質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

目覚まし時計なしで起床する

投稿日:

目覚まし時計

目覚まし時計

自己暗示で自然に目が覚める

目覚まし時計の音が朝の一番のストレスだと感じている人は多いものです。誰でも自然に目が覚めるのが、もっとも心地よい目覚め方です。

人間には起きたい時刻に起きることができるのですこれは「自己覚醒能力」といいます。目覚まし時計なしで起きられる人(自己覚醒ができる人) は、目覚める約1時間前から、心地よい目覚めのカギとなる「副腎皮質刺激ホルモン」の分泌がゆるやかに上昇します。

それに対し、目覚まし時計で強制的に起こされた人の副腎皮質刺激ホルモンは上昇せず、目覚めの気分は最悪です。つまり、心地よい目覚めのカギを握る重要なホルモンが副腎皮質刺激ホルモンなのです。

副腎皮質刺激ホルモンは、脈拍や血圧を上昇させ、全身の細胞を活性化し、ストレス耐性を高めるはたらきがあります。自己覚醒ができる人は目が覚める前からこのホルモンを分泌することで、日中の活動のために脳と体の準備をはじめているのです。

目覚める前に副腎皮質刺激ホルモンを的確に分泌させるためには、何時に起きたいかを思いさえすればいいのです。

ポイントは「朝、6時に起きなきゃ」と自分にプレッシャーをかけるのではなく、「私は絶対に起きられる」と自分を信じて言い聞かせることです。すると体内時計がしっかりあなたの信頼に応えてくれるでしょう。
体内時計はこちら。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不安

不安で眠れないときは「寝逃げ」

不安 不安で眠れない時の対処法 寝ようとして床についても、さまざまなことが気になってなかなか眠れないことがあります。寝つきが悪い人は、悩みがちな傾向にあります。 どしたらいいだろう?、うまくいかなかっ …

ブルーマンデー

日曜日の休みの後の月曜日が憂鬱になる

ブルーマンデー 月曜日の憂鬱「ブルーマンデー」について 日曜日の夜、夕飯を食べながらサザエさんを見ていると、「明日は仕事かぁ」と考えて憂鬱にり、会社に行きたくないなと思ったりします。気分も沈みがちです …

勤務シフト

生活が不規則になる人はそれに対応した生活習慣を身につける

仕事によっては、不規則な勤務体系や時間外が多く睡眠についても苦労されている人がいるでしょう。こんな方法で快眠につながるかもしれません。 体への負担をできる限り減らした勤務 医師や看護師、介護職、24時 …

体の疲労

質のいい睡眠のためには頭の疲れより体の疲れが大事

体の疲れ 熟睡するための運動がある 人は、夜になると自然に眠くなります。これは、ひとつに「体内時計」の働きがあります。そしてもうひとつが「睡眠物質」です。 現在、多くの睡眠物質が確認されており、30~ …

いびきをかいている、悪夢を見ている時は不眠のサイン

いびきは放っておくと危険なこともある いびきは、本人以外非常に不快でストレスですが、じつは本人も熟睡できていないサインなのです。最近では、いびきと睡眠障害とメタボ(内臓脂肪症侯群)との密関連性が明らか …