質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

投稿日:

ストレッチ

ストレッチ

肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る

ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでしょう。
血行が悪いと手足からの熱放出がうまくできず、深部体温を下げることができないので、血行を改善します。そのために最適なのがストレッチ。
ストレッチは「伸ばす・広げる・伸張する」という意味でスポーツの分野だけではなく、リハビリなど医療の分野でも広く活用されています。
ストレッチは、入眠スイッチだけでなく、血行を促進して冷え性を改善するなど、さまざまな効果があります。

  • 緊張をほぐし快眠につなげる
  • 血行をよくし熱放出を促進して寝やすくする
  • 筋肉と関節の柔軟性を高める
  • 神経機能向上

身体の固くなった筋肉を、ストレッチによってゆっくり伸ばすと血管が収縮します。すると、筋肉内に蓄えられていた血液が一気に流れ出して血行がよくなります。

血行が改善すれば、体中の細胞に必要な栄養素や酸素が届けられ、細胞活発になり、眠りの質も向上するのです。ただし、筋肉を無理に伸ばそうとすると、筋肉や腱を痛めるおそれがあるので、自分が気持ちいいと感じる範囲内で試します。

呼吸を止めると筋肉は緊張してしまうので、ゆっくりと息を鼻から吸って口から吐きながら行います。寝つきが悪い方は、寝る前のストレッチを毎日の習慣にすると、柔軟性がアップするだけではなく、質の高い眠りが得られるようになります。

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夜型から朝型にかえる

夜型→朝型に変えることで快眠体質に

夜型から朝型にかえる 夜型と朝型タイプ 世の中には本当は夜型なのに、朝型生活を強いられている人もたくさんいます。当然、逆もあります。しかし、無理なく朝型に生活習慣を変えることができるのでそのポイントで …

起きたときに体が痛くない寝具を選ぶ

熟睡できる寝具 起きたときに首や背中、腰が痛くない寝具がベストで自分に合っていものといえるでしょう。布団を選ぶ条件は、寝返りが打ちやすいことが第一条件です。通常、仰向けで寝るのが一般的ですから大事な条 …

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れない時は無理して眠ろうしない 眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。眠れない …

専門医

最終的にどうしても眠れないのなら専門医を受診する

専門医 睡眠薬はドラッグストアーでも手軽に手にはいるけれどまずは専門医を受診 テレビCMでもおなじみの日本初の睡眠改善薬「ドリエル」が発売と同時に話題となったのももう10年以上前になります。当時は、ま …

牛乳

牛乳には安眠物質がダブルで含まれる

牛乳 日本人はどうしてもカルシウム不足に陥りがちです。ビタミン剤にもカルシウムをブレンドしたものが増えています。カルシウムには骨の衰えを防ぐ効果とともに鎮静作用があります。 そのあたりがストレスの多い …