質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

枕が快眠枕でない場合の診断方法 おすすめ枕はテンピュール オンブラシオピロー

投稿日:2017年8月6日 更新日:

人間は進化の過程で大脳が発達し、その重みをバランスよく支えるため、頸椎部分が直線ではなくS字状にカーブをえがいています。
理想の眠りの姿勢は、立ったままの姿勢で横になれることです。枕は、この立ったままの姿勢に近づけるために、頸椎を自然なかたちで支えるアイテムなのです。
基本的に、枕は「これが眠りやすい」と本人が感じられるものであればよいと思いますが、快眠できない人からすれば、どのような枕が理想なのか、やはり気になるところでしょう。
次のような場合には、枕が頭にあっていないことが考えられます。

  1. 朝起きたときに首や肩のまわりがこっている
  2. この場合、枕があわずに、睡眠中に無理な姿勢をしていることが考えられます。

  3. 気がつくと枕がはずれている
  4. この場合、枕が高すぎるために無意識のうちにはずして、脳への血流を回復しようとしていると考えられます。

  5. いびきをかく
  6. いびきは気道がふさがれ確保されないときにかくので、枕が高すぎると考えられます。

  7. 寝相が悪い、頭のおさまりが悪い
  8. これは、枕の材料がかたよってしまい、頭が動いてしまうことが原因と考えられます。

ちょうどよい高さの目安は、傾斜5度の傾きです。天井に向かって、顔が真上を向くのではなく、やや下を向き、顎を少し引いた感じになります。
それから、後頭部の部分は突き出ているのが普通ですから、枕の中心がへこんでいること。頸椎はカーブしていますから、首筋の部分が高くなっていること。などが条件として上げられます。

テンピュールのオンブラシオピローは、どのような寝姿勢でも良いですが、特に、うつぶせで眠る人のために考えられた枕です。うつぶせになって寝ても呼吸がしやすくて圧迫感が少なく、独特のカーブ形状によって首や背中に負担がかかりにくいように研究されています。上半身を持ち上げ、首や背中のゆがみを減らすことでまっすぐな姿勢を保ちます。

やわらかめのふっくらした寝心地で、適度なボリュームで頭部をしっかり支えます。

テンピュールの10周年記念につくられたこともあり、ローマ数字の「X=10」を思わせるデザイン。そして、抱きしめやすい形です。
表面はストレッチ素材、サイド部分はメッシュ仕様になっていて通気性が抜群。ムレを軽減し、快適な寝心地です。
内部は細かくカットされたチップ状のテンピュール素材で、やわらかな感触。好みの厚さに調整することもできます。

このように、快眠を追求したこだわりの工夫と形状で、うつぶせ寝はもちろん、そのほかの寝姿勢にも対応して、快適な睡眠をサポートします。
テンピュール正規品は、安心の3年保証付きです。

テンピュールには、ほかにも快眠のための枕が揃っています。

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


  1. […] 枕が快眠枕でない場合の診断方法 おすすめ枕はテンピュール オンブラシオピロー […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れない時は無理して眠ろうしない 眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。眠れない …

睡眠中

入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる

睡眠中 眠りはじめの3時間が深い眠りの時間帯 朝、心身共にすっきり爽快に目覚めるのは、どんなときでしょうか?よく眠れたときや疲れがとれて体が軽く感じるときではないでしょうか? 「よく眠れた!」という満 …

睡眠不足

今日の睡眠不足は今日のうちに精算してしまう

睡眠不足 夜更かしで足りない睡眠不足は負債と考える どんなにたくさん寝ても「寝貯め」ができません。休みの日にまとまった睡眠をとって、日ごろの睡眠不足が解消できたらどんなにいいでしょう。実際、寝過ぎは体 …

パジャマ

眠りはじめてから3時間を質のいい眠りにするために大切なこと

睡眠の質を高めるために大切な条件(温度・湿度) 暑い夏の夜になかなか寝付けなかったりすると朝起きたときに眠れた気がしないことがあります。これは、眠りはじめの3時間がよく眠れなかったり、質のいい睡眠にな …

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …