質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

投稿日:

ストレッチ

ストレッチ

肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る

ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでしょう。
血行が悪いと手足からの熱放出がうまくできず、深部体温を下げることができないので、血行を改善します。そのために最適なのがストレッチ。
ストレッチは「伸ばす・広げる・伸張する」という意味でスポーツの分野だけではなく、リハビリなど医療の分野でも広く活用されています。
ストレッチは、入眠スイッチだけでなく、血行を促進して冷え性を改善するなど、さまざまな効果があります。

  • 緊張をほぐし快眠につなげる
  • 血行をよくし熱放出を促進して寝やすくする
  • 筋肉と関節の柔軟性を高める
  • 神経機能向上

身体の固くなった筋肉を、ストレッチによってゆっくり伸ばすと血管が収縮します。すると、筋肉内に蓄えられていた血液が一気に流れ出して血行がよくなります。

血行が改善すれば、体中の細胞に必要な栄養素や酸素が届けられ、細胞活発になり、眠りの質も向上するのです。ただし、筋肉を無理に伸ばそうとすると、筋肉や腱を痛めるおそれがあるので、自分が気持ちいいと感じる範囲内で試します。

呼吸を止めると筋肉は緊張してしまうので、ゆっくりと息を鼻から吸って口から吐きながら行います。寝つきが悪い方は、寝る前のストレッチを毎日の習慣にすると、柔軟性がアップするだけではなく、質の高い眠りが得られるようになります。

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …

勤務シフト

生活が不規則になる人はそれに対応した生活習慣を身につける

勤務シフト 体への負担をできる限り減らした勤務 医師や看護師、介護職、24時間営業のサービス業、3交代制の工場での仕事など、徹夜を含めたシフト制の職場で働いている人は、勤務時間が日によって大きく異なる …

腹式呼吸

腹式呼吸

腹式呼吸 眠気を誘う自律神経コントロール もすぐに眠れないのは、神経がまだ緊張状態で、自律神経リラックスモードである副交感神経に切り替えられていないためです。毎日の生活の中で、つねに自律神経にコントロ …

体の疲労

質のいい睡眠のためには頭の疲れより体の疲れが大事

体の疲れ 熟睡するための運動がある 人は、夜になると自然に眠くなります。これは、ひとつに「体内時計」の働きがあります。そしてもうひとつが「睡眠物質」です。 現在、多くの睡眠物質が確認されており、30~ …

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …