質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

二度寝のススメ?

投稿日:

二度寝

二度寝

二度寝 効果

二度寝の気持ちよさは、習慣化するとやめられなくなります。実際、二度寝は半数の人がしているという報告もあります。
約半数の人が朝、二度寝をしているのです。「二度寝はよくない」という罪悪感がどうしてもつきまといますが、じつは二度寝にはメリットもたくさんあります。

なぜ、二度寝はいいのでしょうか? 夜、体内ではストレスに対抗するホルモン「コルチゾール」が目覚める1~2 時間前から増えはじめます。
これは「幸せホルモン」ともいわれる脳内物質です。
脳はストレスに勝つホルモンを朝方シャワーのように浴びて1日の活動の準備を開始します。二度寝しているときもこの「残存効果」が継続していると考えられます。

二度寝のまどろみがとても心地よく、幸せな気分に包まれるのはこのコルチゾールのおかげともいえるのです。さらに、二度寝でウトウトしている浅い眠りのときには、リラックスしたときに出るアルファ波が脳から出るのと同時に、「エンドルフィン」も分泌していると考えられています。

エンドルフィンは脳内麻薬ともいわれ、好きな音楽や小川のせせらぎ、波の音を聞いたときにも出るホルモンで、心身をリラックスさせ、ストレス解消効果があるものです。

自然音と穏やかな音楽のCDアルバム(一覧)はこちら。

就寝前に聴くと快眠できるのはこのためです。オルゴールなどのCDでも同様の効果があります。

ちなみに3度寝、4度寝はNGです。スッキリと目覚めるためのルールは、「二度寝は1 回だけ」「時間は5~10分」です。10分以上寝てしまうと深い眠りに落ちてしまい、寝坊する原因となります。

目覚めたら目覚まし時計を10分後にセットし、5分程度の二度寝を楽しみます。たった5分でも「寝たなあ」という充足感を味わうことができるでしょう。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

体の疲労

質のいい睡眠のためには頭の疲れより体の疲れが大事

体の疲れ 熟睡するための運動がある 人は、夜になると自然に眠くなります。これは、ひとつに「体内時計」の働きがあります。そしてもうひとつが「睡眠物質」です。 現在、多くの睡眠物質が確認されており、30~ …

ストレッチ

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでしょう。 血行 …

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。 眠れないのに布団の中にいると、むしろ寝つ …

昼間の睡魔

昼間の強烈な睡魔について

昼間の睡魔 生体リズムによって起こる「午後の眠気」はやむを得ない l日24時間の周期で、生体リズムがあります。これは、宇宙のリズムそのものです。そのリズムを基礎にして睡眠と覚醒、ホルモンの分泌量、体温 …

電車の中でのうたた寝

帰宅途中の電車の中でのうたた寝はNG

電車の中でのうたた寝 電車の中でのうたた寝も時間帯に注意 通勤、通学の電車の中でのうたた寝が毎日の習慣になっている人も多いはずです。 電車の揺れる心地よいリズムに誘われて眠ってしまう人も多いと思います …