女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

ふたつの女性ホルモン

片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因

投稿日:

女性に比較的多い 片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因 があるものがあります。
エストロゲン優勢によって引き起こされる症状は多岐にわたりますが、一見、婦人科とはまるで関係がなさそうなものも少なくありません。

片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因

片頭痛 不眠 胃腸トラブル エストロゲンに原因

そのひとつが、 片頭痛 です。ご存じのように頭の 片側で起こる頭痛 で、その原因はまだ完全には解明されていません。

何らかの原因により脳の中の血管が異常に拡張することで痛みが出るもので、そうした現象が疑われる場合は頭全体が痛くても 片頭痛 に分類されることがあります。

程度は人によってさまざまで、少し頭が重い程度の方もいれば、耐えがたいほどの痛みを感じる方や、吐き気を感じる方もいます。 エストロゲン には血管を拡張させる作用があるため、女性の片頭痛は エストロゲン によって引き起こされているケースが少なくありません。

プロゲステロン には血管の緊張を和らげて拡張を抑える作用があるので、エストロゲン優勢状態が解消されれば、片頭痛も解消されます。

便秘、下痢、胃痛、吐き気といった胃腸系トラブルが習慣的に起きる場合も、女性ホルモンの乱れが疑われます。よく、生理前になると便秘をする、生理中に下痢をする方がいますが、それは、女性ホルモンのバランスが胃腸の働きに影響を与えているからです。

ストレスや腸内細菌など、ほかの要因も複雑に関係していますが、 プロゲステロン にはこうした胃腸系のトラブルを改善する効果があるので、 エストロゲン優勢 状態が解消すると症状が消えることがあるのです。

また、よく眠れない、眠りが浅いといった睡眠障害も、女性ホルモンの乱れと関係があります。

実際、生活習慣の改善や治療によって プロゲステロン 値が上がってきた方からは、「よく眠れるようになつた」という声が多く聞かれます。

片頭痛も胃腸系トラブルも睡眠障害も、ホルモン以外の要因がからんでいることはあります。でも、40代、50代の女性の場合、 女性ホルモン のバランスが整うと、こうした症状が改善される方は、決して少なくないのです。

 

-ふたつの女性ホルモン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性の若さと健康は ホルモン が握っている

ホルモン は、年齢の割に若々しく見える女性、そして年齢の割に老けて見えてしまう女性の違いに大きく影響しています。ホルモン とはどのような働きをしているのでしょうか?2つの ホルモン が相互に働いていま …

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン

やる気がでない 性欲が減退 要注意サイン は注意が必要です。実際のところ、 女性ホルモン はいつ頃から低下し、それにどうやって気づくものなのでしょうか。 基本的に、 女性ホルモン は30代後半から減り …

日本の ホルモン治療 はNGだった?

日本の ホルモン治療 はNGだった? 40歳を過ぎて なんだか、気分が冴えない 体調が優れない と感じた女性が婦人科などの病院を受診すると、 更年期障害 の諸症状を緩和するために、 ホルモン治療 を勧 …

血管系の深刻な病気にも悪影響

血管系の深刻な病気にも悪影響 とはどういったことでしょうか?女性の中には、年をとって女性ホルモンが低下して、多少見かけが老けたり、体力が落ちたりしても、まあ、仕方がない と、あまり気にしない方もいらっ …

エストロゲン優位の状態が 女性特有の病気 を招く

若い頃は、誰しも病気とはあまり稼がないものです。しかし、40歳を過ぎると、男性も女性も、病院を訪れる人が急に増えはじめます。 特に女性の場合、それまであまり経験がなかった婦人科系の病気になることが増え …