女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

ふたつの女性ホルモン

生理があっても排卵していない プレ更年期 に注意

投稿日:

生理があっても排卵していない プレ更年期 とはどういことでしょうか? 更年期 を迎える前の10年位の期間、30代後半~40代前半に 更年期 障害と同じような症状が現れる場合があり、これを プレ更年期 と呼びます。

プレ更年期

プレ更年期

多くの女性が 若さの衰え を感じはじめるのは、30代後半からです。多くの女性が、漠然と、「そんなものかな?」ととらえていらっしやるようですが、からだの中で大きな変化が起きていることをご存じでしょうか。

実は、その頃から、排卵が行われていない「無排卵月経」がはじまっています。本来であれば、生理ごとに、毎回卵巣から排卵が行われるのですが、卵巣機能の低下がはじまり、排卵がないままに生理を迎えるということが、起こってくるのです。

30代後半以降も生理は続くため、毎回排卵が起きていると思われている方は少なくありません。しかし、実際には、無排卵月経の頻度は年を追うごとに増え、やがて、完全に排卵がなくなって、閉経に至るのです。

近年、よく聞かれるようになった プレ更年期 というのは、ちょうど無排卵月経がはじまる30代後半から40代前半までの時期に起こります。症状は人それぞれですが、イライラする、よく眠れない、頭痛がする、肌が荒れる、性欲が落ちるなど、更年期に似た不快な症状が表れます。

そして、この プレ更年期 の症状も、ホルモン量の低下と、エストロゲン優勢が大きく関係していると考えられるのです。

実際、無排卵月経がはじまる30代後半頃から、プレ更年期が起きたり、 PMS がひのどくなったりする人や、あるいは、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫など、婦人科の病気にかかる人が増えてきます。

病気はもちろん、精神的に落ち着かなかったり、肌荒れなどがあっては、毎日を若々しく過ごすことはどうしても難しくなってしまうでしょう。

ですから、 プレ更年期 のような症状が表れはじめたら、できるだけ プロゲステロン の減少を抑え、余計に エストロゲン が増えないように、食事や習慣を整えていくことが、若さと健康を保つために欠かせないのです。

また最近では、卵巣年齢を予測するホルモンとして、 AMH (抗ミュラー管ホルモン) が測定できるようになっています。血液中の AMH は発育課程にある卵胞から分泌されるホルモンで、卵巣内にどれくらいの卵の数が残っているかを反映していると考えられています。妊娠を希望している方で、自分の卵巣年齢が気になる方は、妊括をする前に一度測っておくとよいかもしれません。

-ふたつの女性ホルモン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本の ホルモン治療 はNGだった?

日本の ホルモン治療 はNGだった? 40歳を過ぎて なんだか、気分が冴えない 体調が優れない と感じた女性が婦人科などの病院を受診すると、 更年期障害 の諸症状を緩和するために、 ホルモン治療 を勧 …

エストロゲン優位の状態が 女性特有の病気 を招く

若い頃は、誰しも病気とはあまり稼がないものです。しかし、40歳を過ぎると、男性も女性も、病院を訪れる人が急に増えはじめます。 特に女性の場合、それまであまり経験がなかった婦人科系の病気になることが増え …

女性の若さと健康は ホルモン が握っている

ホルモン は、年齢の割に若々しく見える女性、そして年齢の割に老けて見えてしまう女性の違いに大きく影響しています。ホルモン とはどのような働きをしているのでしょうか?2つの ホルモン が相互に働いていま …

穏やかで優しい女性も元気ないきいき女性もホルモンが関係 している

穏やかで優しい女性も元気ないきき女性もホルモンが関係 していることはご存じでしょうか? 「あの人、いつまでも若々しくて素敵だね」と言われる人とそうでない人の違いは、なにも見た目だけではないでしょう。 …

大事なのは エストロゲンとプロゲステロンのバランス にある

エストロゲン プロゲステロン については紹介しましたが、女性ホルモンといえば、 エストロゲン をイメージする人が大半です。 プロゲステロン は知らない方でも、 エストロゲン という言葉を聞いたことがな …