impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

くさや大豆(乳核酸)

髄膜炎を併発した帯状疱疹後神経痛がくさや大豆(乳核酸)で改善

投稿日:

帯状疱疹と診断後39度Cの高熱が続き入院するほどに悪化

私が帯状疱疹と診断されたのは、友人とのウォーキングから戻ってシャワーを浴びようと思ったら、汗をかいた背中がチクチクと痛みだしました。かゆみも感じたので友人に背中を見てもらったら、「ポツポツと赤い湿疹が出ている」といわれたんです。ウォーキング中、皮膚がかぶれるような植物にはふれていません。

原因がわからないので気になって近所の医者に電話をしたら、皮膚科を紹介されました。診察を受けると、すぐに帯状疱疹と診断。

塗り薬と飲み薬を処方されました。「医師から『帯状疱疹は子どものときにかかった水ぼうそうのウィルスが原因で起こる。体力が落ちて免疫力が下がると、ウィルスが目を覚まして悪さをする』と説明を受けました。

薬を飲んでゆっくり休むことが大切だといわれました。当時は仕事が忙しく、疲労がたまっていました。自営業は、きちんとした休みがとれないので、疲労がたまっていることにも気づきにくいのかもしれないと思いました。

夕方に出社して出荷の状況をチェックするのが担当のため、出社前に家族の夕食作りなどの家事をすべて終えなければなりません。
帰宅するのが22時を過ぎることもあるため、就寝が深夜になることも多かったのも影響しているのかもしれないと思いました。帯状疱疹が現れた日は、主人に仕事を代わってもらい、病院からそのまま家に戻りました。帰宅するまでのわずかな時間にも赤みがどんどんひどくなりました。

湿疹が右のわきの下から胸全体に広がってきました。熟も出てきので娘に連れられて総合病院を受診しました。時間外の夜間診察を受診しました。診察を受けたときは体温が39度まで上昇し、ひとりでは歩けないほどに大変でした。

先生からすぐに入院といわれました。ところが、点滴を受けても熱は下がらず、患部の激痛が2~3日も続きました。精密検査の結果、帯状疱疹のウィルスが髄膜まで達して髄膜炎を起こしていることがわかりました。

熱は2週間後にようやく下がりました。医師から「脳までウィルスが達していたら、症状がさらにひどくなっていたかもしれません」といわれました。

「振り返ってみると、帯状疱疹にかかる2~3日前に背中が痛くて眠れないことがありました。家族に背中を見てもらったのですが、皮膚に異常がなかったので放置してしまいました。

3週間後に退院したものの、痛みがさらにひどくなりました。医師から、患部を清潔にしてくださいといわれていたものの、シャワーを当てるだけでも痛くて困りました。帯状疱疹後神経痛はこんなにつらいのかと驚きました。

くさや大豆(乳核酸)を飲んだら2ヶ月で痛みが改善

抗ウイルス薬はもちろん、神経ブロック注射を使った治療を受けても帯状疱疹後神経痛の改善が見られずに困っている時に転機が訪れたのは、昨年の5月頃でした。

新聞広告に帯状疱疹後神経痛の見出しが載っていたんです。帯状疱疹後神経痛が治るかもしれないとわかり、とてもうれしかったのをはっきと覚えています。くさや大豆(乳核酸)を飲む前は、車を運転するときにシートの背もたれに寄りかかると激痛が走っていました。背中への刺激を少しでも和らげるために、常に背もたれ用のクッションを用意していました。電車内でほかの乗客と肩がふれた程度でも痛みが走っていました。

くさや大豆(乳核酸)を飲んで2ヶ月後には、運転中の痛みがだいぶ治まりました。街で人とすれ違うときに感じていた恐怖も薄れてきています。

くさや大豆(乳核酸)効果で腸内の善玉菌を増やして帯状疱疹のただれ、痛みを早期に改善

-くさや大豆(乳核酸)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

くさや大豆(乳核酸)

水ぶくれ後に残った帯状疱疹後神経痛をくさや大豆(乳核酸)で改善した

弟の看病に伴う心労と疲労が重なり帯状疱疹を発症した 今年八六歳を迎えた私は、姿勢にはとっても自信があります。背中がいつもシャンとしているから、後ろ姿だけなら40代に見えると言われてうれしく思っています …

くさや大豆(乳核酸)

くさや大豆(乳核酸)で父の帯状疱疹が早期に治り、慢性的な疲労感が2ヶ月で解消

昼夜のシフト勤務と精神的なストレスから免疫力が大きく低下 「仕事が忙しくて慢性的な疲労感に悩まされていました。自分なりに解消法を試みたもののまったく効果を感じられず、出るのはため息ばかりでした。 私が …

くさや大豆(乳核酸)

くさや大豆(乳核酸)の帯状疱疹後神経痛への効能、効果、使用感など

くさや大豆(乳核酸)は善玉菌の栄養になって腸内環境を改善し、治療効果を高める 帯状癌疹の原因は、多くの人が子どものときにかかる水ぼうそうのウィルス(水痘ウイルス)です。水ぼうそうはいったん治っても、ウ …