質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

快眠効果のある食材は刻んだたまねぎ

投稿日:

たまねぎ

たまねぎ

たまねぎの香りに驚くべき効果

自宅以外の床で寝る際に自分の枕じゃないと眠れないという人がいますが、使い慣れた枕で安眠できるのは、高さや硬さなどの形状以上に、「自分の匂い」にほっとするからだといいます。
それくらい快眠と香りは深い関係性があります。
香りには眠りを誘う効果があり、これまでの科学的な研究から、実証されているものがいくつかあります。そのひとつは眠りを誘う香りとしてすでに名高い「ラベンダー」です。
ラベンダーの特徴と作用、注意点 | アロマテラピーの効能・効果

最近では医療機関や介護施設でも使われています。次に「セドロール」(シダーウッド)。
ヒノキ科やスギ科の樹木の香りに含まれる物質で、眠りをよくする効果があります。
これらは、アロマオイルにもなつているので、ハンカチなどに1~2 滴垂らして、枕元に置いておくとぐっすりと眠れるでしょう。

たまねぎやコーヒーに快眠効果がある

イメージ的には、眠りの作用がなさそうな香りにも有効なものはあります。それが、コーヒー。飲むコーヒーの作用としてはカフェインによる覚醒作用がはたらきますが、香りを嗅いだときの脳波を調べると、リラクゼーションの指標であるアルファ波が多く出ていることがわかっています。
朝、飲むコーヒーの香りを嗅ぐとリラックスする人が多いのです。
ただし豆の種類によって作用は異なり、夜ならグアテマラとブルーマウンテンがおすすめ。ハワイコナは緊張感を高めるので朝向きです。

そして、タマネギ。血液をサラサラにするといわれますが、ほかにも高血圧の予防や消化促進、疲労回復、精神安定など、さまざまな効果があります。デトックスなどにも効果的で老廃物を排泄してくれます。

なかでも注目したいのが「不眠症改善」です。タマネギの香りには催眠効果のある硫化アリルという成分が含まれているので、刻んで皿にのせ寝室に置いておくと眠くなる作用があります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

起きたときに体が痛くない寝具を選ぶ

熟睡できる寝具 起きたときに首や背中、腰が痛くない寝具がベストで自分に合っていものといえるでしょう。布団を選ぶ条件は、寝返りが打ちやすいことが第一条件です。通常、仰向けで寝るのが一般的ですから大事な条 …

専門医

最終的にどうしても眠れないのなら専門医を受診する

専門医 睡眠薬はドラッグストアーでも手軽に手にはいるけれどまずは専門医を受診 テレビCMでもおなじみの日本初の睡眠改善薬「ドリエル」が発売と同時に話題となったのももう10年以上前になります。当時は、ま …

チョコレート

目覚めがいつも不機嫌な人にはチョコレートが効く

チョコレート 目覚めの大事な3つの習慣 どんなに眠くても仕事や学校に行く日の朝は起きなければいけません。しかし、夜更かしをした日、また、忙しくて睡眠時間が足りなければ、朝は起きるのが大変です。 寝起き …

うたた寝・居眠り

うたた寝のススメ

うたた寝・居眠り うたた寝や居眠りは悪くない! 生まれたばかりの赤ちゃんは、昼でも1日に何度も寝たり起きたりを繰り返します。人類の祖先もこのような眠り方をしていた時期があったという歴史があります。 野 …

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …