腸をも若返らせる水の効果

普段、誰もが口にする水の本当のところと重要性について

活性酸素を除去

活性酸素を消去させる水素水

投稿日:

活性酸素を「なかったこと」にしてくれるスーパーウォーター「水素水」の実力

活性酸素は老化だけでな
く多くの病気にも影響する

最近、美容目的で水素水を飲んでいる人が増えてきています。水素水は「活性酸素を無毒化する水」というキャッチコピーで販売されています。

また、多くの医療現場で疾患に水素を活用できないかと研究が進んでいます。心肺蘇生のときや脳梗塞患者に水素ガスを使用したり、パーキンソン病患者に水素水を飲んでもらうなどさまざまです。

水はH2Oと表す通り、水素と酸素の化合物です。病気や老化の原因になる活性酸素も水素と結びつくと水になり、無害化されるという理由です。

しかし、「水素水」とは名ばかりで水素がほとんど入っていない水素水も販売されています。健康効果を期待するなら、しつかりと体によい水素水を選び、なぜ水素水がカラダによいかを知っておきましょう。

まず、活性酸素とはいったい何でしょうか。活性酸素が体内に発生する原因を理解している人は少ないかもしれません。活性酸素は細菌から体を守るため、人間の体内では日頃からつくられています。呼吸によって取り込まれた酸素のうち、約2%が活性酸素になります。

また、活性酸素はストレス、紫外線、喫煙、暴飲暴食、食品添加物、大気汚染、激しい運動などが原因で増えます。活性酸素は老化だけでなく、多くの病気、特に生活習慣病の原因のひとつであることもわかっています。

活性酸素にも善悪がある

活性酸素にはよい活性酸素と悪い活性酸素があります。活性酸素は、酸素から生じた電子を吸収すると、酸化力が増していきます。

最初はよい活性酸素であるスーパーオキシドラジカルです。つぎに過酸化水素になります。運動によって活性酸素が発生すると、活性酸素を消す酵素が増えます。

ここまでの役割を担っているのが、よい活性酸素です。これに対し、過酸化水素がさらに電子を吸収すると悪い活性酸素であるヒドロキシルラジカルになります。これは、酸化作用が強く、細胞や遺伝子を破壊する力を持っています。

また、水素はよい活性酸素には作用せず、悪い活性酸素にだけ働く性質があります。水素が悪い活性酸素ヒドロキシルラジカルと結合して還元することで、体に無害である水になるのです。

水素水はこうしてつくられる
  • 膜溶解法/水素を溶かし込む高度な方法
  • 水素吸蔵ゼオライト法/水素を徐々に放出させる方法
  • マイクロナノバブル法/目に見えないほどの小さな泡が水素を形成する方法
  • 電解水素法/元のpH値を変えることなく溶存水素濃度だけを高める方法

市販されている水素水のほとんどが人工的に製造された水素水です。水素水をつくる方法はいくつかあります。しかし、水素を含有させるためにどの方法が一番よいかは、未だ解明されておらず、今後の研究が待たれる限りです。

また、人工的に製造した水素水は、開栓すると水素が抜けやすいという難点があります。水素は酸素より軽いために、逃げてしまうのです。

そのため栓を開けたらすぐに飲む必要があります。水素は宇宙で一番小さい分子のため、アルミニウム以外はすべて通り抜けてしまいます。

ペットボトル入りの水素水に効果がないのはこのためです。充填したときに水素を満たしたとしても、輸送、販売され、私たちの手元に届くまでには、ペットボトルを通過してすべて抜け出て水素が含まれていません。

水素水は基本的にアルミパウチに入って販売されています。アルミパウチは水素が逃げにくいため高濃度を維持するのにすぐれているからです。
アルミ缶やボトルに入った商品もありますが、アルミ缶やボトルでは、水素水とキャップの間に空間をつくらなければいけないため、その際問に水素が逃げてしまいます。

アルミパウチ容器だと空気の入る隙間がないほど満タンに入れることができるため、ボトルタイプよりも高濃度の水素水となります。しかし、数カ月経過すると飲み口のプラスチックのキャップ部分から徐々に水素は抜けていくので、買いだめなどのストックはせずに、できるだけ充填直後の水素水を飲むほうが水素の量も多く、より健康効果があるでしょう。

また、水素水は開封とともに水素が抜けてしまうので、できるだけ一気に飲むことをおすすめします。飲み残す場合は左記パッケージに注意書きがされています。

水素濃度の低い水素には注意

水素があまり入っていない水素水も販売されています。どの程度水素が入っていると、健康効果を期待できるのでしょうか。
それは、水素濃度0.8ppm(mg/l) 以上です。市販の水素水のパッケージにはきちんと明記されているはずですので、よく確認するようにしましょう。記載されていない場合は、購入を控えたほうがよいでしょう。

パッケージに溶存水素量が0.8ppm~1.2ppm(mg/l)と記されているのは、充填時は最大であった水素濃度が時間経過とともに減少するためです。

水素水を飲むと尿意が増します。水素水の効き目の目安はトイレに行く頻度が高くなれば効き目ありです。もちろん水素濃度が低くても効果が出る人はいます。

体質や体調によっても異なります。また、1日に飲む量の目安は300ml此ほど、一気に飲むとよいでしょう。飲み残すときでも3時間以内に飲むようにしましょう。

メンテナンスをしないと危険な水素サーバー水素水の流行とともに、家庭で簡単に水素水をつくれる水素水サーバーや水素浄水器が販売されています。

水素ガスの気泡を液体の中で生じさせるタイプ、電気分解で水素を発生させるタイプ、マグネシウムと水を反応させるタイプなどがあります。

しかし、水素水サーバーや水素浄水器は使い方を間違えるとかえつて健康によくない水を摂取するリスクもあります。これらは雑菌の混入の恐れがあるからです。

水素をエサにしてエネルギーをつくるバクテリアはたくさんいます。下痢を起こすサルモネラ菌、腸チフス菌などです。特に、電気分解のタイプは電極が汚染しやすいため、電極が浸かった水素水は電極から溶け出す不純物にも注意が必要です。

水素水サーバーを使うときは、できるだけ水素水を溜めておかないことです。水素水を家庭でつくったとしても、水素はすぐ抜けてしまいますので、飲む直前につくることがベストです。

水素サーバーや水素浄水器はかなり高価なので、慎重に選びましょう。どのような水素濃度のものがつくれるのか、メンテナンスをしっかりしてくれるかなども大切なチェックポイントです。

セブンウォーター・エクストラ 水素濃度7.0ppmの業界最高峰の水素水

怪しいセールス

水素水の販売フレーズで、「うちの水素はほかの水素と違う」というのはありえないことです。使用している水によっておいしいということはありますが、水素は水素で違いはありません。

また、「水素が抜けにくい」「料理にも使える」というのは水素水ではないということです。料理に水素水を使うことは、水素の効果を得ることができず不向きです。

水素水を沸騰させると水素は一気に放出されてしまうので、水素濃度は低くなってしまいます。水素水は飲むのが一番効率がよいのです。実は、水素水は温めて飲むこともできます。もちろん、やかんで火にかけては水素が逃げてしまい意味がありません。開封前のアルミパウチのまま湯煎をして、80度くらいに温めるのであれば、水素は抜けません。

-活性酸素を除去

執筆者:


  1. […] [PR]高濃度1.2ppm以上の水素水が最短10分で生成可能「ハイドロフィクス」 活性酸素を消去させる水素水 | 腸をも若返らせる水の効果 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした