質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

目覚まし時計なしで起床する

投稿日:

目覚まし時計

目覚まし時計

自己暗示で自然に目が覚める

目覚まし時計の音が朝の一番のストレスだと感じている人は多いものです。誰でも自然に目が覚めるのが、もっとも心地よい目覚め方です。

人間には起きたい時刻に起きることができるのですこれは「自己覚醒能力」といいます。目覚まし時計なしで起きられる人(自己覚醒ができる人) は、目覚める約1時間前から、心地よい目覚めのカギとなる「副腎皮質刺激ホルモン」の分泌がゆるやかに上昇します。

それに対し、目覚まし時計で強制的に起こされた人の副腎皮質刺激ホルモンは上昇せず、目覚めの気分は最悪です。つまり、心地よい目覚めのカギを握る重要なホルモンが副腎皮質刺激ホルモンなのです。

副腎皮質刺激ホルモンは、脈拍や血圧を上昇させ、全身の細胞を活性化し、ストレス耐性を高めるはたらきがあります。自己覚醒ができる人は目が覚める前からこのホルモンを分泌することで、日中の活動のために脳と体の準備をはじめているのです。

目覚める前に副腎皮質刺激ホルモンを的確に分泌させるためには、何時に起きたいかを思いさえすればいいのです。

ポイントは「朝、6時に起きなきゃ」と自分にプレッシャーをかけるのではなく、「私は絶対に起きられる」と自分を信じて言い聞かせることです。すると体内時計がしっかりあなたの信頼に応えてくれるでしょう。
体内時計はこちら。

https://hood.minibird.jp

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …

起きたときに体が痛くない寝具を選ぶ

熟睡できる寝具 起きたときに首や背中、腰が痛くない寝具がベストで自分に合っていものといえるでしょう。布団を選ぶ条件は、寝返りが打ちやすいことが第一条件です。通常、仰向けで寝るのが一般的ですから大事な条 …

テンピュール オンブラシオピロー

枕が快眠枕でない場合の診断方法 おすすめ枕はテンピュール オンブラシオピロー

人間は進化の過程で大脳が発達し、その重みをバランスよく支えるため、頸椎部分が直線ではなくS字状にカーブをえがいています。 理想の眠りの姿勢は、立ったままの姿勢で横になれることです。枕は、この立ったまま …

不安

不安で眠れないときは「寝逃げ」

不安 不安で眠れない時の対処法 寝ようとして床についても、さまざまなことが気になってなかなか眠れないことがあります。寝つきが悪い人は、悩みがちな傾向にあります。 どしたらいいだろう?、うまくいかなかっ …

睡眠は量より質

質をより高くする熟眠感

睡眠は量より質 睡眠は時間より質重視、眠りの集中力をアップ 忙しい現代人がやりたいことややらなければいけないことを優先しなければいけないときは、削るのは睡眠時間になてしまいます。 あと10分でも5分で …