impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

八酵麗茶

70歳を過ぎて急激に血糖値が悪化、テンペ菌発酵茶の八酵麗茶で短期間で数値が改善

投稿日:2018年1月12日 更新日:

ほぼ正常値にまで改善

私は糖尿病と診断されてからも、60代後半ばまでは、問題なく血糖調整ができていました。ところが、70歳になる頃になると、検査で、急激に数値が悪化。
ヘモグロビンA1Cが8.5 %(基準値は6.5%未満)、血糖値が280mg/dl(基準値は110mg/dl未満)もあり、主治医から「このままではインスリン注射に切り替えないといけなくなる」と警告されてしまいました。
これまで順調だっただけに私は動揺してしまいました。

血糖値の改善によい方法はないかと困っていたとき、「テンペ菌発酵の八酵麗茶」の存在を知りました。私としては、あまり効果に期待せずに「3ヶ月ぐらい続けて効果が出なければやめよう」と心に決めて、毎食後に500mlずつ飲み始めました。

味は、薬草茶独特の苦み、渋み、不味さはなくてすーっと体に染みこんでいく感じがしました。体に合っているそんな感じがしたのをよく覚えています。

1ヶ月目、変化なし、2ヶ月目、数値が下がる日が月のうち8~9日。尿量がかなりあったのが少し減ったように感じました。そして3ヶ月半後、ヘモグロビンA1Cが6.5% 、血糖値が155mg/dlと、予想以上の好結果が出たのです。

八酵麗茶を続けると、その翌月の検査ではヘモグロビンA1Cが6.7%に。主治医からも「ほぼ正常に近づいているね」と言われ、ホっとし胸をなでおろしました。

食事内容は以前と同じで、好きな肉や魚もしっかりと食べていたにもかかわらず、短期間で数値が改善したことに満足しています。日記を読み返すと主食のご飯、パン、うどんなどは減らしていました。現在は、今までどおりの量にもどしていますので、主食を減らしたことはあまり影響しなかったようです。
思った以上に八酵麗茶が効果を発揮してくれてホントに感謝しています。

食後は、いつも眠くなるのが、八酵麗茶を飲むようになってからは食後の睡魔がなくなりました。これも私にとって嬉しい変化です。

現在も3食後に500~600mlの八酵麗茶を継続して飲んでいます。外食時には、水筒に入れて必ず持って行きます。薬を忘れてしまうことはあっても八酵麗茶を忘れることはありません。

テンペ菌発酵茶の八酵麗茶でヘモグロビンA1Cや血糖値を下げることに成功した人の体験談

-八酵麗茶
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

八酵麗茶

合併症症状にまで進行した糖尿病が「八酵麗茶」で改善、ヘモグロビンA1Cも体重も減少

体がすっかり軽くなって身軽になった 一昨年年の4月、私は約3週間ほど入院をしました。ヘモグロビンA1Cが11.2% に急上昇し、主治医から入院を勧められたのです。ヘモグロビンA1Cの正常値は6.5%で …

八酵麗茶

テンペ菌発酵茶の八酵麗茶でヘモグロビンA1Cや血糖値を下げることに成功した人の体験談

インスリンでも改善しなかった高血糖がテンペ菌発酵茶「八酵麗茶」で正常値にまで 糖尿病で症状が悪化すると、投薬治療では不足し、インスリンの注射が必須とあなりますが、低血糖になってしまう場合、思ったように …

八酵麗茶

低血糖で救急搬送されたけれどテンペ菌発酵茶の八酵麗茶で血糖値が安定した

糖尿病特有の症状が進行中の喉の渇きも改善 私が糖尿病と診断されたのは、40代に入ってすぐのことでした。1週間足らずで5kgも体重が落ち、異常にのどが渇くようになったので、おかしいと思い病院で検査を受け …

八酵麗茶

インスリンでも改善しなかった高血糖がテンペ菌発酵茶「八酵麗茶」で下がりダイエットも成功

10日ほど飲んだだけで糖尿病による合併症症状の手足のしびれと痛みが改善 私は、53歳のときに糖尿病と診断されました。肉や白米、甘いものが大好物で、嫌いな魚や野菜はほとんど食べない、という偏った食生活に …

八酵麗茶

糖尿病の症状を軽減、改善するテンペ菌発酵「八酵麗茶」

糖分でドロドロになった血液が血管を傷つけてしまう 通常は、食事を取ると、血糖値は一時的に上がりますが、やがて下がります。これは、膵臓で作られるインスリンというホルモンの作用で、血液中のブドウ糖が細胞内 …