impressions >

合併症症状にまで進行した糖尿病が 八酵麗茶 で改善、ヘモグロビンA1Cも体重も減少

八酵麗茶

合併症症状にまで進行した糖尿病が 八酵麗茶 で改善、ヘモグロビンA1Cも体重も減少 した私の体験談です。さすがに合併症がでていたのでこのまま悪化するばかりだろうと諦めていました。

体がすっかり軽くなって身軽になった

一昨年年の 4 月、私は約3週間ほど入院をしました。ヘモグロビンA1Cが 11.2 % に急上昇し、主治医から入院を勧められたのです。ヘモグロビンA1Cの正常値は6.5%ですから私も10%以上の数値を見て心配になりました。

糖尿病の入院治療は、これが 3 度日です。しかも、今回は「合併症の危険性もある」と警告され、非常にショックでした。

私は食欲に波があり、食欲が高まるとどうしても自分でコントロールができなくなってしまいます。また、お腹がすくと怒りっぽくなります。食欲には自分で感情も抑えられないのか?と悩んで時期もありました。しかし、空腹を感じるとどうしても感情コントロールができませんした。

深夜にご飯を食べたり、問食が増えたりするので、当然、体重も増えます。体が重だるくて、家事をする気力すらわきません。体を動かさないのにドカ食いし、数値が上がるという循環をくり返していました。どうしても食欲を抑制できずにいました。

入院治療は精神的にも金銭的にも負担が大きいので、「もう二度と入院したくない」と考えていました。そんな私に 八酵麗茶」 を勧めてくれたのは、夫です。

私が入院中、健康雑誌で「テンペ菌発酵の薬草茶を飲んで血糖値や体重が落ちた」という記事を読み、私のために取り寄せてくれたのです。

さっそく退院直後から、このお茶を食前に 400 cc を飲む生活習慣を自分で組み込むことにしました。同時に食習慣の改善も行いました。

ご飯を茶わん 5 ~ 7 分目に減らし、野菜や納豆、メカプなど海藻類を積極的に食べるようにしたのです。そうした努力の甲斐もあり、数値はどんどん改善されていきました。

5 月の退院時は 8.6 % あったヘモグロビンA1Cが、 7 月には 7.5 %、 8 月には 7.1 % 、 9 月には 6.3 %と、順調に下がっていったのです。

現在は、 5.7 %と、すっかり正常範囲内に収まりました。血糖値は自宅で毎日測っていますが、最近は 90 mg/dl 前後で安定しています。体重も順調にトントン拍子に落ちて、いちばん太っていたころに比べてなんと 10 kg 以上もの減量に成功。その頃履いていたパンツ類はどれも履けなくなりました。まさに嬉しい悲鳴です。

今ではすっかり体が軽くなり、以前と同じように家事をしたり、出かけたりと、積極的に動くようになりました。現在はインスリン注射を打っていますが、今の良好な数値を維持できれば、インスリン注射を卒業できる日もそう遠くはない、と思っています。

主食のご飯を減らして野菜をたくさん食べるにようになったあたりから血糖値やヘモグロビンA1Cがかなり下がったので、やっぱり糖尿病には食習慣の改善が重要なんだと思います。食物繊維多め、ごはん、パン、うどん、パスタはかなり少なめ、果物も少なめが大事なポイントです。芋類は食物繊維が多いのですが、食べ過ぎると血糖値が上がります。要注意です。

あと私の経験上、ケーキ、マドレーヌ、バームクーヘンよりもどら焼きなどの和菓子のほうが血糖値が上がらない様に思います。これも食べ過ぎはNGですが。

あと、 1 日 2 食の食事にもチャレンジしたのですが、空腹感が強くて逆に食べ過ぎになって逆効果でした。血糖値が不安定になりました。 3 食は基本にしておいたほうがいいし、あまりこの習慣を変えるのも逆効果になりやすいことがわかりました。

ある程度、きちんとした食習慣になれば、たまに食べ過ぎてもそれほど影響はないように思います。また、ストレスで食べ過ぎてしまっても、ちゃんと 八酵麗茶 をちゃんと飲んでいれば大事に至らないこともわかりました。

糖尿病とは一生つきあう病気なので、自分に合っている血糖値調整できるものと、食習慣が必須です。この間、病院で知り合った患者さんは、糖質カット酵母 パクパク酵母くん を使っていると教えてくれました。糖質を抑える効果があるそうです。

私も 八酵麗茶 のことを話したら糖尿病は、インスリンや血糖降下剤だけではコントロールは難しい。という話でした。病院の薬とプラスアルファが見つけられるかどうかが重要なポイントだと思いました。そしてうまくコントロールさえできれば病院の薬を減量したり、休薬も可能性大です。ここは、主治医との相談になりますが。糖尿病は、血糖コントロールさえできれば怖い病気でないことがよくわかりました。

八酵麗茶
八酵麗茶

テンペ菌発酵茶の八酵麗茶でヘモグロビンA1Cや血糖値を下げることに成功した人の体験談

インスリンでも改善しなかった高血糖が テンペ菌発酵茶 八酵麗茶 で下がりダイエットも成功

八酵麗茶

インスリンでも改善しなかった高血糖が テンペ菌発酵茶 八酵麗茶 で下がりダイエットも成功 した私の体験談です。血糖値が 240 mg/dl ヘモグロビンA1Cは、 9.5 % まで悪化しましたが 八酵麗茶 のおかげで正常化できました。

八酵麗茶 10 日ほど飲んだだけで糖尿病による合併症症状の手足のしびれと痛みが改善

私は、 53 歳のときに糖尿病と診断されました。肉や白米、甘いものが大好物で、嫌いな魚や野菜はほとんど食べない、という偏った食生活に加え、時問が不規則でストレスの多い介護の仕事に就いていたことも、高血糖を招いた原因だったと思います。今になればそうですが、当時は忙しくて自分の体のこと、食事のことなど考えている余裕はありませんでした。

また、当時はまだ境界型の段階だったので、忙しさにかまけて放置してしまいました。その報いか、徐々に数値が上昇し、5年前には血糖値が 240 mg/dl、ヘモグロビンA1Cは、 9.5 % まで悪化。

ここらでとうとうインスリン注射をという段階にまで来てしまいました。悪化しはじめると急激に悪化のスピードが加速します。これはホントに身をもって知りました。もっと前の段階で危機感を自覚しなければいけなかったのです。後悔ばかりです。

インスリン注射を開始すると、一時は数値がかなり下がりましたが、3 ~ 4 ヶ月ぐらい経過すると元に戻り、再び上昇。インスリンが増えると今度は低血糖で意識を失い、再び量を増やすと調整できなくなる…の繰り返しでした。正直、この期間は本当にイヤになりました。

どうしたらいいのかと一時期はノイローゼになるくらい悩みました。

なんとか血糖値を下げたいとの強い想いと合併症への恐怖から、糖尿病によいというものを片っ端から試しましたが、どれも思うような効果は得られませんでした。また、どれも高価で効果がでないとなれば続ける意味がありません。

1年前、ある雑誌で 八酵麗茶 の評判を知り、興味を抱きました。私のようにインスリンで血糖値が下がらなかった人が 八酵麗茶 でどんどん血糖値やヘモグロビンA1Cが下がっている体験談が紹介されていました。私と同じようにインスリンで調整できずに 八酵麗茶 で調整できるようになったという方の記事を目にしました。

「とりあえず 1 ヶ月ほど飲んでみて、血糖値やヘモグロビンA1Cに変化がなければやめよう」と思って飲み始めましたが、予想外に早く効果が現れました。

私は糖尿病の影響で、足のしびれと足の裏の痛みに悩まされていました。足のしびれは血糖値が高くなるにつれて痛みが増していきました。

それが、この 八酵麗茶 を飲み始めてわずか 10 日足らずで消えました。 1 ヶ月後の検査では、ヘモグロビンA1Cが 8.0 % に改善し、その後も順調に数値が下がり続けました。

あまりの改善ぶりに、主治医から「このままでは低血糖になってしまうので、インスリン注射量と回数を減らすようにと言われました。

このときは、涙が出るほど痛かったインスリン注射から解放される日がくるとは、夢にも思っていませんでした。

現在は、血糖値が 80 mg/dl ヘモグロビンA1Cは 5.7 %で安定しています。65 kg あった体重も59 kg に減り、6 kg の減量に成功しました。これまでは、旅先でおいしい食事を前にしても、糖尿病を気にして半分は残していました。それが、今では全部平らげても、数値や体重が増える心配はありません。これからも 八酵麗茶 に守られて「おいしい思い」を満喫したいと思います。

八酵麗茶
八酵麗茶

テンペ菌発酵茶 八酵麗茶 でヘモグロビンA1Cや血糖値を下げることに成功した人の体験談