただし、筋肉を無理に伸ばそうとすると、筋肉や腱を痛めるおそれがあるので、自分が気持ちいいと感じる範囲内で試します。

呼吸を止めると筋肉は緊張してしまうので、ゆっくりと息を鼻から吸って口から吐きながら行います。寝つきが悪い方は、寝る前のストレッチを毎日の習慣にすると、柔軟性がアップするだけではなく、質の高い眠りが得られるようになります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …

腹式呼吸

腹式呼吸

眠気を誘う自律神経コントロール 布団に入ってもすぐに眠れないのは、神経がまだ緊張状態で、自律神経リラックスモードである副交感神経に切り替えられていないためです。 毎日の生活の中で、つねに自律神経にコン …

いびきをかいている、悪夢を見ている時は不眠のサイン

いびきは放っておくと危険なこともある いびきは、本人以外非常に不快でストレスですが、じつは本人も熟睡できていないサインなのです。最近では、いびきと睡眠障害とメタボ(内臓脂肪症侯群)との密関連性が明らか …

睡眠不足

今日の睡眠不足は今日のうちに精算してしまう

睡眠不足 夜更かしで足りない睡眠不足は負債と考える どんなにたくさん寝ても「寝貯め」ができません。休みの日にまとまった睡眠をとって、日ごろの睡眠不足が解消できたらどんなにいいでしょう。実際、寝過ぎは体 …

目覚まし時計

目覚まし時計なしで起床する

目覚まし時計 自己暗示で自然に目が覚める 目覚まし時計の音が朝の一番のストレスだと感じている人は多いものです。誰でも自然に目が覚めるのが、もっとも心地よい目覚め方です。 人間には起きたい時刻に起きるこ …