痛みや病気が退散する靴下の重ね履き「冷え取り靴下」

新着記事

重度の貧血や生理痛がかなり楽になった

現代人は、女性を中心に多くの人が、冷えを感じています。生活療法の1つとして、「冷え取り健康法」を実施しているところもたくさんあります。冷え取り健康法のことを知ったのは、今から20年以上前のことです。
当時、私の妻は子宮筋腫による重い生理痛に悩んでいました。
診断の結果は、子宮の全摘手術しかないと診断されましたが、手術を回避したいと思った私と妻は、それ以外の方法を探し求めました。そして出会ったのが、冷え取り健康法だったのです。

冷え取り健康法の提唱者は、医師ですが、長い医師生活のなかで、体の局所ばかりに目を向けている西洋医学に疑問を持ち、人間を全体として診る東洋医学を学ばれました。

そして研究・考察を重ねた末、「冷えこそがすべての病気の原因である」という確信に至り、独自の冷え取り健康法を考案したのです。冷え取り健康法の基本は「頭寒足熱」です。私たちの体は、ストレスや過労、運動不足などで血行が悪くなると、頭に血が上り、下半身に冷えが生じます。

これは、東洋医学でいう陰と陽の気(生命エネルギー)のバランスがくずれた状態で、病気を呼び込みやすいのです。そのバランスを調整するために、下半身を温め、上半身の熟を逃がす工夫(頭寒足熱) が必要になります。

靴下の重ねばきや半身浴は、下半身の冷えを取り、新たな冷えを作らないようにすることで、心身の陰陽のバランスを整え、気を循環させる、冷え取り健康法の基本なのです。

私は、この健康法を妻に勧めました。これを実行した妻は、生理痛や、貧血などの症状がかな楽になり、結果的に手術を回避することができました。
女性は貧血を改善する | 体温を上げるにあるように体温を上げることで貧血などの症状も改善します。

今も、頻繁な海外出張や立ち仕事などを、元気にこなしています。その後、私はさまざまな経緯を経て、鍼灸師になりました。冷え取り健康法は、私も妻もずっと実践し、効果を実感しているので、患者さんにも勧めています。

特に、靴下の重ねばきは簡単にできるので、始めやすいようです。現代人は、多くの人が冷えを実感している人が多く、靴下の重ねばきをすることで、痛みや不調が改善するケースが少なくありません。
冷えとり靴下で足元からポカポカに!
足元の冷えによる体調不良にお悩みなら、上質シルクの冷えとり靴下がおすすめです!
冷えとり靴下専門ショップ シルクパーティー

絹が吸い出した毒素を絹が再吸収するという仕組み

  1. 最初に絹の5本指靴下を履
  2. 次に綿の5本指靴下を履く
  3. 3枚めに指先が分かれていない絹の靴下を履く
  4. 4枚めに指先が分かれていない綿の靴下を履く

ここまでが基本です。このあと、まだ足が冷たいと感じれば、3と4をさらに重ねます。3と4を重ねて1足にした靴下もあるので、そうしたものを利用してもいいでしょう。

なぜ、靴下の重ねばきがいいのでしょうか。足の裏は、汗腺が発達しており、冷えや食べすぎによってたまった毒素が、最も出やすい場所です。

絹や綿など、天然素材の靴下を重ねて足を温め、血液循環をよくすると、内臓の働きが活発になり、体内にたまっていた毒素が外に出るのです。いわゆるデトックス効果です。
ちなみに食べるものとしてはたまねぎのデトックス効果が高いので日頃から食べるようにするといいでしょう。

特に、絹は力のある素材だと感じています。これを肌につけると、自然のパワーや高い保温性が得られます。1枚めに絹の五本指の靴下をはくと、持と指の問から出る毒素を、よく吸い取ってくれます。

絹には、毒素を吸って吐き出すという優れた作用があるのです。2枚めに綿の5本指靴下をはくのは、1枚めの絹が吸って吐き出す毒素を吸収するためです。

絹と綿を重ねていくことで、足の冷えが取れ、毒素が排出されやすくなるわけです。

実際に靴下を重ねて履いてみると、それまで気づかなかった足の冷えがわかるようにる人もたくさんいらっしゃいます。「4枚では足りない。もっとはきたい」と感じ、さらに重ねていった結果、現在の9枚になりました。このように、靴下を重ねてはくと体が敏感になり、「もっと温めてほしい」という体の要求こたに応えられるようになります。

よく思い出すと、靴下の重ねばきをする以前は、よく鼻血を出していました。また、よく風邪zで寝込んでいました。重ねばきを始めてしばらくたったころ、40度の熟を出しました。これが体の毒出しだったのでしょう。

その後は鼻血を出すこともなくなり、風邪もめったにひかなくなりました。冷え取りによる毒出し効果は、靴下の重ねばきをして、早ければ2~3週間で出てくるでしょう。

重ねばきの靴下が臭くなったり、汚れたり、破れたり、皮膚に湿疹が現れたり、高熱が出たりする人もいます。しかし、それを過ぎると、頭寒足熱の理想的な状態に変わってきます。

こうして体質が変われば、肩こりや腰痛などの痛みだけでなく、病気の症状にも改善の兆しが出てくるでしょう。冷えに悩む人はもちろん、「冷えの自覚はないけれど、体調が優れない」というかたにも、冷え取り健康法をお勧めします。まずは、靴下の重ねばきから、始めてみてください。

冷えとり靴下で足元からポカポカに!
足元の冷えによる体調不良にお悩みなら、上質シルクの冷えとり靴下がおすすめです!
冷えとり靴下専門ショップ シルクパーティー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] えの程度にもよりますが、湯たんぽだと熱くて眠れない人もいます。そうした人におすすめなのが靴下の重ね履きです。これはおすすめです。さまざまな不快な症状が改善されています。 […]

  2. […] 分の多い食事でも炎症がひどくなることがあるので控えたほうがよいでしょう。 体を温めることで免疫力も高めることができるので、靴下の重ね履き「冷え取り靴下」 もおすすめです。 […]