質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

夜型→朝型に変えることで快眠体質に

投稿日:2016年2月27日 更新日:

夜型から朝型にかえる

夜型から朝型にかえる

夜型と朝型タイプ

世の中には本当は夜型なのに、朝型生活を強いられている人もたくさんいます。当然、逆もあります。しかし、無理なく朝型に生活習慣を変えることができるのでそのポイントです。

急に起床時間を変えると体がその変化に適応できずにストレスがかかるので、少しずつ変えるのがポイントです。具体的なやり方は「1日10分ずつ起床時刻を早くしていく」ことです。
これなら精神的にも身体的にも負担はありません。1週間もつづければ、1時間は起床時刻を早くすることができます。毎日ちょっとのことであれほど辛かった朝の時間に「ゆとり」ができます。

朝きちんと起きられれば、夜も自然に眠くなります。布団に入る時刻をまず決めて、布団に入ったら電気を消し、すぐに横になります。

しっかり朝、起きられないと、日中の集中力を高めることができないのです。夜はリラックスする時間、寝る時間というルールが自分の中で確立されれば、日中の集中力が格段にアップして、高いパフォーマンスを発揮できるようになります。夜は、リラックスして脳を休める時間にします。脳も休める時間、働く時間などを覚えることができます。

脳のトレーニング「脳のための睡眠時間は6時間以上」ですから6時間以上の睡眠時間も大切です。

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …

テンピュール オンブラシオピロー

枕が快眠枕でない場合の診断方法 おすすめ枕はテンピュール オンブラシオピロー

人間は進化の過程で大脳が発達し、その重みをバランスよく支えるため、頸椎部分が直線ではなくS字状にカーブをえがいています。 理想の眠りの姿勢は、立ったままの姿勢で横になれることです。枕は、この立ったまま …

目覚まし時計

目覚まし時計なしで起床する

目覚まし時計 自己暗示で自然に目が覚める 目覚まし時計の音が朝の一番のストレスだと感じている人は多いものです。誰でも自然に目が覚めるのが、もっとも心地よい目覚め方です。 人間には起きたい時刻に起きるこ …

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れない時は無理して眠ろうしない 眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。眠れない …