impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

ハナビラタケ

膀胱に転移した腎臓、尿管がんがハナビラタケで副作用なく治療ができた

投稿日:2017年5月12日 更新日:

排尿時に尿道から血の塊が飛び出し検査でがんと判明

40代のころから血圧と血糖値が高く、薬をずっと飲んでいました。高いときで上が150~160 mmHG、下は100 mmHG 以上でした。そして空腹時血糖値も高く140 mg/dl以上ありました。

高血圧と高血糖の状態が続いていた結果、右の腎臓と尿管にがんが見つかりました。朝、おしっこをしていたら、尿道から血の塊が出てきました。かかりつけの先生に診てもらうと、総合病院を紹介されて検査を受けることになりました。

検査の結果、がんとわかったのですが、痛みは感じなかったのでまさかがんとは思いませんでした。検査結果を見た担当の医師から、半年後にもう一度受診するようにいわれました。自覚症状がなく、血の塊が出たのも1回だけだったので、検査を先延ばしにしてしまいました。

結局、1年後に別の大きな病院の泌尿器科を受診して、あらためて査を受けました。腫瘍マーカーの種類はわかりませんが、基準値が2.0以下のところ、私の数値は4.0でした。すぐに手術で右の腎臓と尿管を摘出することになりました。

手術が成功した後も、病院へ定期的に通って検査を受けました。事態が大きく動いたのは、膀胱の内視鏡検査を受けていたときに、担当の先生ががんを見つけました。がんはクラゲのようにモヤモヤしている形だったそうです。
すぐに膀胱がんの内視鏡手術を受けることになりました。

膀胱がんは再発率が高く、はじめのがんの発見から3度もの膀胱がんの切除手術を受けました。最初に受けた膀胱がんの手術後から抗がん剤治療も行われました。でも、再発したこともあって、先生は抗がん剤が効いていないと判断しました。
先生からは抗がん剤治療の代わりとなる、BCG治療という別の方法を提案されました。

BCG治療とは、結核菌をワクチンとして用いる治療法です。尿道から膀胱へワクチンを注入し、免疫力を高めてがんの発生を防ぐのです。BCG治療が体に合えば、かなりの再発予防効果が期待できるそうです。先生からはBCG治療の副作用として頻繁に血尿が出たり、高熱が3日間くらい続いたりすることがあると説明がありました。相談の結果、BCG治療を毎週1回、合計で8週間行うことになりました。

心配していた治療の副作用が抑えられ再発の不安も解消

私は、膀胱がんの再発予防と、BCG治療の副作用に対処するための情報収集を行いました。そんな中、健康雑誌で特集されていた、免疫力を向上させる「ハナビラタケ」に注目しました。

すぐに取り寄せて、ハナビラタケカプセルタイプを、朝・晩の食後に1粒ずつ、1日計2粒飲みました。ハナビラタケを飲みはじめて3ヶ月後からBCG治療が始まりました「副作用を覚悟していましたが、血尿が出たのは最初の1~2回だけでした。
治療を受けた当日は熱が高くなりましたが、特にひどい副作用は感じませんでした。ハナビラタケのおかげだと思っています。

BCG治療は順調に進んでいたものの、7週めを終えたときの血液検査で、腎機能の状態を示す検査値の1つであるクレアチニン値が高くなり、治療は中止となってしまいました。残り1回だったのにとてもがっかりしました。

医師は、「7回受ければ全部終わったようなもの」と励ましてくれました。

以後、膀胱がんは再発しなくなりました。がんが転移するおそれも、いまのところありません。残された左の腎臓は、普通の人の2~3割の働きしか残っていませんが、体調は良好です。

塩分やたんばく質を極力控えた食事を心がけながら、血糖値の上昇を防ぐために毎食後は20分間ウォーキングをしています。体に負担にならないようにゆっくりのウォーキングを行っています。現在は最大血圧が130mmHG台、最小血圧が80mmHG台で、空腹時血糖値は100mg/dl前後に安定しています。

-ハナビラタケ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

はなびらたけ

スキルス胃がんを全摘後、抗がん剤治療を断念、ハナビラタケで5年間再発なし

食道の近くまでがんが広がり悪性度の高さから胃の全摘を決意 胃がんの中でも特に困難な病気が、胃の粘膜の表面ではなく奥で進行するスキルス胃がんです。スキルス胃がんは、正常な組織の中にがんが飛び石のように混 …

はなびらたけ

ガンに!「ハナビラタケ」の口コミ、使用感、効能・効果一覧

ガンのような病気は、免疫力を高めることがすべてです。ハナビラタケに含まれるβグルカンとという有効性成分があります。抗がん作用が強力なβグルカンは抗がん剤の原料にもなっているものです。 キノコの中でβグ …

はなびらたけ

ハナビラタケで抗がん剤の副作用がほとんどなく肺がんを撃退

私の仕事は、花火師です。1998年に長野県で開催されたオリンピックでは、閉会式に打ち上げられた花火を造りました。北海道の洞爺湖で打ち上げた花火が「世界一大きな花火」としてギネスブック( 1989年度版 …

はなびらたけ

大腸がんの後に7回も再発した膀胱がんがはなびらたけで治まった

真っ黒な尿が出た後に膀胱がんを切除するも再発多で苦しんだ 機械メーカーを55歳で早期退職し、翌年に退職金と貯金を元手に、居酒屋を開きました。地元のお酒と食材を生かした料理でなかなかのにぎわいでした。 …