質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

就寝前の行動が快眠への重要なポイントになる

投稿日:

就寝前の過ごし方

就寝前の過ごし方

就寝前1時間は刺激物はNG

快眠のためにはいかに就寝前に心身をリラックスできるかが大きなポイントになりますが、、もっと突きつめていくと、寝る1時間前の過ごし方が大事になります。
布団に入る前の1 時間は、カフェイン入りのドリンク(コーヒー、緑茶など)やメールチェックなどによる目の刺激を避けること。また直前にお風呂に入るのも体がほてってしまうためおすすめできません。お酒やタバコの習慣がある人は、寝る前にはなるべく避けるようにしたいものです。

布団に入るまでは自由でいい

寝る前の1時間の目的はあくまでも「心身のリラックス」であり、入眠のための準備です。本を読んだり、音楽を聴いたり、ストレッチをしたりなど、あまり頭を使わない単純作業がおすすめです。

読書なら、料理や旅行など趣味関連の本がいいでしょう。しかし、ページをめくる手が止まらなくなる推理小説や冒険小説は、目がさえる原因になるので控えましょう。興奮してしまいやはり眠れなくなるでしょう。

また、音楽なら、クラシックやヒーリング音楽など穏やかでゆったりしたものを。アップテンポなダンスミュージックだと気分も高揚し、眠りから遠ざかってしまいます。就寝前の音楽でおすすめなのはこちら

安眠には子守歌も最適。モーツァルトやシューベルト、ショパンの曲には、流れるような美しい旋律があり、聴いているだけでこころが安らぎます。ゆったりした気持ちになりリラックスできます。
モーツァルトの音楽には記憶力アップや美肌、安眠など、さまざまな効果があるともいわれています。
ストレスで眠れない人に「モーツァルト」がおすすめ!

布団はあくまでも寝るだけの場所。好きなことは布団の上以外でやります。心身ともにリラックスし、眠くなってから布団に入りましょう。布団を見たら眠くなるように脳にインプットすることが大切です。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昼間の睡魔

昼間の強烈な睡魔について

昼間の睡魔 生体リズムによって起こる「午後の眠気」はやむを得ない l日24時間の周期で、生体リズムがあります。これは、宇宙のリズムそのものです。そのリズムを基礎にして睡眠と覚醒、ホルモンの分泌量、体温 …

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …

ノンレム睡眠・レム睡眠

質のいい睡眠は、浅い眠りと深い眠りの両方が必要

ノンレム睡眠・レム睡眠 質のい睡眠が仕事の能率もアップさせる 眠りには、体を休めるための「レム睡眠」脳を休めるための「ノンレム睡眠」の2種類があります。眠りの深さは4段階あり、順に深くなったあと、折り …

ストレッチ

就寝前のストレッチで凝った体をほぐして入眠スイッチにする

ストレッチ 肋肉のコリをほぐし血行をよくしてリラックスしてから眠る ベッドや布団に入ってもなかなか寝つけないこ日は誰にでもあります。昼間の仕事の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっていることもあるでし …

ブルーマンデー

日曜日の休みの後の月曜日が憂鬱になる

ブルーマンデー 月曜日の憂鬱「ブルーマンデー」について 日曜日の夜、夕飯を食べながらサザエさんを見ていると、「明日は仕事かぁ」と考えて憂鬱にり、会社に行きたくないなと思ったりします。気分も沈みがちです …