女性の老化防止の習慣

若さを左右する女性ホルモンが乱れると…

食習慣

アブラナ科の野菜 乳がん 子宮がん を予防する

投稿日:

アブラナ科の野菜 乳がん 子宮がん を予防する エストロゲン優勢状態は、女性の心とからだにさまざまな悪影響を及ぼしますが、問題は、それだけではありません。

実は、エストロゲンの中の一部に、乳がんや子宮がんの発生に関与していると考えられる 「 悪玉エストロゲン 」 ともいうべきものが存在するのです。エストロゲンは、

  • エストロン
  • エストラジオール
  • エストリオール

などの女性ホルモンの総称です。このうち、エストロンが体内で代謝される際に、

  • 2 – 水酸化エストロン
  • 4 – 水酸化エストロン
  • 16 – 水酸化エストロン

といった副産物を作り出します。このうちの 16 – 水酸化エストロン こそ、発がん性を持った悪玉エストロゲンなのです。

この悪玉エストロゲンを無毒化して体外へ排出することが乳がんや子宮がんの予防につながるわけですが、そのために、特に女性にお勧めしたい食材が、

  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • 白菜
  • カリフラワー

など、 アブラナ科 の 野菜 です。注目すべき成分は、アブラナ科の野菜に含まれているインドール3 カルビノールという植物ポリフェノールの一種。エストロンが代謝される際にこれがあると、悪玉エストロゲンが生成されるのを抑制してくれるのです。インドール3 カルビノールは、がんなどの異常な細胞の増殖を抑制する働きや、抗酸化作用があることも明らかになっており、すでに海外ではサプリメントなども発売されていますが、サプリメントでとるのであれば、インドール3 カルビノールの代謝物である ジインドールメタン ( DIM )  のほうが有効でかつ安全とされています。

アブラナ科の野菜は、ビタミンC やビタミンE、さらに、がん抑制効果で知られるスルフォラファンなどが豊富なものが多いので、美容と健康を維持するために、ぜひ毎日食べていただきたいと思います。

ただし、アブラナ科の野菜を食べ過ぎると甲状腺機能に悪影響を及ぼす可能性があるので、甲状腺に異常のある方は医師と相談してください。

アブラナ科の野菜に関連 ページ

-食習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カボチャ アボカド 女性の味方

カボチャ アボカド 女性の味方 カボチャ アボカド などの ビタミンE はどのような点で女性にとって効果があるのでしょうか? 女性ホルモンの中でも、 30 代半ば噴からどんどん減ってしまうプロゲステロ …

海藻 甲状腺ホルモンを増やす

海藻 甲状腺ホルモンを増やすために必要です。女性の場合、甲状腺の機能が低下していることは、決して珍しいことではありません。 甲状腺機能低下症の発生率は、35〜60歳の女性でほ・5パーセント、60歳以上 …

睡眠の質を高める メラトニンの分泌を促す肉や魚や大豆製品を

睡眠の質を高める メラトニンの分泌を促す肉や魚や大豆製品を 若い頃はとても寝つきが良かった方や、いくらでも寝ていられたという方でも、40 代も後半になってくると、なかなか眠れなくなったり、眠りが浅かっ …

炭水化物の摂りすぎは副腎疲労の原因に

炭水化物の摂りすぎは副腎疲労の原因に なるので注意しなければいけません。見た目の若々しさのためにも、健康を維持するためにも、そして、ホルモンのバランスを保つためにも、太り過ぎないことは大切です。 しか …

美容面 健康面 副腎疲労 のためにもビタミンC

美容面 健康面 副腎疲労 のためにもビタミンC がとても大切です。美容と健康に欠かせない栄養素といえば ビタミンC が有名ですが、アンチエイジングの面からも、ホルモンバランスの面からも、 ビタミンC …