impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

強肝草エキス

肝臓ガンを治療後も重度の倦怠感に悩まされたが強肝草エキス「肝宝垂盆草」で解消

投稿日:

肝臓ガンを克服したが肝臓の働きが弱く余命2年と宣告された

「肝臓ガンを克服したものの、余命2年といわれていました。でも強肝草エキスとめぐり合えけんたおかげで、常に感じていた倦怠感がなくなり、いまも元気にやっています。家内ともども喜んでいます。

C型肝炎がわかったのは50歳のときでした。会社で受けた健康診断がきっかけで23歳のときに胆石を取り除く手術を受けたのですが、その時の輸血が原因だろうと医師からいわれました。会社は定年まで勤め上げたものの、おでこのあたりが黒ずんできて疲れやすくなってきたと感じていました。予定のない日はごろごろしてばかりでした。

私の肝炎は、肝硬変、肝臓ガンと進行していきました。エタノール注入法という治療によってガンを死滅させることに成功したものの、医師から余命告知を受けたのです。健康な人の肝機能を100としたら、私の場合は30程度しか働いていないと説明されました。

そのため、ガン治療は成功したけれど、余命は2年ぐらいだろうといわれたのです。医師の言葉をきっかけに、「ダメでもともとと思って、少しでも可能性のあることなら、なんでも試してみよう!という気持ちになりました。
病院から処方される薬を飲みながら、健康情報を必死に集めるようになりました。そんなとき、強肝草エキスの存在を知りました。

半年で顔色が改善

強肝草エキスを朝・昼・晩の食後に3粒ずつ、1日計9粒飲むようになりました。ところが、顔色や体調の改善はなかなか見られず、「強肝草エキスは自分には合わなかったのかもしれない」とあきらめかけていましたがそれでも続けていました。

半年後から急に、何事に対しても意欲と気力がわいてきたました。簡単な庭仕事をするようになり、以前ならとても無理だった長時間の移動もできるようになりました。薬を増やしたわけではないので、強肝草エキスのおかげに違いないと思って喜んでいます。

主治医も「急に顔色がよくなりましたね」とびっくりしていました。先日も、横須賀から日帰りで山梨県まで法事に出かけることができました。長時間、電車やバスに乗ると多少は疲れますが、ひと晩眠れば疲れは残りません。
余命告知を受けて以来、不安が続いていましたが、「もう大丈夫だ」と思えるようになったのは強肝草エキスのおかげです。

C型肝炎→肝硬変→肝臓ガンがよくなった強肝草エキス「肝宝垂盆草」はこちら。

-強肝草エキス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肝宝垂盆草

C型肝炎から肝硬変になったが肝機能は、肝草エキス「肝宝垂盆草」で回復

数値が上昇してC型肝炎から肝硬変に進行した肝臓 仕事は、造園会社のスタッフとして週4回、植木の手入れなどを行っています。30代の半ばごろ、献血のさいに自分が非A非B型(C型)肝炎であることがわかりまし …

肝宝垂盆草

B型・C型肝炎、脂肪肝が急増中、防ぐには強肝草エキス「肝宝垂盆草」で肝細胞の強化と糖・脂肪の節食

肝臓ガンの原因の97%はB型・C型のウイルス性肝炎で死者が70年以降急増 肝臓ガンで亡くなる人は1970年以降増えており、10年前の2005年には1年間で男女合わせて約35000人になりました。肝臓ガ …

肝宝垂盆草

一向に下がる様子がなかったC型肝炎の数値が肝草エキス「肝宝垂盆草」で下がった

病院の治療は副作用が強く断念 40代後半から倦怠感に悩まされていました。だるさの原因が肝炎によるものだとわかったのは、50歳のときに受けた健康診断がきっかけでした。担当医から、肝機能値が高すぎると指摘 …

肝宝垂盆草

肥満による脂肪肝で肌荒れ、だるさがひどかったが肝草エキス「肝宝垂盆草」でスッキリ

体重が10キロ増えて疲れやすくなり原因は脂肪肝と判明 「脂肪肝のため疲れやすく、肌のくすみや乾燥、吹き出物などがひどくて困っていました。でも強肝草エキスのおかげで、肌のトラブルがすっきり改善しました。 …

肝宝垂盆草

強肝草エキス「肝宝垂盆草」の口コミ、使用感、効能・効果一覧

70年代以降に肝臓ガンが増加したのは、やはり糖や脂の過剰摂取とそしてB型・C型のウイルス性肝炎の増加です。肝硬変の段階で肝臓ガンを食い止めることが可能な強肝草エキス「「肝宝垂盆草」を使用した方々の使用 …