女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

ふたつの女性ホルモン

骨粗鬆症 はカルシウム不足よりホルモンの影響大

投稿日:

骨粗鬆症 はカルシウム不足よりホルモンの影響大 です。いつも背筋がピンと伸びた美しい姿勢でいる人や、足腰が強く身のこなしがしっかりしている人は、それだけで若々しく見えるものです。お年寄りでも腰がまがっていなければずいぶん若く見えるものです。

骨粗鬆症 はカルシウム不足よりホルモンの影響大

骨粗鬆症 はカルシウム不足よりホルモンの影響大

そのためには、骨が強いことは欠かせません。しかし、女性の場合、50歳を過ぎた頃から、骨粗鬆症になる人が急に増えます。多くの人が、カルシウム不足が原因と思われているようですが、

実は 女性ホルモン の減少こそが、その大きな要因のひとつなのです。骨は、 骨芽細胞 と 破骨細胞 というふたつの細胞がバランスよく働くことで作られています。

簡単にいえば、 破骨細胞 が古くなった骨を壊し、 骨芽細胞 が新しい骨を作る。そのバランスで成り立っています。そのため、 破骨細胞 の働きばかりが強くなると、いくら 骨芽細胞 が骨を作っても、骨はどんどんスカスカになってしまいます。

ここで登場するのが、 エストロゲン です。 エストロゲン には彼骨細胞を自然に死なせてしまう働きがあるので、 エストロゲン が十分にある場合は、骨が衰えていくのを抑えられます。

そして、 骨芽細胞 を増やす働きを持っているのが、 プロゲステロン です。つまり、女性は、 エストロゲン と プロゲステロン がバランスよくいい状態で保たれているうちは、骨の健康は守られているのですが、これらが減ってくると、急激に骨が弱くなっていく宿命にあるのです。

また、 更年期 に差しかかると歯が悪い女性が増えてきますが、これも、骨の健康状態の悪化と関係しています。歯は 歯槽骨 という骨によって支えられていますから、骨がぼろぼろになれば、当然、歯が抜けやすくなってしまうでしょう。

骨粗鬆症というと、カルシウム不足ばかりを気にする方が多いのですが、カルシウムを吸収して骨を強くするためには、 ケイ素 や マグネシウム といった ミネラル や、 ビタミンD や ビタミンK をとること、そして、女性ホルモンの低下を防ぐことが、女性の場合は欠かせないのです。

-ふたつの女性ホルモン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン は注意が必要です。実際のところ、 女性ホルモン はいつ頃から低下し、それにどうやって気づくものなのでしょうか。 基本的に、 女性ホルモン は30代後半から減り …

大事なのは エストロゲンとプロゲステロンのバランス にある

エストロゲン プロゲステロン については紹介しましたが、女性ホルモンといえば、 エストロゲン をイメージする人が大半です。 プロゲステロン は知らない方でも、 エストロゲン という言葉を聞いたことがな …

妊娠経験のない人は、より注意が必要

妊娠経験のない人は、より注意が必要 ということはどういうことでしょうか?最近は、生涯、妊娠・出産を経験しない女性も決して少なくありません。 よく、「出産していない女性は、している女性に比べて、婦人科系 …

エストロゲン優位の状態が 女性特有の病気 を招く

若い頃は、誰しも病気とはあまり稼がないものです。しかし、40歳を過ぎると、男性も女性も、病院を訪れる人が急に増えはじめます。 特に女性の場合、それまであまり経験がなかった婦人科系の病気になることが増え …

更年期障害が若年化 30歳からはじまってしまう人も

最近は、更年期障害が若年化 しています。どういったことが原因でしょうか?30歳代で婦人科を受診する人が急増しています。 更年期障害が若年化 女性が人生のうちに、必ず通ることになる 更年期 。これは、避 …