質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

目覚めがいつも不機嫌な人にはチョコレートが効く

投稿日:2016年3月5日 更新日:

チョコレート

チョコレート

目覚めの大事な3つの習慣

どんなに眠くても仕事や学校に行く日の朝は起きなければいけません。しかし、夜更かしをした日、また、忙しくて睡眠時間が足りなければ、朝は起きるのが大変です。

寝起きが悪いのは、体が活動する状態になっていないということです。朝、さわやかに目覚めるためのエンジンをかける3つのステップがあります。

  1. 目覚めのためのおやつを口にする(血糖値をあげる)
  2. 朝食
  3. 熱めのシャワーを浴びる(交感神経を優位にする)

チョコレートなどで目覚めの脳への栄養を補給したら、次は朝食食べて体温を上げ、体をシャツキリさせます。朝食を食べる時間がない人、食欲がない人にはバナナがおすすめ。
目覚めを促すセロトニンの原料「トリプトファン」がたくさん含まれています。

そして、冷え性、低血圧などで目覚めが悪い人に効果的なのが「熟めのシャワー」です。体を起こすには体温と血圧を上げることが大切。シャワーの刺激で活動のスイッチが入り、日中活動するときに働く交感神経が活発になります。
このときの適温は40~42度。熱いシャワーを浴びると、ヒートショックプロテインというたんばく質がつくられ、傷ついた細胞を修復し、免疫機能を高めるという相乗効果もあります。

朝、気持ちよく目覚められない人の生活習慣になっていないかチェックすることも必要です。
快眠できない人の睡眠の癖や状態」

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

腹式呼吸

腹式呼吸

腹式呼吸 眠気を誘う自律神経コントロール もすぐに眠れないのは、神経がまだ緊張状態で、自律神経リラックスモードである副交感神経に切り替えられていないためです。毎日の生活の中で、つねに自律神経にコントロ …

お腹がいっぱいとのきは、快眠できない!

夕飯は就寝前の3時間前にすませておくのが理想 現代人の生活習慣は、日増しに夜型になっていますが、それに合わせて夕食の時間も遅くなっています。就寝3時間前までに夕食を終えると翌朝の目覚めが断然よくないの …

電車の中でのうたた寝

帰宅途中の電車の中でのうたた寝はNG

電車の中でのうたた寝 電車の中でのうたた寝も時間帯に注意 通勤、通学の電車の中でのうたた寝が毎日の習慣になっている人も多いはずです。 電車の揺れる心地よいリズムに誘われて眠ってしまう人も多いと思います …

睡眠中

入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる

睡眠中 眠りはじめの3時間が深い眠りの時間帯 朝、心身共にすっきり爽快に目覚めるのは、どんなときでしょうか?よく眠れたときや疲れがとれて体が軽く感じるときではないでしょうか? 「よく眠れた!」という満 …

夜型から朝型にかえる

夜型→朝型に変えることで快眠体質に

夜型から朝型にかえる 夜型と朝型タイプ 世の中には本当は夜型なのに、朝型生活を強いられている人もたくさんいます。当然、逆もあります。しかし、無理なく朝型に生活習慣を変えることができるのでそのポイントで …