質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

日曜日の休みの後の月曜日が憂鬱になる

投稿日:2016年2月23日 更新日:

ブルーマンデー

ブルーマンデー

月曜日の憂鬱「ブルーマンデー」について

日曜日の夜、夕飯を食べながらサザエさんを見ていると、「明日は仕事かぁ」と考えて憂鬱にり、会社に行きたくないなと思ったりします。気分も沈みがちです。

月曜日は1週間の始まり。5~7日で集中力を高めるように実力を発揮できるかどうかは、この日が重要になるのは言うまでもありません。つまり、月曜日がブルーになる原因は、週末の過ごし方が大きく影響します。
日曜日をどのように過ごすか?自己診断してみましょう。

  1. 金曜日に仕事から解放されついついお酒を飲みすぎてしまった
  2. 日曜日は、前日、好きなことをして遅くまで昼くらいまで寝ていた
  3. 日中も疲れを解消しようと寝すぎたせいで、夜になっても眠くならずにずっと起きていてい

3つともあてはまる人はまさにブルーマンデーです。週末の過ごし方、生活習慣を見直さなければいけません。

平日に不足した睡眠時間を週末に返済するのは非常に大切です。とはいえ、週末にまとめて寝る「寝だめ」はブルーマンデーを引き起こします。ブルーマンデーを避けるためには2つのポイントが大切です。

  • 起床時刻は、平日プラス1.5時間以内
  • 午後3時以降の仮眠はしない

休日にまとめてたくさん寝ることで睡眠日頃の睡眠不足を補うのはいいのですが、平日と睡眠リズムが大きく異なる週末を過ごすと、平日モードに戻るのが難しくなります。

たとえばいつも23時就寝、5時起床の人は、休日どんなに眠くても6時30分には起きるようにします。寝足りない場合は30分以内の昼寝や仮眠で補えばいいでしょう。
しかし15時以降に昼寝をすると、夜眠れなくなってしまい、さらに睡眠リズムを崩しかねませんから注意しなければいけません。
昼寝は短時間でも効果があることがわかっています。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

就寝前の過ごし方

就寝前の行動が快眠への重要なポイントになる

就寝前の過ごし方 就寝前1時間は刺激物はNG 快眠のためにはいかに就寝前に心身をリラックスできるかが大きなポイントになりますが、、もっと突きつめていくと、寝る1時間前の過ごし方が大事になります。 布団 …

いびきをかいている、悪夢を見ている時は不眠のサイン

いびきは放っておくと危険なこともある いびきは、本人以外非常に不快でストレスですが、じつは本人も熟睡できていないサインなのです。最近では、いびきと睡眠障害とメタボ(内臓脂肪症侯群)との密関連性が明らか …

うたた寝・居眠り

うたた寝のススメ

うたた寝・居眠り うたた寝や居眠りは悪くない! 生まれたばかりの赤ちゃんは、昼でも1日に何度も寝たり起きたりを繰り返します。人類の祖先もこのような眠り方をしていた時期があったという歴史があります。 野 …

勤務シフト

生活が不規則になる人はそれに対応した生活習慣を身につける

勤務シフト 体への負担をできる限り減らした勤務 医師や看護師、介護職、24時間営業のサービス業、3交代制の工場での仕事など、徹夜を含めたシフト制の職場で働いている人は、勤務時間が日によって大きく異なる …

お酒

寝酒はNG

お酒 寝酒は快眠とは逆の作用として働く アルコールを飲まないと入眠できない人は多いものです。そして習慣化してしまうとお酒を飲まないと寝られないと思い込んでしまうケースが多いのも現状です。 たしかにアル …