impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

卵の美容液

大学の皮膚科でも強力な保湿力が実証された卵の美容液で!シミ・シワが消える人が多数

投稿日:2017年5月2日 更新日:

卵殻膜 美容液化粧水「アルマード ラ ディーナ スキンローション」のご紹介になります。

ご愛用者28万人突破!卵殻膜コスメ
※2008年11月~2015年6月迄の累計(自社調べ)

卵殻膜には、3型コラーゲンをサポートする力があります。そのポイントは主に4つ

  1. 赤ちゃんの肌に含まれる3型コラーゲンを内側から作る
  2. 美肌にかかせないアミノ酸シスチンが豊富
  3. 人にとても近いアミノ酸バランスで肌馴染みが良く実感が早い
  4. 東京大学との「卵殻膜」共同研究論文が海外でも認められた

肌の水分が失われ乾燥し潤いがなくなるとシワ、シミ、クスミができやすくなる

健康的なみずみずしい肌を保つためには、日ごろから肌のケアが欠かせません。肌を保護する、「バリアー機能」を強化することは、肌を健康な状態に保ち、乾燥肌や肌荒れ、かゆみなどのトラブルを防ぐためにとても大切です。
10代、20代の頃は何も手入れをしていなくてもトラブルが起きなかった人でも30代を過ぎると少しケアを怠るだけでも肌トラブルにつながります。

肌のバリアー機能とは、紫外線から肌を守ったり、化学物質やウィルスが体内に侵入するのを防いだりする働きのことです。

皮膚のいちばん外側の角層を構成する細胞内には、アミノ酸ほかの成分から作られているNMFと呼ばれる天然保湿成分が存在し、さらに細胞と細胞の問をセラミド(細胞間脂質)が満たして、潤いのある滑らかな肌をつくっています。また、角層の表面は、皮脂と汗が混じりあった皮脂膜で覆われており、皮膚が保護されています。
NMF、セラミド、皮脂膜の3つが、いわば天然の保湿クリームとなって肌を守っているのです。

ところが、肌を露出し、無防備な状態で太陽光線を浴びつづけていると、肌を構成する細胞が傷ついて、本来の働きができなくなり、潤いと弾力性を失ってシワやシミ、タルミが現れます。これを「光老化」といい、紫外線は、その元凶です。紫外線が特に強烈な夏は、サンスクリーン剤(日焼け止めクリーム)や日傘、あるいは帽子などで、紫外線を防ぐように心がけなければいけません。

紫外線対策と同時に、肌の乾燥を防ぐことも重要です。夏は、冷房が効いて乾燥した室内に長時間いることが多いので、肌も乾燥してしまいます。水分が失われると肌はカサカサのちりめん状態になり、角層のバリアー機能が低下します。
その結果、肌の新陳代謝が衰え、小ジワ、シミ、クスミができやすくなります。そんな状態の肌が、夏の強い紫外線を浴びれば、ダブルパンチで肌のトラブルはいっそう増えてしまうのです。
最近、こんな感じはありませんか?

  • 肌がくすんでいて、疲れた顔に見える
  • 肌にハリが無い
  • 小じわを発見した
  • 化粧ノリが悪くなってきた
  • ほほがたるんで毛穴が広がっている
  • 年齢より老けて見られる

乾燥肌、かゆみの症状を訴える人の9割以上に効果が認められた

いま、卵の殻や薄皮を配合した卵の美容液が、乾燥肌や、かゆみの改善に効果があると注目を浴びています。卵の殻、中でも薄皮には、みずみずしい肌を保つヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、肌の弾力性を支えているコラーゲンなど、肌と同じ成分が豊富に含まれています。

ヒアルロン酸は、強力な保水力を持ち、1グラム1でリットル(1000倍)の水をため込むことが可能で、肌の乾燥を防いで、潤いを保つ働きが強力です。

東北大学皮膚科の実験によれば、卵の美容液には皮膚科で使用している医薬品並みの保湿力のあることが、報告されています。

卵の美容液の保湿力に注目が集まり、大学病院の皮膚科をはじめ7施設で、腎不全で人工透析を受けている患者さん61人(18~83歳までの男性28人、女性33人)に対して試験を行いました。人工透析を受けている患者さんは、体内の不要物を尿といっしょに排出する働きが低下しているので、機械で体外に排出します。

その際、皮膚の水分量が著しく減少するため、皮膚の激しい乾燥とかゆみを訴えます。卵の美容液を使った試験の結果は、「明らかな改善」が21%、「改善」が49% で、改善以上は70% 、「やや改善」23%も含めると、93% の患者さんがなんらかの改善を示したのです。
透析は、1日おきの治療になるので、一般的な化粧水やクリームだけでは対応しきれないのが現状です。そこで保湿力が強力な卵の美容液を試したというわけです。

卵殻膜化粧品「アルマード ラ ディーナ」
東京大学共同研究【世界が注目する卵殻膜】
ふっくら弾力のある肌を叶える卵殻膜を美容液並みに配合した美容液化粧水。自社の厳しい基準をクリアした保湿成分、2種類のヒアルロン酸と、2種類の天然由来海洋性コラーゲンが、肌をたっぷりの潤いで満たします。
低分子・高分子、2種類の大きさの違うヒアルロン酸とコラーゲンを配合した美容液化粧水だから、肌の表面と奥を同時にしっかり潤します。

使用方法

洗顔後、10円玉大ほどを手のひらにとり、顔の内側から外側に向けてゆっくりなじませます。顔全体を両手で包み込み、美容成分をしっかり浸透させます。目元や法令線など、乾燥が気になる部分には重ね付けを。

成分

水、BG、グリセリン、1,2ヘキサンジオール、加水分解卵殻膜、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヒドロキシエチルセルロース、グリチルリチン酸2K、アラントイン、クエン酸Na、フェノキシエタノール、センチフォリアバラ花油

-卵の美容液
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

卵殻膜 美容液化粧水【アルマード ラ ディーナ スキンローション】

卵の美容液をつけたら目尻の小じわは1ヶ月、両頬のシミは2ヶ月で消失

30代に入ってから目尻の小ジワや両ほおのシミに悩まされた 私は、普段はスポーツインストラクターをしています。エアロビクスやヨガなどを、生徒さんたちに教える仕事です。汗をかく仕事のため、どうしても吹き出 …

卵殻膜 美容液化粧水【アルマード ラ ディーナ スキンローション】

夫は透析による強烈な乾燥肌による痒みが、私は1cm大のほおのシミが卵の美容液で改善

透析によ乾燥でるひどい痒みで悩まされていたが2週間で改善 40代の後半から50代にかじりけて、目尻の小ジワやほおのシミが日立つようになっても、お化粧で隠すことができないので、人と会うことがとても億劫ん …

卵殻膜 美容液化粧水【アルマード ラ ディーナ スキンローション】

乾燥肌でトラブルが多かったけれど卵の美容液で改善

肌の乾燥を防ぐばかりか日焼け後につけると元の白い肌に戻った 少し、うぬぼれているかもしれませんが、若いころから肌のきめが細かくてシワも少なく、いつも年齢より10歳ぐらいは若く見られていました。それでも …

卵殻膜 美容液化粧水【アルマード ラ ディーナ スキンローション】

右頬のシミが1センチまで大きくなったが卵の美容液で半年後に消失

化粧でも隠せない濃い大きなシミが気になり、いつも下を向きながら歩いていた 最初の子供を出産した25歳のころから、冬になると指先のひび割れをくり返していました。 1日に、何回も洗濯をしなければならなかっ …

卵殻膜 美容液化粧水【アルマード ラ ディーナ スキンローション】

卵の美容液の口コミ、使用感、効能・効果一覧

健康的なみずみずしい肌を保つためには、日ごろから肌のケアが欠かせません。肌を保護する、「バリアー機能」を強化することは、肌を健康な状態に保ち、乾燥肌や肌荒れ、かゆみなどのトラブルを防ぐためにとても大切 …