質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

投稿日:

ノンレム睡眠・レム睡眠

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる

眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り返して浅い眠りになります。

一番、浅い眠りのときにレム睡眠に切り替わり、脳が起きている状態が10~20分ほど続いた後、またノンレム睡眠時間帯に入り、眠りを深めます。

この一連の周期は通常90分。この2つの睡眠を交互に繰り返すことで、体と脳の両方を回復させています。どちらか一方では、昼間に効率のいい集中力のある仕事や勉強はできません。仕事のできるビジネスマンは、夜の睡眠の質が高く昼間の集中力が高いのです。
そしてこのノンレム睡眠とレム睡眠をコントロールしているのも脳です。脳には「眠る脳」と「眠らせる脳」があります。眠る脳は記憶をためておく大脳で、睡眠中は休息します。
一方、眠らせる脳は視床下部にあり、睡眠と目覚め、ノンレム睡眠とレム睡眠の切り替えを司令しています。

  • ノンレム睡眠
    ノンレム睡眠の目的は、ストレスの消去やホルモンの分泌です。大脳も体も休んでいます。このときに新陳代謝が促進され、免疫機能が高まって細胞の修復がおこなわれます。肌が改善するのもこの睡眠のときです。ノンレム睡眠のときに起こされると、脳も体も眠気が強く、寝足りない気分になります。居眠りや昼寝のほとんどがノンレム睡眠といわれています。
  • レム睡眠
    レム睡眠の目的は、筋肉の疲労回復と記憶の固定化です。体は休んでいますが、大脳が活動している状態です。このとき脳が活発に動いているのは、記憶の「整理」と「再構築」をするため。情報を覚えたり整理したりする過程で夢を見るのです。眠りがもっとも浅くなっているのでこのとき目覚めると、朝さわやかに起きることができます。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

就寝前の過ごし方

就寝前の行動が快眠への重要なポイントになる

就寝前の過ごし方 就寝前1時間は刺激物はNG 快眠のためにはいかに就寝前に心身をリラックスできるかが大きなポイントになりますが、、もっと突きつめていくと、寝る1時間前の過ごし方が大事になります。 布団 …

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れない時は無理して眠ろうしない 眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。眠れない …

テンピュール オンブラシオピロー

枕が快眠枕でない場合の診断方法 おすすめ枕はテンピュール オンブラシオピロー

人間は進化の過程で大脳が発達し、その重みをバランスよく支えるため、頸椎部分が直線ではなくS字状にカーブをえがいています。 理想の眠りの姿勢は、立ったままの姿勢で横になれることです。枕は、この立ったまま …

睡眠は量より質

質をより高くする熟眠感

睡眠は量より質 睡眠は時間より質重視、眠りの集中力をアップ 忙しい現代人がやりたいことややらなければいけないことを優先しなければいけないときは、削るのは睡眠時間になてしまいます。 あと10分でも5分で …

体の疲労

質のいい睡眠のためには頭の疲れより体の疲れが大事

体の疲れ 熟睡するための運動がある 人は、夜になると自然に眠くなります。これは、ひとつに「体内時計」の働きがあります。そしてもうひとつが「睡眠物質」です。 現在、多くの睡眠物質が確認されており、30~ …