impressions

私の使用感、レビュー、口コミ、効果など。

八酵麗茶

低血糖で救急搬送されたけれどテンペ菌発酵茶の八酵麗茶で血糖値が安定した

投稿日:2018年1月12日 更新日:

糖尿病特有の症状が進行中の喉の渇きも改善

私が糖尿病と診断されたのは、40代に入ってすぐのことでした。1週間足らずで5kgも体重が落ち、異常にのどが渇くようになったので、おかしいと思い病院で検査を受けたところ、糖尿病と判明。

ヘモグロビンA1Cが13% (正常値は6.5%未満)、血糖値は300mg/dl(正常値は110mg/dl未満) もあったのです。以来、インスリン注射を打つようになりましたが、なかなか数値が安定せず困っていました。インスリンって効かない薬なのか?と何度思ったことかわかりません。

血糖値の調整が思うようにできないので、インスリンの単位を増やすと今度は、注射後に血糖値が急降下して低血糖で倒れ、救急車で運ばれたことが3回もあります。そんな私を救ってくれたのが、13年前から愛飲している「テンペ菌発酵の八酵麗茶」です。

この八酵麗茶の出会いがなければ血糖値、ヘモグロビンA1Cの調整に四苦八苦していたことでしょう。

このお茶を食後に毎日飲み続けるうちに、血糖値が少しずつ下がり、のどの渇きや頻尿など糖尿病特有の症状も治まりました。

最初は、数値がなかなか下がらずにお茶で治るわけない!とふてくされたりもしていましたが、体の倦怠感、だるさが少しずつ軽くなっていることに気づきました。4ヶ月ほど飲んだ頃にヘモグロビンA1Cが7.5%、血糖値も100mg/dl前後くらいで、常に安定。

インスリン注射後に低血糖を起こすこともなくなりました。あれほど苦労した血糖コントロールがらくにできるようになり、助かっています。

インスリンの単位もずいぶん減っていますが、主治医はこのくらいの量は継続していたほうがいいとおっしゃっていましたが、1年以上この数値が維持できれば中止することも検討していただけるということでしたので、期待して1日3回しっかり飲もうと思います。八酵麗茶は、不味くないので続けることは難しくありません。

テンペ菌発酵茶の八酵麗茶でヘモグロビンA1Cや血糖値を下げることに成功した人の体験談

-八酵麗茶
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

八酵麗茶

70歳を過ぎて急激に血糖値が悪化、テンペ菌発酵茶の八酵麗茶で短期間で数値が改善

ほぼ正常値にまで改善 私は糖尿病と診断されてからも、60代後半ばまでは、問題なく血糖調整ができていました。ところが、70歳になる頃になると、検査で、急激に数値が悪化。 ヘモグロビンA1Cが8.5 %( …

八酵麗茶

インスリンでも改善しなかった高血糖がテンペ菌発酵茶「八酵麗茶」で下がりダイエットも成功

10日ほど飲んだだけで糖尿病による合併症症状の手足のしびれと痛みが改善 私は、53歳のときに糖尿病と診断されました。肉や白米、甘いものが大好物で、嫌いな魚や野菜はほとんど食べない、という偏った食生活に …

八酵麗茶

テンペ菌発酵茶の八酵麗茶でヘモグロビンA1Cや血糖値を下げることに成功した人の体験談

インスリンでも改善しなかった高血糖がテンペ菌発酵茶「八酵麗茶」で正常値にまで 糖尿病で症状が悪化すると、投薬治療では不足し、インスリンの注射が必須とあなりますが、低血糖になってしまう場合、思ったように …

八酵麗茶

合併症症状にまで進行した糖尿病が「八酵麗茶」で改善、ヘモグロビンA1Cも体重も減少

体がすっかり軽くなって身軽になった 一昨年年の4月、私は約3週間ほど入院をしました。ヘモグロビンA1Cが11.2% に急上昇し、主治医から入院を勧められたのです。ヘモグロビンA1Cの正常値は6.5%で …

八酵麗茶

糖尿病の症状を軽減、改善するテンペ菌発酵「八酵麗茶」

糖分でドロドロになった血液が血管を傷つけてしまう 通常は、食事を取ると、血糖値は一時的に上がりますが、やがて下がります。これは、膵臓で作られるインスリンというホルモンの作用で、血液中のブドウ糖が細胞内 …