質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

起きたときに体が痛くない寝具を選ぶ

投稿日:2016年1月28日 更新日:

6f05f80c5d5736872b3e5f1f2f7b2d6c_s

熟睡できる寝具

起きたときに首や背中、腰が痛くない寝具がベストで自分に合っていものといえるでしょう。布団を選ぶ条件は、寝返りが打ちやすいことが第一条件です。通常、仰向けで寝るのが一般的ですから大事な条件となります。

敷き布団

「あお向けに寝たときに、背骨が立っているときと同じゆるやかなS字カーブがキープできることが快眠の条件です。やわらかすぎると重みで体が沈みこんで、腰に負担がかかります。逆に、硬すぎると体重が肩と腰に集中し、目覚めたときに体が痛くなりますから、ベストな硬さを見つけるの実際に寝てみないとわかりません。

平均的に6~10センチの高さが快眠に最適といわれています。低反発枕はフィット感が高い反面、通気性がいまひとつですが、最近はまる洗いできるものも登場しています。
快眠・安眠のための枕(一覧)はこちら。

掛け布団

重すぎる布団はNGです。寝返りがしにくく、体への圧迫感が大きいため、目覚めたときに疲労感が残ってしまいます。人間は一晩でコップ1杯(200CC)もの汗をかくといわれていますから、湿気がとれやすく、保温性もあり、重すぎないものがベスト。
それらすべてを満たすのは羽毛布団です。

湿気をとるには、定期的に布団を干す、綿の打ち直しをおこなうなどのメンテナンスも大切です。日なた干し(羽毛は風通しのよい日陰でも可、外に干せなければ布団乾燥機を使うした後は、ダニが飛び散るのでパンパンと叩かず、ブラシや掃除機で吸い取ります。最近は、布団用の掃除機もあります。

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …

ストレッチ

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

ストレッチ 肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでし …

夜型から朝型にかえる

夜型→朝型に変えることで快眠体質に

夜型から朝型にかえる 夜型と朝型タイプ 世の中には本当は夜型なのに、朝型生活を強いられている人もたくさんいます。当然、逆もあります。しかし、無理なく朝型に生活習慣を変えることができるのでそのポイントで …

昼間の睡魔

昼間の強烈な睡魔について

昼間の睡魔 生体リズムによって起こる「午後の眠気」はやむを得ない l日24時間の周期で、生体リズムがあります。これは、宇宙のリズムそのものです。そのリズムを基礎にして睡眠と覚醒、ホルモンの分泌量、体温 …

たまねぎ

快眠効果のある食材は刻んだたまねぎ

たまねぎ たまねぎの香りに驚くべき効果 自宅以外の床で寝る際に自分の枕じゃないと眠れないという人がいますが、使い慣れた枕で安眠できるのは、高さや硬さなどの形状以上に、「自分の匂い」にほっとするからだと …