質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

就寝前の行動が快眠への重要なポイントになる

投稿日:2016年3月31日 更新日:

就寝前1時間は刺激物はNG

快眠のためにはいかに就寝前に心身をリラックスできるかが大きなポイントになりますが、もっと突きつめていくと、寝る1時間前の過ごし方が大事になります。
布団に入る前の1 時間は、カフェイン入りのドリンク(コーヒー、緑茶など)やメールチェックなどによる目の刺激を避けること。
また直前にお風呂に入るのも体がほてってしまうためおすすめできません。お酒やタバコの習慣がある人は、寝る前にはなるべく避けるようにしたいものです。

布団に入るまでは自由でいい

寝る前の1時間の目的はあくまでも「心身のリラックス」であり、入眠のための準備です。本を読んだり、音楽を聴いたり、ストレッチをしたりなど、あまり頭を使わない単純作業がおすすめです。

読書なら、料理や旅行など趣味関連の本がいいでしょう。しかし、ページをめくる手が止まらなくなる推理小説や冒険小説は、目がさえる原因になるので控えましょう。興奮してしまいやはり眠れなくなるでしょう。

また、音楽なら、クラシックやヒーリング音楽など穏やかでゆったりしたものを。アップテンポなダンスミュージックだと気分も高揚し、眠りから遠ざかってしまいます。

安眠には子守歌も最適。モーツァルトやシューベルト、ショパンの曲には、流れるような美しい旋律があり、聴いているだけでこころが安らぎます。ゆったりした気持ちになりリラックスできます。
モーツァルトの音楽には記憶力アップや美肌、安眠など、さまざまな効果があるともいわれています。
ストレスで眠れない人に「モーツァルト」がおすすめ!

布団はあくまでも寝るだけの場所。好きなことは布団の上以外でやります。心身ともにリラックスし、眠くなってから布団に入りましょう。布団を見たら眠くなるように脳にインプットすることが大切です。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

起きたときに体が痛くない寝具を選ぶ

熟睡できる寝具 起きたときに首や背中、腰が痛くない寝具がベストで自分に合っていものといえるでしょう。布団を選ぶ条件は、寝返りが打ちやすいことが第一条件です。通常、仰向けで寝るのが一般的ですから大事な条 …

専門医

最終的にどうしても眠れないのなら専門医を受診する 睡眠薬の前に大麦発酵酵素「セロトアルファ」も試してみよう!

睡眠薬はドラッグストアーでも手軽に手にはいるけれどまずは専門医を受診 テレビCMでもおなじみの日本初の睡眠改善薬「ドリエル」が発売と同時に話題となったのももう10年以上前になります。当時は、またたくま …

テンピュール オンブラシオピロー

枕が快眠枕でない場合の診断方法 おすすめ枕はテンピュール オンブラシオピロー

人間は進化の過程で大脳が発達し、その重みをバランスよく支えるため、頸椎部分が直線ではなくS字状にカーブをえがいています。 理想の眠りの姿勢は、立ったままの姿勢で横になれることです。枕は、この立ったまま …

二度寝

二度寝のススメ?

二度寝 二度寝 効果 二度寝の気持ちよさは、習慣化するとやめられなくなります。実際、二度寝は半数の人がしているという報告もあります。 約半数の人が朝、二度寝をしているのです。「二度寝はよくない」という …

いびきをかいている、悪夢を見ている時は不眠のサイン

いびきは放っておくと危険なこともある いびきは、本人以外非常に不快でストレスですが、じつは本人も熟睡できていないサインなのです。最近では、いびきと睡眠障害とメタボ(内臓脂肪症侯群)との密関連性が明らか …