impressions >

蟻の粉末 関節痛 効能 効果 実際の使用感 ANT

ANT

蟻の粉末 関節痛への 効能 効果 実際の使用感 を紹介します。実際に飲んで効果があった人の感想を紹介しています。

蟻の持つ強大な生命エネルギーが免疫を正常化させ、リウマチの炎症を抑えて手指の痛みやこわばりを改善 蟻の粉末「 ANT 」

朝起きたとき手がこわばって動かしにくかったり、指の第 2 関節に痛みや腫れがあるのなら、原因の 1 つとし一般的には、リウマチ(関節リウマチ)が疑われます。
リウマチは関節が炎症を起こし、関節の機能が損なわれ、やがて関節が変形していく病気です。

このリウマチに効果があるといわれている生薬(植物や動物、鉱物などを用いた薬)が、昆虫のアリ(蟻)です。粉末加エした食品を実際にとってみて症状が軽減、改善された方々の実際の使用感を紹介しています。
アリの粉末をとるとなぜリウマチが改善されるのでしょうか。次のように考えています。

リウマチは自己免疫疾患の 1 つです。免疫とはウィルスなどの異物を攻撃する体の仕組みですが、なんらかの原因で免疫のバランスが崩れると、自分自身の細胞を異物として攻撃してしまうことがあります。
このような病気を自己免疫疾患といいます。一方、アリは「腎」を補うといわれており、その結果、免疫機能を調節することが最新の研究で判明しました。

ヘバーデン結節 指が痛んで曲げられない症状が アリの加工粉末 「 ANT 」 のおかげで手が握れるまでに改善

ANT

ヘバーデン結節 指が痛んで曲げられない症状が アリの加工粉末 「 ANT 」 のおかげで手が握れるまでに改善 した私の体験を紹介します。

5 年ほど前、左手の人さし持と中指の第 1 関節が痛くなり、ヘバーデン結節(指の第 1 関節が腫れる病気)と診断されました。

今年に入ると、他の指の第1関節が腫れてきたばかりか、左手の人さし指の第2関節も痛くなってきたので、リウマチかもしれないと思い、病院で血液検査をしてもらったのです。その結果、リウマチではないと診断されました。

しかし指や手首、ひじなどの関節がひどく痛むのです。また指がうまく曲げられなくなり、ものを握ることができなくなってしまいました。そこで、ネットで検索して調べたところ アリの加工粉末「 ANT 」 がリウマチや関節の痛みに効果があるという情報を見つけることができました。

さっそく購入してとり始めましたが、1 ヶ月たっても効果を実感できず、「私には合わないのかな」とやめたら、2 週間ぐらいで痛みが悪化し始めたのでビックリ。

もしかしたらアリが効いていたのではないかと思い、またとり始めると、10日日くらいから、痛みが改善してきました。また手もしっかり握れるようになり、瓶のふたも問」けられるようになりました。痛みが完全に消えるまで続けていきたいと思います。
アリの加工粉末 「 ANT 」 はこちら。

アリ 加工粉末 「 ANT 」 レビュー 使用感 効果 に戻る