質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

最終的にどうしても眠れないのなら専門医を受診する

投稿日:2016年4月14日 更新日:

専門医

専門医

睡眠薬はドラッグストアーでも手軽に手にはいるけれどまずは専門医を受診

テレビCMでもおなじみの日本初の睡眠改善薬「ドリエル」が発売と同時に話題となったのももう10年以上前になります。当時は、またたくまに大ヒット商品になりました。
どうしても眠れないときの睡眠改善薬(睡眠鎮静薬)
多くの人が不眠だということです。

この薬は処方せんなしで購入できますが、強いストレスで突然の睡眠障害に襲われたときなどは、睡眠の専門医を受診したほうがいいでしょう。
不眠改善には睡眠薬を処方してもらうのがおすすめです。現在もっともよく処方されている睡眠薬が「ベンゾジアゼピン系」です。睡眠薬についてはこちら
そして副作用を抑えた薬が「非ベンゾジアゼピン系」。
ほかにもすでに日本では睡眠ホルモン「メラトニン」と同じようなはたらきをする薬も使われています。ここで薬を服用する際の注意点は、お酒は厳禁ということです。
アルコールは睡眠薬の効果を助長し、薬が効きすぎたりして思わぬ事故につながります。はじめて服用する場合には、ふらつきにも注意します。筋肉の緊張をやわら
げる作用があり、夜中にトイレに起きたときにふらつく可能性もあるので注意します。

薬にはやっぱり頼りたくないという人には、最近は、大麦の成分などを利用した酵素などもあります。「快眠ぐっすり酵素」の口コミはこちら

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …

お酒

寝酒はNG

お酒 寝酒は快眠とは逆の作用として働く アルコールを飲まないと入眠できない人は多いものです。そして習慣化してしまうとお酒を飲まないと寝られないと思い込んでしまうケースが多いのも現状です。 たしかにアル …

体の疲労

質のいい睡眠のためには頭の疲れより体の疲れが大事

体の疲れ 熟睡するための運動がある 人は、夜になると自然に眠くなります。これは、ひとつに「体内時計」の働きがあります。そしてもうひとつが「睡眠物質」です。 現在、多くの睡眠物質が確認されており、30~ …

睡眠不足

今日の睡眠不足は今日のうちに精算してしまう

睡眠不足 夜更かしで足りない睡眠不足は負債と考える どんなにたくさん寝ても「寝貯め」ができません。休みの日にまとまった睡眠をとって、日ごろの睡眠不足が解消できたらどんなにいいでしょう。実際、寝過ぎは体 …

たまねぎ

快眠効果のある食材は刻んだたまねぎ

たまねぎ たまねぎの香りに驚くべき効果 自宅以外の床で寝る際に自分の枕じゃないと眠れないという人がいますが、使い慣れた枕で安眠できるのは、高さや硬さなどの形状以上に、「自分の匂い」にほっとするからだと …