質のいい睡眠のための条件

質のいい睡眠のための条件や生活習慣

快眠の条件

うたた寝のススメ

投稿日:

うたた寝・居眠り

うたた寝・居眠り

うたた寝や居眠りは悪くない!

生まれたばかりの赤ちゃんは、昼でも1日に何度も寝たり起きたりを繰り返します。人類の祖先もこのような眠り方をしていた時期があったという歴史があります。

野生の動物も同じで、1日数回に分けて睡眠を繰り返し、すぐ逃げられる睡眠の仕方で外敵から体の防衛をしています。これは「多相睡眠」といいます。

一方、現代人のように夜一定の時間まとめて寝ることを「単相睡眠」といいます。昼間仕事をして能率をあげる賢い眠り方ですが、はたして現代人は「単相睡眠」で睡眠を十分とれているのでしょうか。
日中眠くなるのは明らかに睡眠不足です。だから、うたた寝や居眠りは、夜の睡眠を補うために人類が身につけた、多相睡眠の本能による生理現象といえるでしょう。

夜間に十分な睡眠が確保できずに寝不足の人はどんどん居眠りをすればいいのです。仮眠の効果を最大限に生かして「プチ多相睡眠」を実践すべきなのです。

これも寝すぎると逆効果となるので注意が必要です。お昼寝についは、こちらに習慣化することで睡眠の質をあげる方法が紹介されています。

サイト名:初心者にもわかりやすいコンテンツ – 健康&美容(睡眠)お昼寝
URL
http://www5a.biglobe.ne.jp/~wahuu/sleep/2.html

アメリカの実験では、「45分以内の昼寝で、仕事の能率が3割~4割アップし、判断力は5割増す」との実験結果が出ています。

日本での実験でも、約45日にわたって昼休みに15分の仮眠をとりつづけた生徒に明らかな学力向上がみられ、難関大学への合格率も高まったというものですこれもかなり興味深い結果です。
これらの実験結果を見ても、昼寝をすると「睡眠不足の解消」「集中力を高める」「やる気がアップ」というすばらしい効果があることがわかります。

-快眠の条件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

眠れない時は無理して眠ろうしない

眠れない時は無理して眠ろうとしない

眠れない時は無理して眠ろうしない 眠れなくてもいい!と思えば気が楽になる。 いつもならもう寝る時間だからといって布団に入っても、心身が睡眠態勢になっていなければ、すぐには眠ることができません。眠れない …

勤務シフト

生活が不規則になる人はそれに対応した生活習慣を身につける

勤務シフト 体への負担をできる限り減らした勤務 医師や看護師、介護職、24時間営業のサービス業、3交代制の工場での仕事など、徹夜を含めたシフト制の職場で働いている人は、勤務時間が日によって大きく異なる …

いびきをかいている、悪夢を見ている時は不眠のサイン

いびきは放っておくと危険なこともある いびきは、本人以外非常に不快でストレスですが、じつは本人も熟睡できていないサインなのです。最近では、いびきと睡眠障害とメタボ(内臓脂肪症侯群)との密関連性が明らか …

集中力

お昼の後の仮眠は15~20分程度がベスト

集中力 昼寝をすると集中力が格段にアップ 昼寝は、ぐっすりと深く眠るより、目覚めてすぐに高いパフォーマンスで仕事や勉強ができないと意味がありません。昼の10 分の仮眠は、夜の 時間の睡眠に相当するとい …

ブルーマンデー

日曜日の休みの後の月曜日が憂鬱になる

ブルーマンデー 月曜日の憂鬱「ブルーマンデー」について 日曜日の夜、夕飯を食べながらサザエさんを見ていると、「明日は仕事かぁ」と考えて憂鬱にり、会社に行きたくないなと思ったりします。気分も沈みがちです …