女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

食習慣

コレステロールの控え過ぎ は NG

投稿日:

コレステロールの控え過ぎ は NG とはどういうことでしょうか?女性の若さと健康を保つために欠かせない、

  1. プロゲステロン
  2. DHEA
  3. 甲状腺ホルモン T3 (  トリヨードサイロニン )

などの、ホルモンの数々。その十分な分泌のために、食事ではどんな点に注意する必要があるのでしょうか。

ホルモンの分泌にはさまざまな要素がからんでいますが、まず、間違いなく必要なのが、副腎や性ホルモンの主原料となる コレステロール です。 コレステロール といえば、動脈硬化の要因として、中性脂肪とともに、とかく悪者扱いされがちです。そのため、食事で コレステロール と中性脂肪をできるだけとらないようにしているという女性も少なくないでしょう。

しかし、 コレステロール は多くのホルモンの主原料であるだけでなく、細胞膜の原科でもあり、胆汁を作ったり、 ビタミンD の生成にかかわるなど、大切な働きをいろいろしています。

ですから、 コレステロール を控え過ぎると、健康になるどころか、むしろからだの老化が進んでしまうのです。

最近の報告では、 コレステロール が低いと がん や 肺炎 の雁息率が上がるとされています。確かに血中の コレステロール があまり高過ぎるのは、決して良いことではありません。

でも、そのために卵など コレステロール が豊富な食品を控えても、あまり意味がありません。なぜなら、体内のコレステロールは、食事からとった量は約 3 分の 1 に過ぎず、残りの 3 分の 2 は体内で作られているからです。

つまり、コレステロール値の差は、 コレステロール をどれだけ食べたかということよりも、ほかの栄養素とのバランスや、運動などの生活習慣、体質などの影響によるところがずっと大きいのです。

そのため、 2015 年より、厚生労働省がコレステロールの抑制目標値を撤廃しました。

アメリカでもすでに廃止されています。特に女性の場合、「コレステロール値が高い人が心臓血管系の病気を防ぐために降コレステロール薬を飲んでいても、死亡率は下がらなかった」という研究結果が数年前に発表され、注目を集めました。

コレステロール値を下げる薬を飲んでいた人は、筋肉量が低下したり、糖尿病や認知症が増えた、というデータさえあるのです。

中性脂肪については、日本では血液検査における上限が150 mg/dl と決められていますが、食事による影響がかなり大きいため、アメリカでは「測っても意味がない」と考えられるようになっています。

中性脂肪が多過ぎると、動脈硬化が進んだり、肝臓に脂肪がついたりするのは確かなのですが、その人が本当に中性脂肪が多いかどぅかは、血液検査では判断がつかないということです。

そのため、脂質異常症については、遺伝性の場合をのぞき、血液検査で異常があっても特に気にする必要はないと考える医師が増えてきています。そもそも、ある程度の年齢になるとコレステロールや中性脂肪が下がってくるものです。

これは、免疫力を高めるために、本来、人間に必要なものではないかと推察されています。日本の医学界では、未だに反対意見が根強く残っているようですが、私自身は、食事のコレステロールを抑えていらっしやるとしたらむしろ「抑え過ぎに注意しなければいけません。

コレストロールとは | 健康メモ

-食習慣
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アブラナ科の野菜 乳がん 子宮がん を予防する

アブラナ科の野菜 乳がん 子宮がん を予防する エストロゲン優勢状態は、女性の心とからだにさまざまな悪影響を及ぼしますが、問題は、それだけではありません。 実は、エストロゲンの中の一部に、乳がんや子宮 …

炭水化物の摂りすぎは副腎疲労の原因に

炭水化物の摂りすぎは副腎疲労の原因に なるので注意しなければいけません。見た目の若々しさのためにも、健康を維持するためにも、そして、ホルモンのバランスを保つためにも、太り過ぎないことは大切です。 しか …

美容面 健康面 副腎疲労 のためにもビタミンC

美容面 健康面 副腎疲労 のためにもビタミンC がとても大切です。美容と健康に欠かせない栄養素といえば ビタミンC が有名ですが、アンチエイジングの面からも、ホルモンバランスの面からも、 ビタミンC …

カボチャ アボカド 女性の味方

カボチャ アボカド 女性の味方 カボチャ アボカド などの ビタミンE はどのような点で女性にとって効果があるのでしょうか? 女性ホルモンの中でも、 30 代半ば噴からどんどん減ってしまうプロゲステロ …

ビタミンD 女性の 骨 筋肉 甲状腺 3 つの健康を守る

ビタミンD 女性の 骨 筋肉 甲状腺 3 つの健康を守る いつまでも若々しい女性は、50 歳、60 歳になっても良い姿勢を保ち、足腰がしっかりしていて、身のこなしも機敏です。 そんな女性であり続けるた …