質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

うたた寝のススメ

投稿日:

うたた寝・居眠り

うたた寝・居眠り

うたた寝や居眠りは悪くない!

生まれたばかりの赤ちゃんは、昼でも1日に何度も寝たり起きたりを繰り返します。人類の祖先もこのような眠り方をしていた時期があったという歴史があります。

野生の動物も同じで、1日数回に分けて睡眠を繰り返し、すぐ逃げられる睡眠の仕方で外敵から体の防衛をしています。これは「多相睡眠」といいます。

一方、現代人のように夜一定の時間まとめて寝ることを「単相睡眠」といいます。昼間仕事をして能率をあげる賢い眠り方ですが、はたして現代人は「単相睡眠」で睡眠を十分とれているのでしょうか。
日中眠くなるのは明らかに睡眠不足です。だから、うたた寝や居眠りは、夜の睡眠を補うために人類が身につけた、多相睡眠の本能による生理現象といえるでしょう。

夜間に十分な睡眠が確保できずに寝不足の人はどんどん居眠りをすればいいのです。仮眠の効果を最大限に生かして「プチ多相睡眠」を実践すべきなのです。

これも寝すぎると逆効果となるので注意が必要です。お昼寝についは、こちらに習慣化することで睡眠の質をあげる方法が紹介されています。

サイト名:初心者にもわかりやすいコンテンツ – 健康&美容(睡眠)お昼寝
URL
http://www5a.biglobe.ne.jp/~wahuu/sleep/2.html

アメリカの実験では、「45分以内の昼寝で、仕事の能率が3割~4割アップし、判断力は5割増す」との実験結果が出ています。

日本での実験でも、約45日にわたって昼休みに15分の仮眠をとりつづけた生徒に明らかな学力向上がみられ、難関大学への合格率も高まったというものですこれもかなり興味深い結果です。
これらの実験結果を見ても、昼寝をすると「睡眠不足の解消」「集中力を高める」「やる気がアップ」というすばらしい効果があることがわかります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

睡眠不足

今日の睡眠不足は今日のうちに精算してしまう

睡眠不足 夜更かしで足りない睡眠不足は負債と考える どんなにたくさん寝ても「寝貯め」ができません。休みの日にまとまった睡眠をとって、日ごろの睡眠不足が解消できたらどんなにいいでしょう。実際、寝過ぎは体 …

エスプレッソコーヒー

PC操作はエスプレッソコーヒーと同等の睡眠障害

エスプレッソコーヒー パソコンモニターを見るだけで「睡眠ホルモン」が停止してしまう ブルーライトはテレビやパソコン、携帯電話のディスプレイから多く発している青い光のことです。ブルーライトについて専門的 …

夜型から朝型にかえる

夜型→朝型に変えることで快眠体質に

夜型から朝型にかえる 夜型と朝型タイプ 世の中には本当は夜型なのに、朝型生活を強いられている人もたくさんいます。当然、逆もあります。しかし、無理なく朝型に生活習慣を変えることができるのでそのポイントで …

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …

就寝前の過ごし方

就寝前の行動が快眠への重要なポイントになる

就寝前1時間は刺激物はNG 快眠のためにはいかに就寝前に心身をリラックスできるかが大きなポイントになりますが、もっと突きつめていくと、寝る1時間前の過ごし方が大事になります。 布団に入る前の1 時間は …